• Sun. Oct 17th, 2021

Snow Man、アルバム初回特典が「交換対応」の致命的ミス! 75万枚売り上げも「エイベックスの仕事が雑」とファン

 Snow Manの1stアルバム『Snow Mania S1』が爆発的ヒットを記録している。9月28日付のオリコンデイリーアルバムランキングでは、発売初日にして62万118枚と驚異の売り上げをマーク。その一方で、作品中に致命的なミスが見つかり、ファンからは「ありえないレベルの間違い」「ひどすぎる」と驚きの反応が上がっている。

 昨年1月にCDデビューを果たしたSnow Manが、待望の1stアルバムをリリース。販売形態は、初回盤A(2CD+DVDまたはBlu-ray)、初回盤B(CD+DVDまたはBlu-ray)と通常盤(CDのみ)で、初回盤AのCDにはジャニーズJr.時代の楽曲の一部を初収録している。

「デビュー後、ドラマやバラエティなど活躍の幅を広げているSnow Manですが、初アルバムの売り上げは初日が62万118枚、2日目(9月29日付)は13万4,897枚で、2日間の合計は75万5,015枚を突破。ジャニーズでトップクラスのセールスを誇っている嵐は、昨年11月発売のアルバム『This is 嵐』が初日42.2万枚の売り上げでした。ちなみに、今年6月には韓国出身の人気グループ・BTS(防弾少年団)の最新アルバム『BTS, THE BEST』が発売初日に57.2万枚(いずれもオリコン調べ)を売り上げています」(ジャニーズに詳しい記者)

 嵐とBTSを超える初日売り上げを記録したSnow Man『Snow Mania S1』だが、発売直後には重大な欠陥が発覚。初回盤Aの購入者特典であるカタログに、いくつもの“ミス”が確認されたのだ。この特典は、Snow Manオフィシャルサイトに掲載された作品紹介ページをカタログ化したもので、印刷にあたってレイアウトなどは一部変更されているという。

「ファンが指摘しているのは、深澤辰哉と阿部亮平の項目の文章がまったく同じだということ。4thシングル『HELLO HELLO』の衣装ポイントをそれぞれコメントしているのですが、阿部の項目にも深澤の言葉が掲載されているんです。ほかにも、メンバーによる『聴きどころ』『見どころ』の解説内容と楽曲タイトルが一致していなかったり、全体を通して阿部に関するミスが目立つとか。メンバーのコメントが重複してるのは違和感を抱いて当然ですし、そもそもサイトで公開していた内容ですから、ファンもすぐに間違いに気づいたのでしょう」(同)

 ネット上では「ふっかさん(深澤の愛称)と阿部ちゃんが同じこと言ってる……」「阿部ちゃんのところがいろいろと間違ってて残念」「せっかく今までのシングルを網羅した記念のカタログなのに……悲しい」と嘆くコメントのほか、「こんなにたくさん誤植があるって、気づかなかったのかな」「エイベックスの仕事の雑さが出てる。最終チェックをちゃんとやっていれば絶対に防げたはず」と、Snow Manの所属レコード会社・エイベックスを責める声が上がっている。

 ファンからの問い合わせもあったのか、29日、Snow Manオフィシャルサイトは「9月29日発売『Snow Mania S1』初回盤A購入者特典『Snow Man CATALOG 2020-2021』誤植のお知らせ」との情報を発表。特典内容の一部に誤りがあったと謝罪し、希望者にはあらためて良品の「Snow Man CATALOG 2020-2021」へ交換対応をすると報告した。対象期間は11月末日到着分までで、現物を着払いで送れば、2週間程度で良品のカタログが届くという。

 これに対し、「カタログ交換の手続きがめんどくさい。でも、大好きな阿部ちゃんのところだから……」「カタログの交換、悩む。送るのもちょっと面倒だし……」と面倒くさがる反応もあるが、「阿部ちゃんの部分がひどすぎるから交換してもらう」と対応に応じるファンも。また中には、「誤植も記念」「間違いがあるのはレア」だとして、パンフレットは手元に置いたまま、改訂版の特典目当てに追加購入しようとの声も少なくなかった。

 最終的に『Snow Mania S1』の売り上げはどこまで伸びるのだろうか?