• Mon. Aug 8th, 2022

2021年視聴率「ワースト」ドラマ10! 『推しの王子様』『レンアイ漫画家』他ラブコメ作品が独占

 2021年も数々の連続ドラマが放送され、全話平均視聴率(世帯、以下同)においては、今月16日に最終回を迎えた『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でトップに君臨。

 以下は、TBS系「日曜劇場」枠で放送された『日本沈没-希望のひと-』『天国と地獄 ~サイコな2人~』『ドラゴン桜』『TOKYO MER~走る緊急救命室~』が順に続き、『特捜9 season4』(テレビ朝日系)や『緊急取調室 4th SEASON』(同)といった人気シリーズも健闘していた。

 そんな好調なドラマが多々存在する一方で、数字に恵まれなかった作品も……。その中には、期待外れの作品だけでなく、視聴者の満足度が高かった良作も少なくない。今回は民放4局において午後8時~10時台に放送された連続ドラマの全話平均視聴率ベスト10&ワースト10の中から、残念ながら振るわなかった作品を振り返りたい。

『推しプリ』『ボク恋』『レンアイ漫画家』ラブコメがワースト入り!

 ワースト1は、乙女ゲームの開発企業を舞台にしたロマンティック・コメディ『推しの王子様』(フジテレビ系)で、全話平均は4.9%。当初は深田恭子が主演する予定だったが、クランクイン直前の5月に適応障害の治療のため活動を休止すると発表したため、急きょ比嘉愛未が代役を務めることに。始まってみると比嘉の演技は好評だったが、深田を想定した“当て書き”を思わせる脚本に、ネット上では「比嘉さんもいいけど、やっぱり深キョンで見たかった」「見れば見るほど深キョン向けのドラマだなって思う」という声も目立った。

 また、続くワースト2は『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)、ワースト3は『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)と、上位にラブコメディばかりが並ぶ結果に。

 『ボクの殺意が恋をした』は、主演の中川大志演じる“最高に間が悪い殺し屋”が、新木優子演じる“暗殺のターゲット”に恋をしてしまうというコメディ色の強いストーリーで、全話平均は5.3%と撃沈。「中川と新木はいい役者さんだけど、プライムタイムのメインって感じじゃない」「それぞれの演技は悪くないけど、中川と新木の相性が悪い」などとキャスティングミスを指摘する声も多かった。

 ワースト4は、『最高の離婚』(フジテレビ系、13年放送)、『カルテット』(TBS系、17年放送)の脚本家・坂元裕二による3年ぶりの連ドラ復帰作『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)。主演の松たか子が3度の離婚歴がある女性を演じ、元夫を松田龍平、岡田将生、東京03・角田晃広の3人が演じた。同作には熱心なファンが多く、SNS上でも話題を呼んでいたが、全話平均は6.1%と振るわなかった。

 ワースト6~8には、『#家族募集します』(TBS系)、『彼女はキレイだった』『知ってるワイフ』(ともにフジテレビ系)とジャニーズ主演ドラマが並んだ。

 『#家族募集します』は、ジャニーズWEST・重岡大毅演じる妻に先立たれたシングルファザーが、お好み焼き屋で働く未婚の幼なじみ(仲野太賀)、ひとりで娘を育てる小学校教師(木村文乃)、シングルマザーの売れないミュージシャン(岸井ゆきの)と共に共同生活を送る物語。「新時代のホームドラマ」を謳っていたが、子どもの前で堂々と恋バナをする登場人物たちには、ネット上で「共感できない」「家族もどきの関係が気持ち悪い」「こんなシェアハウスに子どもと住みたくない」と手厳しい声も見られた。

 ワースト10の『コントが始まる』(日本テレビ系)は、菅田将暉、神木隆之介、仲野という人気俳優がお笑いトリオ「マクベス」を演じた若者群像劇。名優・松田優作さんの長女・松田ゆう姫がスナックのママ役で女優初挑戦したことでも話題になった。

 さまぁ~ず・三村マサカズ、千鳥・ノブ、ブラックマヨネーズ・吉田敬ら多くの人気芸人が同作のファンであることを公言していたが、一般人には入り込みづらかったのか、全話平均7.6%と微妙な結果に。同作が放送された「土曜ドラマ」枠は、『コントが始まる』の前クールで放送されていたKAT-TUN・亀梨和也主演『レッドアイズ 監視捜査班』、後クールの唐沢寿明主演『ボイスII 110緊急指令室』共に初回が2ケタを記録するなど好調だったため、『コントが始まる』の不振が際立ってしまったようだ。

 なぜか多くのラブコメディが振るわなかった今年の連ドラ。22年は『ドクターX ~外科医・大門未知子~』を超えるヒット作が生まれるだろうか。

【トップ10】
1位『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、木曜午後9時) 全10話/16.5%
2位『日本沈没-希望のひと-』(TBS系、日曜午後9時) 全9話/15.7%
3位『天国と地獄 ~サイコな2人~』(TBS系・日曜午後9時) 全10話/15.3%
4位『ドラゴン桜』(TBS系・日曜午後9時) 全10話/14.8%
5位『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系、日曜午後9時) 全11話/13.6%
6位『特捜9 season4』(テレビ朝日系・水曜午後9時) 全13話/13.1%
7位『イチケイのカラス』(フジテレビ系・月曜午後9時) 全11話/12.5%
8位『緊急取調室』(テレビ朝日系、木曜午後9時) 全9話/12.1%
9位『警視庁・捜査一課長season5』(テレビ朝日系・木曜午後8時) 全10話/11.8%
同率9位『遺留捜査』(テレビ朝日系・木曜午後8時) 全10話/11.8%

【ワースト10】
1位『推しの王子様』(フジテレビ系、木曜午後10時) 全11話/4.9% 
2位『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系、日曜午後10時30分) 全10話/5.3%
3位『レンアイ漫画家』(フジテレビ系・木曜午後10時) 全11話/5.4%
4位『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系・火曜午後9時) 全10話/6.1%
5位『SUPER RICH』(フジテレビ系、木曜午後10時) 全11話/6.8%
6位『#家族募集します』(TBS系、金曜午後10時) 全9話/7.0%
同率6位『彼女はキレイだった』(フジテレビ系、火曜午後9時) 全10話/7.0%
8位『知ってるワイフ』(フジテレビ系・木曜午後10時) 全11話/7.5%
同率8位『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系、土曜午後10時) 全10話/7.5%
10位『コントが始まる』(日本テレビ系・土曜午後10時) 全10話/7.6%

※平均視聴率は単純平均視聴率(全話合計÷放送回数)。小数点第2位以下を四捨五入。『真犯人フラグ』(日本テレビ系)など年を跨ぐ作品は除く。