• Sun. Oct 17th, 2021

キングコング・梶原雄太、「今までで一番キレた」吉本へ怒りあらわ! 「ウソが嫌い」と主張も「直接言えば?」とネット冷ややか

 お笑いコンビ・キングコングが9月19日、YouTubeチャンネル「毎週キングコング」を更新。「【大事件】梶原も吉本興業を退所するかもしれません」と題した動画で、梶原雄太が所属事務所・吉本興業への文句を並べたものの、ネット上では批判的な声が相次いでいる。

 動画内で梶原は、「ものすごい吉本に怒ってるんです」と切り出し、吉本への怒りを告白。以前、吉本の本社で「犬の撮影」をしたいと相談したところ、吉本側から「犬はNG」だと断られたという。しかし、同じく吉本所属の千原ジュニアが、本社で犬と撮影したYouTube動画をアップしていたため、事務所に不信感を持つようになったとのこと。

 さらに、今年1月に吉本を退所した相方・西野亮廣と共に、東京・新宿にある劇場「ルミネtheよしもと」の楽屋で動画の撮影をしたいと申し出た際には、新型コロナウイルス感染対策のため、出演者以外は出入り禁止という理由でNGだったとか。梶原が「感染対策を徹底した上で、ルミネを貸切にする」という条件をつけても、同じ理由で断られたようだ。

 しかし、同施設の楽屋にて、吉本の所属芸人と外部の人物が一緒に写っている写真を目撃したという梶原は、自分とその他の所属芸人では吉本側の対応が違うと気づき、「今までで一番キレたんちゃうんかな」と怒りをあらわに。

「梶原はその上で、『俺はウソが嫌いやねん。例えば、これはないと思うけど「西野さんが退所したから、あなたはルミネに立たせたくありません」って言われたら、それはもういいよ。でも、俺は吉本に恩があるから、その恩を返し切るまでは吉本にいる』『別に俺は(事務所を)やめたいとかではないんよ。ちゃんとするんなら、ちゃんとしようよってことよ』と、あくまで吉本の対応に怒りを感じているだけで、退所するつもりはないと話しています。しかし、ネット上では『文句があるなら吉本に直接言えばいい。わざわざYouTubeで発信して、味方を作るようなやり方は卑怯』『会社の悪口を言う人には、そりゃ優しくしたくないでしょ』などと、冷ややかな反応が相次いでいます」(芸能ライター)

 また、「YouTubeしかやらない芸人のために本社や劇場を使わせないのは、会社として当たり前では?」「ジュニアはテレビにも出て会社に貢献してるし、梶原と扱いが違って当然だろ」といった声も出ている。

「梶原はYouTubeのメインチャンネル『カジサック KAJISAC』の登録者数が226万人(9月21日時点)を誇る人気YouTuberである一方、現在、テレビやラジオのレギュラーはありません。昨年夏には、上沼恵美子の冠番組『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)と、『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)を突然降板する騒動を起こしていますし、こうした点が『“扱いの差”につながっている』と考えるネットユーザーも少なくないのでしょう」(同)

 一方、相方の西野は今年1月27日、自身のTwitterで「退社する可能性も含めて、吉本興業と慎重に話し合いを進めています。くれぐれも『トラブルが原因』とかじゃないっす!」と退所を匂わせ、同日に「連日走り回ってくださっている吉本興業外部のスタッフさんに対しての吉本興業の対応がナメ腐っていたので、会社ごとガン詰めしました。しっかりしろ!」とツイート。しかし、スタッフの実名が見える形でLINEのスクリーンショットを公開したこともあって、ネット上で「西野が吉本社員にパワハラをしているのではないか」との指摘が相次ぎ、それからわずか3日後の30日に退所を発表した。

「西野は同31日にキングコングの公式YouTubeにて公開した動画で『揉めた、ではない! まずこれだけは言っておきたい』『ホントに円満』と“円満退所”を主張したものの、同日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、ダウンタウン・松本人志が『円満がこんなバタバタ急に辞めるわけないもんね』とツッコんでいました。こうした経緯もあり、今回、吉本への不満をあらわにした梶原に対しても、ネット上では『一種のパワハラだと思う』『コンビそろってパワハラ気質』などと言われています」(同)

 YouTuberが本業となり、事務所にも不満を持っている様子の梶原。このまま所属し続けるのか、西野と同じく退所の道を選ぶことになるのか、今後も注目されそうだ。