• Fri. Sep 24th, 2021

もはや謎肉レベルではない! 大阪大グループが“サシが入った培養肉”技術開発 日清と東大は「培養ステーキ肉」

 赤身の間に脂身が程良く入った“サシ”の状態は、牛肉では高級肉とされる。そんな“サシ”が入った培養肉を作り出す技術を、大阪大学大学院の研究グループが開発した。

 大阪大学大学院の松崎典弥教授らの研究グループは、和牛肉の複雑な組織構造を自在に再現可能な「3Dプリント金太郎飴技術」を開発、続きを読む