• Sun. Nov 28th, 2021

なにわ男子、『初心LOVE』初日50.3万枚の“キンプリ超え”記録! SixTONES・Snow Manに続くデビュー曲売り上げ達成

 なにわ男子のデビューシングル「初心LOVE(うぶらぶ)」が、11月11日付のオリコンデイリーシングルランキングで初登場1位を獲得。初日の売り上げは50万2,742枚で、早くも“ハーフミリオン”を達成した。大ヒットを受け、ネット上のファンからは「初日で50万枚はスゴすぎる! 鳥肌が立った」「初日で50万枚は上出来! なにわ男子、良かったね」と、祝福の声が相次いでいる。

 関西ジャニーズJr.出身の彼らは、西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也からなる7人組グループ。2018年秋に結成され、関ジャニ∞・大倉忠義がプロデューサーを務めている。かねてより「デビュー候補」とウワサされてきたが、今年7月28日の“なにわの日”に開催したコンサート『なにわ男子 First Arena Tour 2021 #なにわ男子しか勝たん』の昼公演で、メンバーにもサプライズでデビュー発表が行われた。

 デビューシングルは、初回限定盤1(CD+DVDまたはBlu-ray)、初回限定盤2(CD+DVDまたはBlu-ray)とCDのみの通常盤に加えて、Johnnys ISLAND STORE online限定盤と、ローソンLoppi・HMV限定盤を販売。また、初回限定盤の2種と通常版を各1枚ずつ購入すると、12月25日にJohnny’s net オンラインで生配信されるイベント『なにふぁむ大集合!~なにわと何する生Xmas 2021~』の視聴特典が用意されている。

「これは、それぞれのCD封入用紙に印字されているイベント視聴用シリアルコードを登録すれば見られる仕組みです。生配信を見たいファンならば、少なくともこの3種は購入済みでしょう。シリアルコードの登録期間は11月11日正午12時~17日午後11時59分までとあって、熱心なファンは早々に手にしているものとみられます。その効果もあるのか、発売初日にして約50.3万枚を記録しました」(ジャニーズに詳しい記者)

 ジャニーズ事務所からのCDデビューは、昨年1月22日に合同の1stシングルをリリースしたSixTONES・Snow Man以来、1年10ヵ月ぶり。このときの両A面デビューシングル「Imitation Rain / D.D.」は計6形態で、発売初日に77.3万枚を記録していた。その前を遡ると、18年5月にデビューしたKing&Princeの1stシングル「シンデレラガール」の初日売り上げは31.8万枚。今回のなにわ男子は、“キンプリ超え”を果たし、SixTONES&Snow Manに続くロケットスタートを切った。

「なにわ男子のデビュー前週は、新人ボーイズグループの売り上げに注目が集まっていました。サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』(GYAO!)で誕生した11人組・INIと、別のオーディション『THE FIRST』がきっかけで生まれた7人組・BE:FIRSTのデビュー曲売り上げ争いです。その結果は、INIの『A(Rocketeer/Brighter)』が発売初日に36万6,336枚をマークし、首位にCDチャートに初登場。BE:FIRSTの『Gifted.』は12万7,282枚で、2位となりました。なお、INIは初日以降も売り上げを伸ばし続け、初週で50.8万枚(オリコン調べ)を記録する大健闘ぶり。そんな中、なにわ男子が初日で50万台を叩き出し、“天下のジャニーズ”の意地を見せつけました」(同)

 また、CDは水曜発売(店着は火曜日)だが、「初心LOVE」の場合は11日木曜日にCDショップなどで販売開始となった。そのため、週間売り上げは通常に比べて日数的に不利な部分があると懸念する向きもあるが、「初日で50万枚ってことは、ウィークリーで100万枚いけるのでは?」「初日でハーフミリオンは震える。絶対ミリオンいこうね!」と、初週100万枚突破に期待するファンもいるようだ。

 ひとまず、初日で記録した50.3万枚という結果に対し、「初日に50万枚を出しちゃうなにわ男子、最高!」「飛び鳥を落とす勢いとはこのことだね。大倉プロデューサーもお疲れ様です」「ハーフミリオンいって本当によかった! なにわ男子旋風を巻き起こそう!」と歓喜している。

 満を持してデビューしたなにわ男子の「初心LOVE」はどこまで伸びるのか、週間ランキングにも期待が高まる。