• Fri. Jan 28th, 2022

Aぇ! group・末澤誠也、後輩ジャニーズJr.の「もう30歳?」発言にガチギレ!? Lilかんさいに「まだ27や」

 関西ジャニーズJr.のメンバーが出演し、毎回さまざまなテーマでトークを展開するバラエティー番組『まいど!ジャーニィ~』(BSフジ)。12月12日放送のトークテーマは「30周年」だった。

 この日のMC担当は関西ジャニーズJr.内ユニット・Lilかんさいの西村拓哉。「(30周年の)想像つきますか? みなさん」とJr.メンバーに質問すると、同じくメンバーの嶋崎斗亜は「30周年……末澤(誠也、Aぇ! group)君とかもう30歳……?」とコメント。

 末澤は「まだ27(歳)や!」とキレながらツッコんだが、もう一人のMC担当・當間琉巧(Lilかんさい)は「ギリギリ! ギリ!」と先輩をいじり、末澤も「ギリギリとか言うな!」と返していた。

 今回のゲストは、吉本新喜劇生活30周年を迎えた、吉本新喜劇座長・川畑泰史。座長歴が14年と聞いた関西ジャニーズJr.のメンバーは、「すげえ!」と驚嘆していたが、嶋崎は「この子たちで言ったら生まれた時とかくらいか」と、現役中学生の関西ジャニーズJr.内ユニット・Boys beの角紳太郎、池川侑希弥を見てコメント。川畑は「座長の俺しか知らんねや……」と、驚愕していた。

 そんな川畑が、まずは吉本新喜劇のズッコケを教授。Jr.内ユニット・AmBitiousの小柴陸のギャグをきっかけに、川畑が“ズッコケ”のお手本を見せることになった。

 番組でナンバーワンギャガーの異名を持つ小柴だけに、川畑は「コケやすいやろうなあ!」と期待していたが、小柴のギャグは不発で、微妙な空気に。一応コケてみせた川畑だが「……で、ええんかな?」と、不安げな様子を見せて小柴の代わりにスタジオを笑わせていた。

 しかし、小柴はギャグに再挑戦。今度は川畑が椅子を使ってコケてみせたが、ギャグはやはり不発に。佐野晶哉(Aぇ! group)は「おもしろくはないけど、(小柴が)すごい芸人さんには見える! 川畑さんがコケてくれたから!」とコメントしていた。

 川畑も「ギャグはさほど面白くなくても、コケることによってバッと笑いが起きる」と、笑わせる上でギャグの出来は重要ではないと解説。それよりも周囲のサポートが大切だと説くと、小柴は納得していた。

 すると小柴は、「面白くないのはみんなのせい!」とサポートが足りないからだと主張。そこまで言うならと、小柴のギャグに全員でズッコケてみて、本当に面白くなるか検証してみることに。

 小柴のギャグに合わせて、全員が椅子から派手にコケてみたものの、やはり微妙な空気は変わらず。見事な椅子コケを披露した佐野は思わず「全員でスベったぞ!」と小柴に返していた。

 一方、川畑は視聴者にはウケているはず、とフォローを入れつつ、「ビックリしたんが、(番組)スタッフが見事に正直な人多いな!」と、スタジオで笑いが起こらなかったことに言及。

 末澤が「『まいジャニ』スタッフそうなんですよ! 笑ってくれないんですよ!」と同調すると、川畑は「普通はちょっと愛想笑いがよう聞こえんのよ、お笑いの現場とか。(この番組は)正直な人が多い! おもろないものは一切笑わん! こうやってみなさん逆に鍛えられていってる」と、関西ジャニーズJr.の厳しい“お笑い”環境に感心したようだった。

 この日の放送では、「『まだ27や』の末澤くんのキレ方がガチで爆笑した」「川畑座長と関ジュのからみに面白すぎ。こうやってお笑いのできるアイドルが作られるのね」「佐野と末澤の椅子の倒れ方模範解答なんよ! あんたらアイドルやろ(笑)」「晶哉ちゃんの椅子コケの瞬発力、異常すぎてめちゃくちゃ笑った」と言った声が寄せれらた。