• Fri. Sep 17th, 2021

ジャニーズWEST・小瀧望、冠番組で“物損事故”!? 縦列駐車企画で「ハンドル何回まわした?」とパニック状態に

 ジャニーズWESTの冠番組『パパジャニWEST』(TBS系)の8月24日放送回では、前回から行われている特別企画「真夏のキャンプ検定」の延長戦として、「キャンピングカー縦列駐車」対決を実施。ジャニーズWESTの小瀧望と藤井流星、タレントのユージ、お笑い芸人のあばれる君、元プロ野球選手のラミレスの5人が挑戦し、5分以内で誰がいち早く縦列駐車を成功させられるかを競い合った。

 最初に挑んだ小瀧は、昨年、自動車の運転免許を取得したばかり。大きなキャンピングカーを前に、「え、これ!? 俺、普通免許よ? これ運転していいの!? これ、準中型免許とかじゃないんですか?」とビビっていたが、広めにとられた駐車スペースを確認すると、「空いてるように見えるよね!」と自信を取り戻した様子だった。

 いざ車に乗り込み、「教習所を思い出すんだ! 小瀧!」と自分に言い聞かせた小瀧だが、バックモニターを見ながらハンドルを切るも「今、(ハンドル)何回まわした?」と「ばりデカイやん、この車! バリむずいやん!」とパニック状態に。結局、後ろに停まっていた車に思い切りぶつけてしまい、物損事故を起こし失格に。

 一部がヘコんだ2台の車を前に、「ああ! 何!? ちょっと待って、結構イッてない!?」と落ち込んでいた小瀧。その後、挑戦したユージは2分33秒で成功したものの、あばれる君とラミレスは失敗。成功率の低さから、難易度は相当高かったことがうかがえるが、最後に登場した藤井流星は「1分かからないです!」と自信満々に宣言。

 ジャニーズWEST内で“運転上手”キャラだという藤井だが、運転席に座ると、キャンピングカーが思ったより大きかったのか、「わかんね」「エグ!」と運転に苦戦。駐車スペースに入れたり出したりを繰り返し、残り30秒になると、あわやほかの車にぶつけそうになる場面もあった。結局、タイムオーバーで失格となった藤井は、「全然わからへん。恥ずっ!」と苦笑いし、「バリビビりました。(車に)あてるのよくないなって思って。あてるのだけは避けようと思ってやったら、結果的にこうなっちゃいました」と嘆いた。

 なお、挑戦時にはすっかり日が暮れていたものの、ハットを被り、サングラスをかけたまま運転していた藤井。そんな彼の様子に、ネット上では「ハット&サングラスで運転してる藤井流星、一生見ていたい」「サングラスにハット被ったまま縦列駐車する藤井流星大好きだけど、普通に考えたら邪魔」「流星くんは、ハットとグラサンと運転が世界一似合う男だと思うわ」などの声が寄せられた。