• Sun. Oct 17th, 2021

フジ『SUPER RICH』主演は、安藤サクラだった!? 舞台と“スケジュール被り”の江口のりこに業界内から心配の声

 江口のりこ主演の連続ドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)が、10月14日午後10時から放送を開始する。ゴールデン・プライム帯の連ドラで初主演を飾る江口だが、業界関係者の間では「フジテレビのせいで、江口の負担があまりにも大きい」と心配されているようだ。

「『SUPER RICH』は、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求める女性社長・氷河衛(江口)の波乱万丈な半生を描くオリジナルドラマ。衛が設立したベンチャー企業『スリースターブックス』のインターン試験を受験する専門学生・春野優役に赤楚衛二、衛と共同CEOを務める一ノ瀬亮役に戸次重幸、衛の秘書・宮村空役に町田啓大、優と同じインターン生の田中リリカ役に志田未来が起用されています。また、衛の元上司で恩人だという島谷聡美役には、フジテレビの連ドラ出演は5年ぶりとなる松嶋菜々子がキャスティングされていることでも注目の作品です」(芸能ライター)

 江口といえば、実力派のバイプレーヤーとして知られており、今年4月期放送の連ドラ『半沢直樹』第2シリーズ(TBS系)で演じた白井亜希子役で一躍脚光を浴びた。今回はフジテレビの「木曜劇場」枠でめでたく初主演を務めることとなったが……。

「実は彼女は、今月20日から11月7日まで、鈴木京香の主演舞台『Home,I’m Darling ~愛しのマイホーム~』(東京・シアタークリエ)に出演するんです。そんな中で連ドラ主演も務めるというのは、本来あり得ないこと。この“スケジュール被り”の原因は、フジテレビにあるといえます」(週刊誌記者)

 江口を主演に起用するのであれば、局サイドは早い段階でスケジュールを押さえておく必要があったはずだが、キャスティングをめぐっては、“ドタバタ劇”が存在したようだ。

「フジテレビ側は当初、このドラマの主演に安藤サクラを据える予定だったそう。しかし、何らかの理由で“出演NG”になってしまい、候補に挙がったのが江口だったといいます。とはいえ、その時点で舞台出演が決まっていたため、“ドラマ主演は難しい”という話になっていたとか。それでも、ほかに適任者がいないとフジが粘りに粘り、ギリギリの段階でなんとか江口サイドに“OK”を取り付けたそうです」(同)

 つまり、江口の『SUPER RICH』主演は、取って付けたようなものということになる。

「これで視聴率が伴えばいいのですが、同じ『木曜劇場』枠で前クールに放送していた『推しの王子様』も、適応障害で一時休養していた深田恭子の代役で急きょ、比嘉愛未が主人公の“女社長”を演じ、初回世帯平均視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、全話平均4.9%と“不発”に終わりました。『SUPER RICH』も代打が登板することになり、女社長が主人公という点も共通していますから、一体どうなることやら……」(同)

 とにかく、まずは江口が多忙なスケジュールの中で体調を崩すことなどなく、無事に撮影を終えられることを祈りたい。