• Sun. Sep 19th, 2021

「紹介ポイント」欲しさにメルカリ、PayPay登録をお願いしてくるママ友にドン引き! 増えつつある“LINEでの勧誘行為”への対処法とは?

今や日常生活において、かかせないツールとなっているコミュニケーションアプリ「LINE」。かつては子どもの送迎時に、ママたちが立ち話をしているような光景が見かけられたが、時間に追われ忙しく過ごす共働き世帯が増えた今、ママたちのコミュニケーションの場は、LINEのグループチャットになっているという。そんな、ママたちの「グループチャット」から浮き彫りになった、彼女たちの悩みや、苦悩、気になる話題を覗いてみる。

 厚生労働省が過去に発表した調査結果では、月別に見た近年の月間出生率は、9月と7月が上位となっている。子どもを保育園に入れるために保護者が活動する“保活”などで不利にならないよう、早生まれ月に子どもを産むことを避ける傾向もあるが、昔からある“夏生まれの新生児は風邪などを引かずに育てやすい”という説が、いまだに根強く残っているのかもしれない。新米ママが増える今の時期だからこそ、まだ育児に慣れていない人を狙った“勧誘トラブル”も発生しているようだ。

地域イベントで出会ったママと、LINEで情報を共有

 愛子さん(33歳・仮名)は、関東近県のある都市部で1歳になる女の子を育てている。昨年まで夫と共に都内に住んでいたが、妊娠をきっかけに夫の実家に近い土地に引っ越した。愛子さんは派遣社員として働いていたため、出産前に仕事を辞め、しばらくは専業主婦の予定だとか。

「去年はコロナ禍の影響もあって、出産した病院では母親学級などのイベントも中止になったりしました。ただでさえ、知人が一人もいない土地に引っ越し、孤独だったので、同じくらいの月齢の赤ちゃんがいるママ友が欲しかったんです。そんな時に、地域で開催されたベビーマッサージのイベントに参加したら、娘と同じ7月生まれの赤ちゃんのママ・Kさんと知り合いました」

 愛子さんはKさんと、会場となった地域センターから家の近くまで一緒に帰ったという。

「久しぶりに人と話せたことがうれしくて、これまで自分がしていた仕事や、好きなミュージシャンの話などをして盛り上がりました。また今度、地域センターで会う約束をしてLINEのIDを交換したんです」

 ママたちが子連れで集まれる場所として、地域センターや子育て支援センターなどの施設が挙げられる。地域住民の憩いの場として開放され、育児中のママが孤独にならないようにと、午前中の時間帯などを使って、同じ月齢の赤ちゃんを持つママ同士が交流できるようなイベントが開かれていることも多い。

「今の時期、公園に行くは暑いし、子どもが小さく遠出もできないようなうちは、そういった場所はすごく便利。支援センターには育児アドバイザーの資格を持ったスタッフもいるので、ちょっとした悩みも相談できます」

 一方、公園や地域センターなどで行われるイベントの情報は、地元住民のKさんがLINEのメッセージで送ってくれていたそう。愛子さんは、「ほかの地域センターで知り合ったママ友とも、その情報をグループチャットで共有していた」と語る。

「Kさんと何度か会ううちに、家に誘われたんです。私が娘に描いてあげた似顔絵を『うまい』と褒めてくれて、『良かったら絵を描いてほしい』って言われたんです。うれしかったのでKさんの家に行って話を聞いてみると、Kさんが関わっているスピリチュアル系団体のイベントで絵を描くという話を持ちかけられました。しかも、こちらが絵を描くのになぜか参加費が必要とのこと。どうしようか迷い、地域センターに行ってこのことを相談すると、『個人間同士のトラブルなので』と取り合ってもらえませんでした」

 一人で育児に奮闘するママに声をかけてくる人の中には、なんらかの勧誘目的で近づいてくるケースもある。

「まさか自分にそのようなことが起きるとは思いませんでした。グループチャットでイベント情報を共有していたママ友にこの話をしたら、『そうだったんだ。でも気にしないで大丈夫だから、同じ日にセンターで会おうよ』と返信が来たんです。ママ友間でトラブルが起きたら、地域センターを利用しづらくなってしまうのかと心配でしたが、そうではなくてほっとしました」

 そんな愛子さんだが、子育てを始めて1年が過ぎ、最近も別のママ友からの勧誘があり、再び頭を悩ませているという。

「去年のKさんの件もあり、ママ友と親しくなるのにちょっと心配になっていた時期もあったんです。でも基本的には、みんないい人でほっとしていました。でも、今はライトな勧誘が増えたなと思います」

 愛子さんによると、近頃目立つのは、友だちを紹介することでポイントがもらえるサービスへの勧誘だとか。

「フリマアプリの『メルカリ』や電子決済の『PayPay』など、紹介した人にアプリ内で使えるポイントが付与されるキャンペーンがよく行われているんです。私は、メルカリもPayPayも面倒くさくて利用していないのですが、ママ友・Aさんが『これやっていなかったら登録して』と送ってきて困っています」

 「ポイントが得られる」という喜びからか、「相手に悪びれる様子が見られないことに憤りを感じている」と愛子さんは話す。

「メッセージには、『私には500ポイントしか入らないけれどね(笑)』と書いてありました。正直、アプリ内でしか使えないようなポイントをもらっても私はうれしくないし、たった500円でこんなに勧誘がしつこいなんて……とイライラしています。LINEでほかのママ友にこの話をすると『うちにも来たよ』と返信が来ました。500円のために必死になってたくさんのママ友に連絡していると知って、思わずドン引きしてしまいましたよ……」

 さらに、ポイントがプレゼントされるキャンペーン以外にも、自分が利用しているサービスへしつこく勧誘してくるケースがあるという。

「宅配系のサービスで野菜や食材を購入しているCさんからは、『小さい赤ちゃんがいると買い物に行くのも大変だから』としつこくLINEが来ます。私は決められた材料で食事を作るのが苦手なので断っているのですが、『旦那さんがNGなら私から説得してあげる』と言われて……。私と同じような考えのママ友にLINEで『Cさんから宅配野菜の勧誘を受けた』と伝えると、『あの人はみんなに薦めているから気にしなくていいよ』と返信が来て、キッパリ断る勇気が出ました」

 今は、LINEで手軽にやりとりができるため、誘う方はさりげなしに勧誘行為が行えるのかもしれない。中には業者が絡んだ悪質なものもあるため、ほかのママ友と情報を共有しながら悩みを一人で抱え込まないようにしたいところだ。