• Mon. Nov 29th, 2021

KinKi Kids・堂本剛、Travis Japan・松倉海斗に○○を許可! 「遊んでくれていいよ」と伝えた内容とは

 KinKi Kidsの冠ラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)。10月25日深夜放送回には堂本剛が登場、ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanに言及した。

 きっかけとなったのは、リスナーから送られてきた「Travis JapanがYouTubeのダンスチャンネルを開設していて、その中でトラジ・ハイジの『ファンタスティポ』を踊っていました」というメール。トラジ・ハイジはTOKIO・国分太一と剛が2005年に結成したユニットのことで、「Travis Japanね、いろいろと『好きよ~』って言ってくれてるので、『ありがとう』って言ってますけど」と、メンバーとの交流を明かしていた。

 また「(松倉)海斗とかね、いろいろ気に掛けてくれて、良くしてくれるんですけど。本人にも伝えたんですけど、『曲使って遊んでくれていいよ~』って」と、自身によく懐いている松倉に、KinKi Kidsの楽曲の使用許可を出していることも告白。

 その後、剛は「僕もダンス好きで、YouTuberとかでもダンスのYouTube(チャンネル)を結構見るんですけど」と明かし、「ダンサーの友だちとかもそうですけど、踊れる方の音の取り方を見てるのがとにかくすごく楽しくて。『この人、こういう(音の)取り方するんだ~』って」と、ダンスを見る楽しみ方があるようだ。

 また、ダンスというものについて「いわゆる決まった踊りがあって、それをコピーして踊るという。例えば、クラシックじゃないですけど、譜面があって、これ通りに演奏するっていうのと同じで、そういうダンスの方法もあるんですけど」と、お手本どおりに動くのがよしとされるものがあると前置きしつつ、「『自分が感じ取って、こういうふうな表現をしました』っていう、その人次第で見え方、聞かせ方を変えるっていう、このエンターテインメントがすごい好き」と告白。ダンサーによる表現の違いを魅力的に感じているようだ。

 なお、Travis Japanが開設したYouTubeチャンネル「+81 DANCE STUDIO」は、歴代ジャニーズの名曲をメンバーが新しい振り付けでカバーし、配信するというもの。「ファンタスティポ」以外にも、光GENJIの「ガラスの十代」やTOKIOの「花唄」、嵐の「Love so sweet」などのダンス動画がアップされている。

 剛はこの活動について、「Travis JapanのYouTubeでやっていくのも、いろんな人が楽しめることにつながると思う」「これからもいろいろ楽しんで、いろいろやっていただきたいと思っております」と語り、後輩にエールを送っていた。

 この日の放送にリスナーからは、「KinKi Kidsが歌って、その後ろでトラジャが踊る動画アップしてほしい!」「剛くんの後輩愛の強さに癒やされる!」「いつかTravis Japanとダンスで共演してくれたらいいな」といった声が集まった。