• Fri. Sep 17th, 2021

『サンデーモーニング』張本勲氏の“ボクシング蔑視発言”を謝罪も「早く降板するべき」「起用し続けたらTBSに問題」とさらなる批判

 8月8日に放送された情報番組『サンデーモーニング』(TBS系)。レギュラーコメンテーターとして、野球評論家・張本勲氏がリモート出演したのだが、東京オリンピックの金メダリストに対する発言がネット上で批判を浴びている。

 この回では、同日に閉会式を迎えた東京オリンピックで活躍した日本人選手を紹介。その中で張本氏は、ボクシング女子フェザー級で日本初の金メダルを獲得した、入江聖奈選手について言及したのだが……。

「張本氏は『女性でも殴り合い好きな人がいるんだね』と切り出し、『嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合って、こんな競技好きな人がいるんだ』と、女子ボクシング自体に否定的な発言をしたんです。その後、『それにしても金(メダル)だから、“あっぱれ”をあげてください』と入江選手の偉業を評価する姿勢を見せましたが、ネット上では『女性とボクシングを蔑視した』として、大バッシングを浴びています」(芸能ライター)

 放送中、SNS等には「『こんな競技』って、すごい見下した感じ……野球以外興味ないなら黙ってて」「この人、コメンテーターに向いてないよ。問題発言が多すぎる」「アスリートへのリスペクトがない人にコメントさせる番組もおかしい」といった苦言が多く寄せられ、炎上状態となった。

「同放送で張本氏は、女子レスリングにおいて4階級で金メダルを獲得したことについても、『あんまり女子が強くなったら、我々男子は困るんだけどね』と発言し、これも同様の批判を受けていました。さらに、1日放送の同番組では、競泳男子200メートル個人メドレーに出場し、それぞれ4位、6位となった瀬戸大也選手、萩野公介選手について、『言葉はきついけれど、2人ともピークは過ぎたなと。そういう感じがしましたよね』と語っていて、ネット上で『野球評論家に水泳選手の何がわかるの?』『張本さんこそ、コメンテーターとしてのピークが過ぎている』などと苦言が漏れていたんです」(同)

 なお10日には、日本ボクシング連盟がTBSに抗議文を出したと、公式サイト上で発表。ボクシングについて「オリンピック競技の中でも歴史が長く、技術・戦略・戦術を駆使する競技で、殴り合いではありません」とした上で、張本氏の発言について「女性だからそんな競技に取り組むべきではないという、多様性を否定するような番組内でのご発言」と表現し、訂正を求めた。

「その後12日に、TBSから謝罪文を受け取ったと日本ボクシング連盟が報告。文書は同連盟の公式サイト上で公開されており、張本氏の発言は『「あっぱれ」との賛辞を贈り、称賛することが本意でした』『不快に思われたボクシング関係者や視聴者の皆さまに誠に申し訳なく存じます』などと謝罪しています。また、張本氏本人のコメントも掲載されており、『入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています』とつづられていました」(同)

 しかし、この文書を受けて、ネット上ではさらなる批判が噴出。「もう何度も問題発言をしているんだから、早く降板するべきだと思う」「言葉足らずじゃなくて、余計なことを言いすぎなんだよ。それがわかってないなら、またやらかすでしょう」「今後も張本氏を起用し続けるのであれば、TBS自体に大きな問題があると言わざるを得ない」なとど、厳しい声が上がっている。

 張本氏に“喝”を入れるだけでは済まない問題となりつつあるが、今後、TBSや番組はどのような対応を取るのだろうか。