• Sat. Jan 29th, 2022

『バチェラー』の対抗馬が日本上陸! Netflix、正月に見たい旬の恋愛リアリティショー3選

ByAdmin

Jan 1, 2022

 17人の女性が実業家・黄皓さんを奪い合うリアル婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4(Amazon Prime Videoで独占配信)。黄さんによる欲望丸出しの行動がネット上で物議を醸しながらも、最終話まで配信されると視聴者から「バチェラー・ジャパン史上、一番感動した」という声が続出し、4代目バチェラーを務めた実業家・黄皓さんの人気もうなぎ上りだ。

 一方、Netflixでは、アメリカ発の婚活実験番組『ラブ・イズ・ブラインド ~外見なんて関係ない?!』の日本版『ラブ・イズ・ブラインド JAPAN』が来月2月より配信スタート。“外見ではなく内面で愛されたい”と願う独身男女が集結し、一度も相手の姿を見ることなく結婚相手を見つけ、婚約を決意した時点で初対面。その後は1カ月のバカンスと同棲を経て、果たして結婚へ踏み切れるか……というルールで行われる。

 なお、日本版のナビゲーターはお笑いタレントの藤井隆と女優の板谷由夏。『バチェラー・ジャパン』同様、かなり大がかりな撮影が行われたようで、映像のクオリティにも期待が高まる。

 そんなNetflixでは現在、実に多くの恋愛リアリティ番組が配信中だ。『ラブ・イズ・ブラインド Japan』の配信に先駆け、このお正月に家でダラダラしながらぜひ見てほしい、おすすめの恋愛リアリティショー3作品を紹介する。

『未来日記』:ラストが切ない胸キュンラブストーリー

 1998年から2002年まで放送されたウッチャンナンチャンのバラエティ番組『ウンナンのホントコ!』(TBS系)内の大人気企画『未来日記』が、約20年ぶりにNetflixで復活。互いを知らない男女に「これから起こることが書かれている不思議な愛の日記」が届けられ、それぞれが日記通りに行動し、恋に落ちていく過程が描かれる。

 スタジオにはMCのDAIGOのほか、見届け人としてEXILE・佐藤大樹、夏菜、ラランド・サーヤ、鷲見玲奈が出演。第1話では、19歳の大学生・仲宗根真愛と24歳の料理人・若松拓斗が横浜の講演会場で運命的な出会いを果たし、2人きりのデートを楽しむ。

 男女の人選も含めて10代などの若者をターゲットにした作りだが、約20年前に『未来日記』を見ていた世代にとっては「そうそう、こんな感じだった」と懐かしみながら見れそうな内容だ。

『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』:パリピが禁欲ルールに翻弄される

 リゾート島に肉食系男女が集められ、“キスを含む性行為や自慰行為は禁止”という禁欲生活の中で、賞金10万ドルをかけて1カ月間、共同生活する『ザ・ジレンマ: もうガマンできない?!』。2021年にはアメリカ、イギリスなどから参加者が集まった同タイトルのほか、「ブラジル編」や「ラテンアメリカ編」も配信され、世界的なヒットを記録している。

 「愛かセックスか賞金か」と謳う同番組では、参加者がルールに違反すると賞金が減らされてしまう。禁欲生活にイライラつく男性、欲望に負けて「3000ドル減っちゃ~う」と言いながらキスしてしまう女性など、彼らの低レベルな駆け引きをぼんやりながめていると、日常の小さな悩みなどどうでもよくなりそうだ。

 過激な内容ゆえに望みは極めて薄そうだが、日本のパリピが集結する「日本編」もぜひ見てみたい。

 6組のカップルが共同生活を送り、賞金10万ユーロ獲得を目指す『ラブ・ネバー・ライズ ~その愛はホンモノ?~』。参加者は目を分析するウソ発見装置にかけられるが、互いを信頼し、真実を話せば賞金をゲットできる。

 一見簡単なルールだが、参加者には「彼を捨てたいと思った?」「彼女に嘘をついたことは?」などと際どい質問が投げかけられ、揺らぐ気持ちやその背景が参加者たちの前でつまびらかになることも……。涙を流しながら疑心暗鬼になり、恋人関係が破綻してしまう参加者たちにハラハラさせられる一方で、彼らの人間らしい言動に納得してしまう場面も多い。

 番組で使用されているウソ発見装置の性能の程は不明だが、日本版も十分いけるパッケージといえるのではないだろうか。