• Mon. Aug 15th, 2022

ウーマン・村本大輔、「交流ナシ」キンコン・西野亮廣から“ネタに対する指摘”に驚き!? 

 キングコング・西野亮廣が、12月7日に音声プラットフォーム・Voicyを更新。同5日放送のお笑い特番『THE MANZAI 2021 マスターズ』(フジテレビ系)に出演したウーマンラッシュアワー・村本大輔のネタに疑問を呈し、業界内外から注目を集めているようだ。

 ここ数年、ウーマンラッシュアワーが『THE MANZAI』で披露するネタは、ボケ担当の村本が時事ネタを早口で“独演”し、ツッコミの中川パラダイスは相槌を打つばかり……というスタイルで、ネット上では以前から「漫才とはいえない」「社会風刺以外のネタないの?」などと物議を醸していた。

「彼らは今年も同様のスタイルでネタを展開。村本は、東京五輪の開会式でスタッフ用に準備した約4,000食の弁当が廃棄されていたことに触れながら、『吉本でも最近、いろんな芸人が廃棄されましたよ』『“宮迫弁当”が廃棄されましたよ。たった1回、“闇市”で販売されてただけなのに』と発言。2019年の“闇営業”問題で所属する吉本興業から契約を解除され、今年8月に蛍原徹とのコンビ・雨上がり決死隊を解散した宮迫博之をイジりました」(芸能ライター)

 また、闇営業問題に対する吉本側の対応を問題視していた極楽とんぼ・加藤浩次は、専属契約からエージェント契約に切り替えて活動していたが、今年3月をもって吉本を離れることとなり、4月1日から個人事務所所属に。そんな加藤についても、村本は「極楽とんぼの“加藤弁当”も廃棄されましたよ」とネタにし、その後「キングコングの“西野弁当”は自分からゴミ箱に飛び込みましたよ」と、西野の名前も挙げた。

「西野は、今年1月30日付で吉本とのマネジメント契約を終了。吉本在籍時から自身のオンラインサロンを運営するなど、さまざまな活動を展開してきた彼は、昨年12月25日に原作・脚本・製作総指揮を手掛けたアニメ映画『えんとつ町のプペル』が公開され、興収24億円を超える大ヒットを記録したことも。一方、ネット上では“西野と熱狂的なファン”の関係が“教祖と信者”と揶揄されることもあり、また、西野がサロン会員に“映画のシナリオ台本と前売りチケットのセットを転売する権利”を販売していたことが発覚した際には、『信者ビジネス』だと批判が噴出したんです」(同)

 かたや村本は現在も吉本に所属しているが、今回の『THE MANZAI』でのネタ披露中に「来年の3月に俺はアメリカに行くんです」と、渡米を発表した。

「そんな中、西野は今月7日に『ウーマンラッシュアワー村本君の言っていることが分からない。』というタイトルでVoicyを更新。ネタにされたことを怒っているわけではないと強調しつつ、『ごめん。マジでわからないんだけど、日本のみなさんは何を笑ってるんですか? っていうお話』と、視聴者に投げかけました」(同)

 なお、『えんとつ町のプペル』には“ゴミ人間”が登場するが、西野は「村本くんの言う『ゴミ箱』っていうのが何を指しているのかがわからないんですよ。『ゴミ人間とかけてるのかな』と思いましたけど、それもちょっと余計に『どういうこと?』ってなる」ともチクリ。こうした西野のストレートな物言いはネット上で話題を集め、「その言葉の真意が、業界内でも注目されている」(お笑い関係者)という。

「ウーマンラッシュアワーが吉本や所属芸人をネタにすることは珍しくありませんが、村本としては“吉本芸人の中で最も厄介者扱いされているのは自分”という意識があるらしく、普段から“自分にネタにされても気にするような芸人はいないだろう”と思っている節もある。それだけに『まさか指摘を受けるとは』と、西野の言葉に内心驚いているのでは? 2人はプライベートでも交流はないとみられますし、強いて言えば、その言動がネット上でたびたび物議を醸す“炎上芸人仲間”であることが共通項でしょう」(同)

 西野が村本の発言を取り上げたのは、渡米を控えた彼への餞別的な炎上商法なのか、それとも本当に疑問を抱いただけで、特に意図はなかったのか……。

 村本はSNSなど表立った場所ではリアクションを見せていないものの(8日19時時点)、次なる出方はいかに。