• Mon. Nov 29th, 2021

木下優樹菜、タピオカ裁判がついに決着! 賠償金1,000万から40万に引き下げも、「店主が希望していた」芸能界引退で“実質、引き分け”?

 10月27日、東京地裁で行われた“タピオカ裁判”の判決で、元タレントの木下優樹菜が40万円の賠償命令を下された。

 当初、原告のタピオカドリンク店オーナーは木下に1,000万円の損害賠償を求めていただけに、ネット上では40万円に引き下げられたことについて「安すぎる」との声が多数上がっており、中には「木下が勝訴したようなもの」と指摘する人も見受けられる。しかし、店主が希望していたという木下の「芸能界引退」も実現しているため、「“実質、引き分け”とも考えられるだろう」(情報番組デスク)といわれているようだ。 

 木下は、19年10月、実姉の勤務先だったタピオカドリンク店のオーナーとトラブルになり、インスタグラムのダイレクトメッセージ(以下、DM)で「事務所総出でやりますね」などと“恫喝”めいたメッセージを送っていたことが判明。その後、店主は精神的苦痛を受けたとして木下を提訴した。

「この恫喝行為は、木下がタピオカ店オーナーに送ったDMのスクリーンショット画像を、匿名のTwitterアカウントが次々に投稿したことで騒動へと発展しました。しかし、それ以前から水面下では双方の間で話し合いが行われていたようで、店側は木下に、今回請求した1,000万円以上の和解金の支払いや、支払いを拒む場合は芸能界引退を希望していたともいわれています」(週刊誌記者)

 木下サイドも当然これらの条件は飲み込めず、話し合いは平行線をたどっていたという。

「その最中にTwitter上に情報が漏れたため、木下は『店側のリーク』だと結論づけ、当初検討していた和解金の支払いも取り消すことになったそうです」(同)

 そうして裁判へと発展し、約2年にも及んだ騒動は、当初の損害賠償を大幅に引き下げるという意外な結末を迎えることに。なお、木下は昨年7月1日に芸能活動を再開したが、わずか5日後に引退を発表。業界内外を騒然とさせた。

「彼女が所属していたプラチナムプロダクションは、活動再開後に『当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断』したとして、木下の所属契約を解除。その直後、彼女は男性アーティストとの『不倫関係』を一部メディアで報じられ、その際に解雇の原因は『事務所の事情聴取に嘘をついたため、見切りをつけられた』ことが判明しました」(前出・情報番組デスク)

 タピオカ店とのトラブルとは関係のない理由で、芸能界から去った木下。引退と同時にタレント時代に使用していたインスタアカウントも削除したが、9月には新たなアカウントを開設し、情報発信を再開。ファンに向けて、日常の様子を連日のように公開している。

「プラチナム退所後、一般人となった木下ですが、彼女のバックには大手芸能プロの幹部がつき、マスコミ対応の協力も得ているとか。インスタ更新も積極的に行なっていますし、本当に引退してるのかというと、かなり疑問が残ります」(同)

 木下といえば、今年5月、かつてイメージキャラクターを務めていたフェイスマスクの販売元である化粧品会社などから、計3億円の巨額訴訟を起こされていたことも判明しているが、この裁判は果たしてどのように決着するだろうか。