• Tue. Oct 26th, 2021

KinKi Kids・堂本光一、「経済はヲタクが回してる」の一言に「名言」「ヲタクでよかった」と反響集まる

 KinKi Kidsの冠バラエティー番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)。10月2日は「盛り上がりすぎて入りきらなかったディレクターズカット大公開SP!」が放送された。

 今回は、過去放送の中で泣く泣くカットしたという、未公開映像を一挙大公開。この中で、9月11日の放送回でゲストの木村拓哉が持ち込んだ企画「若者のお悩み相談」の続きも公開された。10〜20代の若者の悩みにKinKi Kidsと木村がアドバイスするコーナーだったが、放送当日は時間が足りず、数名の話しか聞けなかったため、今回あらためて、KinKi Kidsが若者3人の悩みを聞くこととに。

 まず、ももかさん(14歳・中学生)の悩みは「お父さんが“ももちゃん”とちゃん付けで呼ぶので、友達の前で言われると恥ずかしい。呼び捨てで呼んでほしい」というもの。これに堂本光一は、「42歳にもなってファンから“光ちゃん”って呼ばれるのどう思う?」と逆に質問し、堂本剛は「(光ちゃんって)呼ばれてるなぁ」と頷いていた。

 この悩みに剛は、「ももちゃんって3回言ったら、何かお父さんに買ってもらう」と罰ゲーム制にするようマジメに提案していたが、そのうち「俺が父親だったら、教育的にはよくないかもしれないけど、“ももか”って呼びながら背中に“ももちゃん”っていうタトゥー入れるわ」と過激な発言も。KinKi Kidsによるさまざまな意見を聞いたももかさんは、「お父さんの意見も取り入れて、それでも無理だった場合はゲーム方式で」と言い、2人のアドバイスが参考になったようだった。

 また、「ヲタ芸が大好きで世の中にも広めたいと思ってるけど、その暗いイメージに悩んでいる。どうやって広めたらいいのか?」と悩みを明かしたしんやさん(20歳・専門学生)に、光一は「自信持とうよ。世の中の経済はヲタクが回してるからね! ほんまに!」と断言。

 実際にしんやさんのヲタ芸を見た2人は、「きれいやな」(剛)「かわいいな、一生懸命だもん」(光一)と称賛した上で、光一は「仲間と一緒に考えていろいろ開発してほしいな」と活動を後押し。続けて「マイケル・ジャクソンの動きもよく見ていくと、昔のフランク・シナトラの動きを取り入れながら自分流に変化させてる」「今、BTSがマイケル・ジャクソンらしさみたいなものを取り入れながら進化させている。そういったことをやっていけばいいんじゃない?」と、具体的な例を出しながらアドバイスする一幕も。

 一方、剛は「ほかにもヲタ芸を好きな人たちが自然と入ってこられるような入り口を作ってあげることを、SNS上で考えるのもいいかもね」と、発信の方法を提案。また、「『あの時のしんやです!』って、いつか仕事したら面白いのにな」とエールを送っていた。

 この放送にネット上では、「どんなに小さな悩みでも真摯に考えてくれるKinKi Kids、本当に素敵だし、自分もああなりたい」「『世の中の経済はヲタクが回してる』という名言、さすが光一さん! わかってらっしゃる」「ヲタクでよかったなぁ〜ってマジで思う」などのコメントが寄せられた。