• Sat. Jan 29th, 2022

長谷川博己・鈴木京香は今年こそ!? 川口春奈は朝ドラ後に……業界人が「年内結婚カップル」を予想

 2021年は、5月にシンガーソングライター・星野源と女優・新垣結衣が、また11月には俳優・菅田将暉と女優・小松菜奈が、それぞれ結婚を発表。こうした有名人カップルのおめでたいニュースも少なくなかったが、その一方で、残念ながら同年中に夫婦関係を解消するに至った有名人たちもいた。

「まず、2月には音楽プロデューサー・小室哲哉とglobeのボーカル・KEIKOが離婚を報告。KEIKOは11年10月にくも膜下出血で倒れて以降、療養に専念し、小室は長らく献身的に彼女を支えているとみられてきました。ところが、18年1月発売の『週刊文春』(文藝春秋)が小室と看護師・A子さんの不倫疑惑をスクープ。すると小室は会見を開き、疑惑を否定しつつ妻を介護する苦悩を述べ、また、騒動のケジメとして音楽活動引退を表明しました」(芸能ライター)

 しかし、19年10月発売の「文春」により、KEIKOと離婚調停中の小室が、A子さんやその家族を自宅に泊めていたことが発覚。21年2月にようやく小室との離婚が成立したKEIKOは、同3月発売の「女性セブン」(小学館)のインタビューに応じ、不倫スキャンダル後に小室が開いた会見について「私の病状のせいであるかのような発言があまりにも多く、目と耳を疑いました」「彼を含めた誰からも介護どころか、介助すらしてもらう状況にありませんでした」などと暴露。そんな一連の報道により、ネット上で猛バッシングを浴びた小室だが、すでに音楽活動を再開させ、同10月にはTM NETWORKの「再起動」も発表している。

「4月に離婚を発表したのは、俳優・勝地涼と元AKB48・前田敦子。2人は18年7月に結婚し、19年3月には第1子誕生も報告しましたが、20年6月発売の『セブン』が夫妻の別居をスクープ。21年1月には『サンケイスポーツ』が離婚協議に入ったことを伝え、それから約3カ月後、本人たちからの離婚発表に至りました」(同)

 前田は自身のインスタグラムで、離婚原因に関して「生活スタイルや価値観の違い」と説明。その後、9月放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演した勝地が「(元妻の前田と)今もマジで仕事の相談とかお互いしている」と語ったり、前田も10月に自身初のフォトエッセイ『明け方の空』(宝島社)の発売イベントで、元夫の勝地について「仲が良い」「親友」と発言したりと、双方とも“離婚しても良好な関係”をアピールしている。

「俳優&女優夫婦の離婚でいうと、7月には市村正親と篠原涼子も夫婦関係を解消。息子2人の親権を持った市村は、12月放送の『突然ですが占ってもいいですか?2時間SP』(フジテレビ系)出演時、『(子どもの)弁当は僕が作っている』と明かすなどし、ネット上でも“子煩悩パパ”のイメージが浸透している印象です」(テレビ局関係者)

 一方で篠原は、まだ既婚者であった16年4月に「セブン」で俳優・江口洋介との“深夜デート”を報じられていたほか、昨年8月発売の「文春」では、篠原がやはり離婚前に韓国のアイドルグループ・SUPERNOVAのグァンスや、飲食店経営者と“親密関係”にあったと伝えられた。そのため、篠原に対してネガティブなイメージを持つようになったネットユーザーも少なくないようだ。

「10月にはポルノグラフィティ・新藤晴一と女優・長谷川京子も離婚を報告。前月30日発売の『セブン』で別居が伝えられたかと思えば、10月8日発売の『フライデー』(講談社)では新藤の“パパ活”疑惑が浮上。結局、同29日に離婚が発表されました」(同)

 22年は離婚のニュースより、明るい結婚の話題が多くなることを願うばかりだが、業界内外で期待を寄せられている有名人カップルは……。

「これまで幾度となく“結婚秒読み”の報道が出ていた俳優・長谷川博己&女優・鈴木京香は、やはり“今年こそゴールイン”の期待値が高いです。21年は、長谷川がNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(20年放送)の主演を演じきったタイミングということもあり、『結婚決断』と伝える週刊誌もありましたが、そのような発表はないまま22年を迎えることに。しかし、だからこそ『今年は!』と予想するマスコミ関係者は多いのです」(同)

 また、ファンは少々複雑かもしれないが、アイドルの結婚ラッシュもありえるとか。

「21年11月、ジャニーズ事務所のアイドルグループ・V6が解散。メンバーの長野博や井ノ原快彦、岡田准一、グループ解散と同時に事務所から退社した森田剛の4人はすでに既婚者で、坂本昌行も先月30日に宝塚歌劇団出身の女優・朝海ひかると入籍しましたが、22年には三宅健も結婚を発表するかもしれません。やはりV6の活動終了の区切りで……という面もあるらしく、三宅も坂本同様に、交際中とうわさされるモデル・比留川游と結婚するのにいいタイミングと思われます」(スポーツ紙記者)

 そのほか、総合格闘家・矢地祐介と女優・川口春奈も年内ゴールインが有力視されているという。

「19年発売の『フラッシュ』(光文社)で熱愛が発覚した2人。川口といえば、20年は『麒麟がくる』に出演予定だった沢尻エリカが逮捕されたことにより、その代役で急きょ帰蝶(濃姫)を演じることとなりましたが、結果的に高評価を獲得。21年はTBS系連続ドラマ『着飾る恋には理由があって』で主演を務め、同年大みそかの『第72回NHK紅白歌合戦』では、初めて司会を担当。まさに大ブレークの年となりましたが、今年は私生活で大きな変化があるかもしれません」(同)

 NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』(22年前期)にも出演が決まっている川口。ここを乗り越えた頃、矢地とのおめでたい報告があるだろうか。