• Sat. Jan 29th, 2022

Hey!Say!JUMPがランクイン! プロダンサー「ARATA DANCE SCHOOL」が選ぶ、「ジャニーズダンス楽曲大賞2021」ベスト3

 投票締め切りが明日12月31日に迫った「ジャニーズダンス楽曲大賞2021」。これは、ジャニーズファンの投票によって、今年1年で発表されたジャニーズ楽曲の中から、振り付けやダンスパフォーマンスのベスト1を決定するという、サイゾーウーマン初の試みです。(※ただしYouTubeで公式MVやパフォーマンス動画が公開されている楽曲限定)

 全36曲の対象楽曲のうち、現在トップに立っているのは、King&Princeが5月に発売した7枚目のシングル「Magic Touch」。2位にSnow Man「Grandeur」、3位にはV6「Full Circle」がランクインしています。果たしてどの楽曲が1位を手にするのでしょうか……?

 ジャニーズファンの投票結果も気になるところですが、今回は、YouTubeの人気チャンネル「ARATA DANCE SCHOOL」を運営するプロダンサー・ARATAさんが、今年のジャニーズダンスベスト3を回答! K-POPやジャニーズのダンス解説で支持を集めるARATAさんが選ぶ楽曲とは?

対象となる楽曲のパフォーマンス一覧

V6、KinKi Kids、関ジャニ∞、KAT-TUN】【Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone】【A.B.C.-Z、ジャニーズWEST、King&Prince】【SixTONES、SnowMan、なにわ男子

King&Prince「Namae Oshiete」:世界基準で見ても本当にハイレベル

 楽曲の世界観とダンスのリンク、 メンバーの方たちのスキルの高さなど驚くべきポイントがたくさんあり、1位に選ばせていただきました。5人が織りなす質感の変化や個性の違いが一つにまとまった瞬間が 、あまりにもドラマチックでした。 世界基準で見ても本当にハイレベルなダンスをされていると感じて います。

 パワーとスキルで圧倒的センターを担う平野紫耀くん、 現ジャニーズメンバーの中でもおそらく1、2を争うダンス実力者の高橋海人くん、誰よりもPrinceであり包容力No.1の神宮寺勇太くん、 見る人全ての心を鷲掴みするセクシー大魔神の永瀬廉くん、グルーブと質感の玄人ダンシングをするリーダー。 一人ひとりの魅力に引き込まれながら、 世界に羽ばたく彼らの物語を楽しみたいと思います。

Snow Man「Grandeur」:K-POPシーンのダンスを見ているかのよう

 韓国の有名振付師さんを迎え、 SnowManにとって新境地となった「Grandeur」。9人が魅せる迫力とシンクロ率が他界隈のファンダムからも注目され一躍話題となりました。個々の粒を引き立てる構成力や振付の難易度の高さなど、K-POPシーンのダンスを見ているかのような感覚になったのを今でも覚えています。

 ラウールくん、 岩本くんが筆頭になってダンスを引っ張るイメージがありますが、2人に影響を受けてダンスが進化していくメンバーもいるのがSnow Manの面白いところだと感じています。 振付を作れるメンバーがいたり、 世界レベルのダンススキルを持つメンバーもいる中で、一人ひとりのキャラクターがチームのダンスから見えてくるのは本当にすごいことです。技術だけでないエンターテイメントとしての見せ方をわかってるSnow Man、来年の活躍にも期待してます。

 明るく可愛い世界観で勇気をもらえるダンスでした。 キャッチーな振り付けが多く、 歌詞を一つひとる丁寧に表現しているので、歌っているメンバーの方たちの表情がより一層引き立つ仕様になっています。 イントロは少し勢いのあるダンス寄りなテイストで、 サビに向かうにつれてみんなが真似できそうなテイストに移り変わるところも素敵です。ダンスの解像度を変化させられるのは、それだけ実力があって幅のあるダンスができるという証拠でもあり ますよね。

 「狼青年」(20年12年リリース)から注目し始めたのであまりチーム全体のことを把握できて いるわけではないのですが、まとまり感や空気の作られ方が作品ごとにしっかりと固められており、コミュニケーションが密に取られているように感じられました。「群青ランナウェイ」はテレビで見て感動しましたし、「Try & error」もYouTubeで見てその激しさに驚きました。来年も注目していきたいと思います!

ジャニーズらしくない振付は?

 Snow Man「EVOLUTION」。ジャニーズらしさとは何か、 という定義がここ最近は非常に曖昧になってきているといいますか 、 多様なジャンルを目にする機会が増えているので難しい質問ですね(笑)。ジャニーズの中で自分たちで振付をするという意味においては、岩本照くんの振付は従来の「ジャニーズらしい振付」 とは異なるのかなと思います。

 印象的なのは歌舞伎のポーズをダンスの振付にしているところで、 その独創性と言いますか、発想力に驚きました。 ダンスをやっている身からすると、 見たことのない振付を作ることは非常に難しいことで、 その点を岩本くんはどんどん攻めていて本当にすごい方だなと感じ ています。ダイナミックとミニマムを行き来して、動きの強弱を付けるセンスに長けていますよね。 嵐の大野智さんが振付していた作品も非常に面白かったのですが、 それと似たフレーバーを感じています。

 SixTONES「マスカラ」。激しくギターを弾きながら身体を思いっきり揺らしてみると最高に気分が良いんです。 というのも実はもう真似していて気が向くとおもむろにYouTubeで再生してジャカジャカしてるんですよね。楽曲のかっこよさでいうとSixTONESはやはりどこか突き抜 けている部分があって、 自分にはないオラオラ感と言いますか悪い男を見せてくれるので少し憧れみたいなものがあります。 サングラスをかけて頭を振るとまるでジェシーくんになれたような気持ちになるんです。 最高なので是非まだの方は試してみてください。

ジャニーズ楽曲で踊りたくない振付は?

 なにわ男子「初心LOVE」。いやむしろ踊ってみたいんですけど、踊りたくないというより踊ってしまったら大惨事になりそうなのが「初心LOVE」です。 あのふわふわな守ってあげたくなる可愛さは彼らにしか出せないじゃないですか。 個人的な願いとしては車役になって洗車してもらいt(省略)

2022年、注目のジャニーズ!

上記のチーム+Sexy Zoneさんを注目してます。「LET’S MUSIC」が非常に素敵で気になり始めました。来年さらなるダンスを期待しております!

ARATA
ダンサー、振付師、演出家、脚本家。登録者数23万人を超えるYouTubeチャンネル「ARATA DANCE SCHOOL」を運営。K-POP、J-POPを中心にグループやアーティストのダンスを解説するチャンネルで、明るい人柄とわかりやすい説明でアイドルファンから支持されている。インターナショナルスクールや、都内中学校にてダンス講師も務める。

ARATA DANCE SCHOOL

★「ジャニーズダンス楽曲大賞2021」は、12月31日24時まで投票を受け付け中! 投票回数はおひとりさま一度のみとなっていますので、熟考に熟考を重ねて、これぞという1票を投じてください。

【投票ページはこちら