• Thu. Jan 20th, 2022

なにわ男子2021年裏ニュース! 高橋恭平「ベッド写真」流出疑惑、「初心LOVE」がハラスメント事案に?

 2021年11月12日発売の1stシングル「初心LOVE(うぶらぶ)」でCDデビューしたなにわ男子。

 18年10月、関西ジャニーズJr.の藤原丈一郎、西畑大吾、大橋和也、高橋恭平、大西流星、道枝駿佑、長尾謙杜の7人で結成され、14年4月のジャニーズWEST以来、7年7か月ぶりに関西Jr.からデビュー組が誕生した。

 「初心LOVE」の初週売り上げは70.6万枚(オリコン調べ)を記録し、幸先の良いスタートを切ったなにわ男子。

 しかし、歌番組に出演した際は“口パク”を指摘する声が相次いだほか、あるメンバーはデビュー早々に熱愛疑惑が浮上するなど“お騒がせ”な話題も。今回は、スポーツ紙やテレビでは報じられなかった、なにわ男子の“裏ニュース”をピックアップする。

なにわ男子は「生歌披露」で口パク指摘続出

 華々しいデビューを飾った一方で、なにわ男子に関しては当初から“口パク”疑惑がネット上でささやかれている。

 デビューから10日後、11月22日に『めざましテレビ』(フジテレビ系)で「初心LOVE」を初歌唱。「めざましテレビスペシャルバージョン」と題して、メンバーは東京・お台場にある同局の本社内「めざまスカイ」から徒歩移動しながら歌い、サビに入るとスタジオでダンスも披露した。

 テレビ画面には「なにわ男子『初心LOVE』生歌唱」「めざましVer.生歌披露」などと表示されていたが、視聴者からは「がっつり口パクだった。テロップには生歌とあったのに」「生歌披露と書いてあったけど、おもいっきり口パクじゃん(笑)」「口パクがめちゃズレててさすがに笑う」などと辛らつな感想が続出してしまった。

 ほかにも、『ミュージックステーション』4時間SP(テレビ朝日系、10月15日放送)や『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系、11月17日放送)といった音楽番組に登場するたび、「なにわ男子、口パクで恥ずかしくないの?」「いつも口パクだな~。生歌はいつ聞けるんだろう……」「毎回口パクだから『口パク男子』とか言われててかわいそう。本人たちの意思じゃないだろうけど、なぜ生で歌わせないの?」「事務所に生歌を止められてるの?」と、あきれた様子のコメントが出ている。

 なお、ファンは「生で歌っている部分もある」と擁護し、『2021 FNS歌謡祭』(フジ系、12月1日放送)においては大橋のパートが生歌だったと主張。22年はなにわ男子の生歌を聞ける機会が増えることに期待したい。

 日本で爆発的ヒットとなった「初心LOVE」だが、同曲はK-POPアーティストや、そのファンの間にも広まっている。

 きっかけの一つともいえるのが、「ヨントン」と呼ばれるオンライン電話イベント。ビデオ通話越しにアイドルに会えるサービスのことだが、このイベントを通じて「初心LOVE」を踊るよう、ファンがリクエストするケースが増えているという。

 同曲は上半身のみでもできるダンスで、愛らしい動きも多いため、「推しに踊ってもらいたい」とイベントで申し出るファンも多いのだろう。

 Twitter上で「ヨントン 初心LOVE」と検索してみると、ITZY・チェリョン、SEVENTEEN・ジョンハン、CRAVITY ・セリムなどが同曲を踊る動画がいくつも表示される。

 日本のK-POPファンの間では一種の流行となり、SNS上では、K-POPアーティストが同曲を“踊らされる”ことについて、「初心LOVE」ハラスメントの略「ウブハラ」「初心ハラ」と、名付けられているとか。なにわ男子メンバーも知らぬ間に、ハラスメント事案に発展したようだ。

 ちなみに、TOMORROW X TOGETHERのテヒョンとヨントンをしたファンのレポートによれば、「テヒョンに“初心ハラ”したら『知ってる曲です』と言われた」とのこと。

 なにわ男子のデビュー日が間近に迫る中、メンバーの女性関係にまつわるウワサが飛び交った。グループでは“ナルシストキャラ”で知られる高橋が、21年夏頃から、一部掲示板で「元NMB48の明石奈津子と付き合っているのではないか」と関心を集めたのだ。

 コンサートでの高橋の発言や、公式携帯サイト・Johnny's webにつづったブログの内容と、明石のSNS投稿に共通点があるといった指摘や、両者の眼鏡が酷似しているなどの点から疑惑が拡大。

 オンラインバトルロワイヤルゲーム「荒野行動」の中で両者がつながり、交流を持っているなどのうわさが浮上した。高橋のアカウントとされるゲーム内のスクリーンショットも出回ったが、ツーショット写真のような決定打となる証拠は発見されず、“限りなく黒に近いグレー”と見るファンも少なくなかった。

 そんな中、あるTwitterアカウントが高橋だとされる人物が写った“ベッド写真”をアップ。顔はハッキリ写っていなかったものの、指のほくろ、爪、耳の形などから、一部ファンは“本人”と判断。撮影現場についても、写り込んだ壁やポスターからアパホテルの室内だと断定する書き込みが上がった。

 熱愛が囁かれていた時期だけに、明石が撮影した写真なのではないかと騒がれたが、当事者たちはスルーを続けていた。

 なお、12月に入って高橋&明石をめぐる騒ぎは少し落ち着きを見せているため、このまま収束する可能性が高いだろう。

 今後、言い逃れできないほどの証拠が出てきてしまった場合、再びファンはヤキモキすることになるのかもしれない。