• Fri. Jan 28th, 2022

ギャル曽根の小倉優子に対する「やりすぎ」行動に思う、まじめで真逆な友人との距離感

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今週の芸能人>
「パパも慣れてるからね」 ギャル曽根
『100%アピールちゃん』(12月13日放送、TBS系)

 女優・辺見マリが「拝み屋」を自称する女性に洗脳され、5億円をしぼりとられた過去を2015年9月放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で明かしたことがある。マリは洗脳された原因の一つとして「まじめで責任感が強い」性格が仇になったと話していた。

 学生時代ならまじめであることは評価されるし、それが美徳だと教えられるだろう。しかし、オトナになると、まじめさは時に仇になることもある。そんな「まじめの壁」に今ぶちあたっているのは、“ゆうこりん”ことタレントの小倉優子ではないだろうか。

 歌手としてミリオンヒットを出したわけでもない、女優として当たり役があるわけでもないのに、今も消えずに芸能界を生き残るゆうこりん。独身時代は「こりん星のりんごももか姫」という設定で売り出すなど、不思議ちゃん寄りのキャラクターだったが、母となってからは料理の腕前を上げたほか、子どもの教育にも熱心だ。長男を有名小学校に合格させており、まさに「まじめな努力家」といえるのではないだろうか。

 その一方で、なぜか結婚生活は安定しない。初婚の夫はゆうこりんの妊娠中に、ゆうこりんが所属する事務所の後輩と不倫していたことを「週刊文春」(文藝春秋)に報じられ、17年に離婚。翌18年、歯科医の男性と再婚を果たしたものの、その夫は身重のゆうこりんを置いて家を出て行ってしまい、弁護士を通じて離婚の意志を告げられたという。

 夫は19年のクリスマス頃に家を出たとされているが、2年近く日々が流れた現在も離婚していない。お受験対策や芸能人としてのイメージなど、いろいろな事情があるとはいえ、ゆうこりんなら離婚してもやっていけるだろうし、あまり関係を長引かせても……というのは、凡人の発想なのかもしれない。ゆうこりんはまじめゆえに、夫婦仲がうまくいく方法を模索していたようだ。 
 
 今年9月17日に放送された『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演したゆうこりんは、夫婦仲をうまくいかせる本を読んだと語っていた。その本には「男の人が帰ってきたときに女性が小走りで玄関に行って『おかえり』って言うのがマル」「家事なんか全然しなくてもいいから、女性が笑ってるほうが男性はうれしい」などと書かれていたらしく、ゆうこりんは「“疲れたぴょんぴょん”とかやれば、もっと違ったのかな〜」と反省。しかし、番組MCのダウンタウン・松本人志は「まだまだ失敗しそうだね」と、その反省が見当違いであることをやんわり指摘していた。

 「やればできる」を積み上げてきた人だけに、結果が出るまで愚直なまでにやり続けるのが、ゆうこりんの流儀なのかもしれない。他人からは、“頑固”とみなされることもあるだろう。そういう人と仲良くなれるのは、同じく頑固気質の人か、あまり物事を深く受け止めない、あっけらかんとした人ではないだろうか。

 ゆうこりんの親友は、大食いタレント・ギャル曽根である。ゆうこりんはギャル曽根のことを「年下だけど、電話で話して泣いちゃったりすると曽根ちゃんも泣いちゃったり。自転車で来てくれたりしました、夜何時でも」「友達以上だと思っています」と語っていたことがあり、全幅の信頼を寄せている様子。「曽根ちゃんは私にはないものを持っている」とも話していたが、確かにギャル曽根とゆうこりんは違うタイプといえるだろう。

 11年に結婚したギャル曽根は、夫の携帯にGPSを付けて居場所をチェックし、メールなどスマホの中身も見ているという。17年10月30日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、すでにこの話をしていたので、今に始まったことではない。一般的にいうならば、パートナーの居場所をGPSでチェックする行為は“束縛”とされ、相手に嫌がられて、場合によっては別れの遠因になることもあるだろう。女性誌などに「パートナーの携帯を見るな」と書かれていることもあるし、ゆうこりんのようにまじめなタイプは、まずしない行動だと思う。

 しかし、ギャル曽根はそういうセオリーを無視しているにもかかわらず、夫と円満のように見える。12月13日放送の『100%アピールちゃん』(TBS系)に出演したギャル曽根は、夫の居場所をGPSでチェックすることを「めっちゃ便利」「パパも慣れてるからね」と、あっけらかんと語っていた。少数派だとは思われるが、GPSで居場所をチェックされるのが嫌ではない人もいるだろうし、さらなる面倒ごとを起こさないために、妥協案として受け入れる人もいるかもしれない。結局、すべては「相手次第」なわけだ。

 ゆうこりんが世間の理屈に沿って努力するタイプだとしたら、ギャル曽根はあまり深いことは考えずに、自分流を貫くタイプにも見える。気質が違う友達というのは、相性がいいだろう。オトナになると、他人に悩みを話すことは難しくなる。特に芸能人のように競争社会で人気商売の人は、誰かに話したことがうっかり外に漏れないとは限らず、人を信用しにくいところもあるだろう。そんな中、ゆうこりんにギャル曽根という友達がいてくれてよかったと思うが、気になることもある。 
 
 19年11月30日放送の『人生最高レストラン』(同)に出演したゆうこりんは、現在の夫との交際経緯を説明していた。ママ友の紹介で知り合ったというが、それをギャル曽根に報告したところ「信用できない」と言われ、2回目の食事はゆうこりんのマネジャーと、ギャル曽根を同伴させたことを明かした。 
 
 番組では、その時の様子を本人出演の再現ドラマで紹介。ギャル曽根は、夫が歯科医で今まで結婚したことがなく、40歳を超えていると知ったときに「絶対遊んでる! 絶対ダメ!」と思い、交際を反対する気だったとか。食事をしていた部屋からゆうこりんを離席させ、夫を質問責めにしたという。「お金についても話しました。芸能界って良い時もあれば、悪い時もある。稼ぎがゼロになる可能性だってある。そのときに、『あなたは養えますか?』って。聞きたいこと全部聞いた」とのこと。その結果、相手が誠実な人であると感じ、「ゆうりこんをよろしくお願いします」と頼んだそうだ。 
 
 映画やドラマでは、女友達の彼氏に詰め寄って“査定”するシーンはあり、こういうことに友情を感じる人もいるだろう。しかし、現実問題として考えると、ギャル曽根の行動はやりすぎではないか。 

 
 テレビだから多少話を盛っている可能性もあるが、彼氏候補を質問責めにして、相手が友達を嫌になってしまったらどうするのか。また、「ゆうこりんをよろしくお願いします」と言ったということは、ギャル曽根も相手の男性をいいと思ったということだろうが、結果はご存じの通りである。ギャル曽根に見る目がないと言いたいのではなく、男女がうまくいくかどうかを100%の精度で見極められる人なんていないと思うのだ。

 ゆうこりんの場合、この時、お子さんが2人いたわけだから、結婚の決断はより慎重さが必要だっただろう。それだけに、ギャル曽根に限らず、いくら仲が良いとはいえ、外野が無責任に口を挟むのはいかがなものか。

 親友のギャル曽根を信頼しており、かつ、ギャル曽根の家庭が円満なこともあって、ゆうこりんに与える影響力は大きいといえるだろう。だって、ゆうこりんはまじめだから。信じちゃうから。ゆうこりんを思う気持ちはそのままに、ギャル曽根には、そっと支えてあげてほしいと願う次第だ。