• Wed. Jan 26th, 2022

TOKIO・国分太一、なにわ男子・大橋和也の「東京に持参するモノ」に「まじで!?」

 TOKIO・国分太一と料理研究家・栗原心平による料理・バラエティー番組『男子ごはん』(テレビ東京系)の12月19日放送回に、なにわ男子・大橋和也がゲスト出演した。

 料理が趣味で、その腕前を披露する機会も増えた大橋は、以前からこの番組もよく見ていたとか。最近では、同番組で紹介した“ポークジンジャー”を作ったそう。

 国分が「じゃあ今日は楽しくいけそうな気がしますけど」と期待を寄せると、大橋も「おふたりの空間がめちゃくちゃええなってずっと思いながら見てたんで! この位置に入れてうれしいです!」とテンション高く意気込んでいた。

 この日のテーマは、「家族で楽しむクリスマス料理」ということで、クリスマスパエリアと手羽元のチューリップ唐揚げを作ることに。料理名が紹介されると、大橋は「うぇぇぇぇーっ!」と声を上げて大興奮。

 大きなリアクションを見た国分は、「気持ちいいね、これだけさ、興味持ってもらえると」と感心した様子で、栗原も「ほんとですよ」と同調。国分は「ちょっと初心忘れてた気がするわ。大橋くんを見習っていくわ」と反省して、スタッフを笑わせていた。

 まずは、クリスマスパエリア作りから。大橋は野菜を切ることになり、「実は僕自分で包丁持って来たんです。東京で長期滞在する時は、一応ちゃんと持ってきてて」と、愛用の包丁をお披露目。意外な持参アイテムに、国分は「まじで!?」と驚嘆していた。

 野菜を切る腕前のほうは、「みじん切りでだいたい(料理)やってるかやってないか、わかりますからね!」と国分にプレッシャーをかけられ、「めっちゃこわいじゃないですか~!」とおびえながらも、器用にみじん切りを完成。「素晴らしいです」「やってるよね!」と2人に絶賛されていた。

 2品目の手羽元のチューリップ唐揚げ作りでは、栗原が手羽元をチューリップの形にしていく様子を、「そうやって作ってんねや~すげえ~!」と感嘆しながら観察する大橋。ここで、大橋から栗原に「僕、聞きたいことあったんですけど」と質問が。

 「創作料理ってあるじゃないですか、僕できなくて、レシピ見て作って終わりなんですよ。新しい料理の作り方って、どう考えてるのかなって」という内容で、栗原は「大きなテーマがあるとするじゃないですか、クリスマスのパエリアとか。目的を先に決めちゃうんです」と回答。国分は「ゴールを決めておいてね」と補足していた。今後、大橋の創作料理がお披露目される日を楽しみにしたいところだ。

 その後、完成したクリスマスパエリアと手羽元のチューリップ唐揚げの2品を食べることに。「いただきまーす!」と唐揚げをほおばった大橋は、「うまあ~! 中までしっかり味あるし、ほんまに食べた瞬間、肉汁が滝のようにじゅわ~って顔全体に広がって……」と興奮気味にコメント。

 国分と栗原が「顔?」「顔全体に?」と聞き返すと、大橋いわく「口の中で収まりきれない」おいしさだと説明していた。

 こうして、この日はすっかり大橋のペースとなった同番組。ネット上では、「心平ちゃんに創作料理のコツを聞いてて、『この子良いこときくやん!』と思った」「純粋に料理して食べるのが好きなんだろうなあ。かっこいいし料理上手だし、また出演してほしい」といった声が寄せられていた。