• Sat. Jan 29th, 2022

バズレシピ・リュウジさん【タンドリーチキン】作ったら、タンドリー史上一番濃厚スパイシー!! これは米が欲しくなる! 

ByAdmin

Dec 11, 2021

料理がまったくできない主婦の私。料理は夫担当になっていますが、子どもが大きくなるにつれ、私も作らなアカンときに見舞われるように。まずはSNSで人気の簡単レシピから料理にチャレンジ!

今日のレシピ:バズレシピリュウジさん【タンドリーチキン】

 バズレシピのリュウジさんのレシピ【タンドリーチキン】。通常のタンドリーチキンすら作ったことがない私でしたが、浸けて焼くだけ、しかもコスパが良いということで早速作ってみることにした。

 出来上がったタンドリーチキンは今までで外食してきた「タンドリー」の中で一番濃厚でスパイシー! ちょっと辛すぎたかな?と思うほどでしたが、ご飯はかなり進みます。ヨーグルト効果だろうか?かなりまろやかなコクが印象的なタンドリーチキンが完成しました。お弁当にも良いということなのでコスパ最強・簡単タンドリーを作る工程をレポしていきます!

材料(1人分)はこちら。

・鶏モモ肉1枚(300g)
★ヨーグルト 大さじ3
★塩 小さじ1/4
★砂糖 小さじ1/2
★カレー粉 小さじ1と1/2
★コンソメ 小さじ2/3
★レモン汁 小さじ1
★おろしニンニク 1かけ分
・バター 10g

 料理手順はこちら。

1)鶏モモ肉は大きめにカット(今回は6等分)して★の調味料と混ぜ合わせ、30分~1時間ほど常温で漬けておく。*もっと長い時間漬ける場合は、冷蔵庫に入れておいた方が安心です!
2)フライパンにバターを入れて熱し、中火で1をしっかり火が通るまで焼いたら完成。タレも残さず一緒に焼いてOK。
(レシピはリュウジ@料理のおにいさんバズレシピ公式アカウントより)

 実際に作ってみましょう!

 材料を用意しました。おろしニンニクはニンニクチューブで代用です。ヨーグルト、カレー粉、顆粒コンソメ、レモン汁(レモン)、塩、砂糖です。

 鶏むね肉はコスパがかなり良いですね。

 鶏モモ肉は大きめにカットして★の調味料と混ぜ合わせる。今回は1時間つけておきました。カレーの匂いがすごい。

 フライパンにバターを入れて熱し、中火で1をしっかり火が通るまで焼いたら完成。タレも残さず一緒に焼いてOKだそうです。かなり濃厚なタレでしたが、辛くないのだろうか?

 浸けて放置、あとは焼くだけなので、料理がヘタな私にとっても料理難易度は低いかなと感じました。

 ほぼ台所にあるもので作れるのもうれしいポイント。

 出来上がる前からかなりタンドリーの香りはしていましたが、想像以上の濃いめのスパイシーな香りだ。

 食べてみた第一印象は「辛くない!?」。調味料の量は間違えていないハズなので、1時間の漬け込み効果が現れたのでしょうか。

 コスパ最強の鶏むね肉はパサパサしてるかな? とは思いましたが、意外とジューシーな食感です。

 スパイシーで濃厚なタレが絡んでいてとにかく米が欲しくなる。初めてタンドリーチキンを作ってみましたが、今回のレシピはタンドリー初心者にも比較的簡単に作れる優しいレシピだなと思いました。味が濃厚なのでサンドイッチなどに挟んでもおいしいと思います!

【総評】
もう一度作りたい度:★★★☆☆
ズボラ主婦でも再現可能度:★★★★☆(バターで焼いている時の油はねには注意です)
子どもウケまたは夫ウケ:★★★★☆(小さな子どもには少し濃すぎる気がしました)