• Mon. Nov 29th, 2021

柴咲コウは北海道で“手作り”生活、イモトアヤコの高級バッグは「山ぶどうのツル」! 芸能人のていねいな暮らし

編集G この10年来、ずっと願ってきたけれど叶わなかったことトップ3は、「節酒」「断捨離」「ていねいな暮らし」。節酒と断捨離に比べて、ていねいな暮らしってお金もかかるから、余計にできるがしないわ〜。

しいちゃん 第1子妊娠中のイモトアヤコが、10月20日放送の『イモトアヤコのすっぴんしゃん』(TBSラジオ)で、山ぶどうのツルで作られたかごを購入したと報告してたよ。「山ぶどうの皮(正しくはツル)とかで作るかごって高価で、民芸品としてはかなり高級なものかと。ずっと狙ってたんですけど」「たまたま手仕事の店みたいな看板が見えて、入ったら素敵なセレクトショップ。伊勢丹とかデパートで買ったら10万円くらいする物。それに比べたら、高いけどお得だった。2万くらい」と語ってた。

編集G ラジオの公式サイトに写真が載ってるね。こういうかごバッグ、石田ゆり子が持ってそう。それにしてもイモトにそんな趣味があったなんて知らなかったよ。勝手にズボラキャラかと思ってた。

しいちゃん ほかにもイモトは、自身の公式インスタグラムで「すてきな暮らしの極み #茶香炉 ロッチ中岡兄さんに頂きました 大人の嗜みですね」(10月12日)と茶香炉を紹介したり、「#土鍋ご飯 #やっぱりうまい この土鍋かれこれ6年くらいのお付き合いになります。お米は実家から送ってもらいました」(8月30日)と土鍋を紹介したりしているよ。9月に立ち上げたウェブマガジン「よかん日和」では、愛用している「N25」というがま口を紹介(10月6日)。革の種類、色、口金のサイズなど自分で決められて、手作業で作られるので手元に届くまでに約3カ月かかるんだって。また、「洗練されたデザイン、一個一個職人さんが丁寧に手作りされているという情報。気がつきゃなかなか高額な竹かごをポチっている自分がいた」と、エコバッグとして竹かごを購入したことも明かしている(9月22日)。

編集G エコバッグが竹かご!? ていねいな暮らしぶりがハイレベルすぎる!

しいちゃん あこがれの田舎暮らしを実践しているのは、柴咲コウ。10月20日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、2020年から始めた北海道生活を紹介してたよ。建築に約3年かけたという一軒家は木材から厳選。大きなストーブを設置したリビングは約40平米。「『森に囲まれて暮らす』が叶った家です」「1時間でも2時間でもボーッとできる」とのこと。天気がいい日は大草原でピクニック。お弁当は、自家製の味噌を塗った焼きおにぎりとか……。

編集G 味噌を手作りするなら、当然あれも作ってるよね。ほら、ていねいな暮らしの定番の……。

しいちゃん 梅仕事? 当然、インスタグラムで「良い香りがしてきた〜 #梅しごと #始まりました #無農薬 #今年は白梅と赤紫蘇梅 #梅酒2種 #傷んだ梅で梅ジャムも」(6月11日)と投稿しているね。イモトも公式YouTubeチャンネルで「【イモトの日常】【梅シロップ】丁寧な暮らしに憧れてるズボラなわたしの暮らし」として梅仕事の動画をアップしているよ(9月15日)。梅仕事はていねいな暮らしの序の口だから、もはや驚くことでもないね。

編集G あ、そうなんだ。

しいちゃん ソロキャンプが好きで関東近郊の山の一角を所有しているヒロシは10月26日、「#インスタ映え」として、焼き魚、ふりかけがかかった白米、カップみそ汁の食事を披露。

編集G これが「インスタ映え」っていうのが冗談なのはわかるけどさ、キャンプに行くってこと自体、私には相当ハードルが高いからね。火をおこしたり、テントを立てたり、究極のていねいな暮らしだよ!

しいちゃん ところがヒロシは、18日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で「とうとうキャンプが嫌いになった」「やっぱりベッドが気持ちよくて。前は楽しかったけど、ずっと外は……、家で寝たいんですよ。布団があったかい」「家で寝たいなと思いながらロケやってます。これが現実です」と語ってたよ。

編集G そうだよね、家でゴロゴロして酒飲んでるのが最高に楽しいよね。やっぱり、私にはていねいな暮らしは無理だってよくわかったよ。でもあこがれるのはタダ。SNSを眺めて妄想しよーっと。