• Fri. Jan 28th, 2022

伊藤健太郎、映画主演は“禊”!? ろくでなし男役も「いきなり主演は甘い」と賛否

 俳優の伊藤健太郎が、来年6月公開の映画『冬薔薇(ふゆそうび)』で主演することがわかった。昨年“ひき逃げ事件”を起こして逮捕された後、不起訴処分となってからは初の映画主演を務める伊藤だが、ネット上には賛否両論の声が飛び交っている。

「同作は『大鹿村騒動記』(2011年)や『北のカナリアたち』(12年)を手がけた映画監督・阪本順治氏が伊藤をイメージして当て書きしたという、オリジナル脚本のストーリー。“ろくでなし男”の主人公・渡口淳(伊藤)が、何者かに仲間を襲われた事件を機に生まれ変わっていく姿が描かれるそうです」(映画誌ライター)

 伊藤といえば、昨年10月28日に都内で乗用車を運転していた際、バイクに衝突して乗車していた2人にケガを負わせた上、そのまま車で逃走。追いかけてきたタクシー運転手の説得を受けて現場へ戻ったが、翌日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕された。

「同月30日公開の映画『とんかつDJアゲ太郎』のメインキャストに起用されていた伊藤は、この時期、映画のPRを兼ねてフジテレビ系の番組に出演する予定が複数あったものの、逮捕により、局側は彼の登場シーンをカットするなどの対応に追われることに。また、やはり伊藤の出演が予定されていた今年1月放送の同局スペシャルドラマ『教場II』からは降板となり、ジャニーズWEST・重岡大毅が代役を務めました」(同)

 今年3月に不起訴処分になると、4月発売の「週刊新潮」(新潮社)や5月放送の『新・情報7Daysニュースキャスター』(TBS系)に登場して、事件を“謝罪”した伊藤。その後、10月8日に出演映画『今日から俺は!! 劇場版』(20年)が日本テレビ系で地上波放送され、同12日深夜からは伊藤の主演ドラマ『東京ラブストーリー』(フジテレビ公式動画配信サービス・FOD、Amazonプライムビデオで配信)もフジテレビ系地上波でオンエアされている。

「さらに、同28~31日には伊藤の主演舞台『SOULFUL SOUL』も上演されるなど、事件から丸1年たったことで本格的に活動を再開していますが、ネット上には『反省期間が短すぎる』『まだ復帰は早い』といった声も出ていました。そんな中、今回新たに『冬薔薇』の情報が解禁され、『伊藤には監督やスタッフから求められるほどの魅力があるということ』『映画なら見たい人だけが見ればいいんだから、良いと思う』などと好意的に捉えるネットユーザーもいる一方、『反省したなら復帰のチャンスがあってもいいけど、いきなり主演は甘い』『脇役から地道に頑張れよって思うし、主演に抜てきした監督にもあきれちゃうわ』『「伊藤を起用して話題性を狙ったのか」って疑いたくなる』とのネガティブな意見も見られます」(テレビ局関係者)

 なお阪本氏は、『冬薔薇』の情報解禁に合わせて発表したコメントの中で、本作で伊藤が“ろくでなし男”を演じるだけでなく、現場スタッフとして働くこともあると明かしている。いろいろな意味で“禊”的な作品となりそうな同作だが、果たして伊藤は再起を図れるだろうか。