• Thu. May 26th, 2022

『モーニングショー』玉川徹氏、ワリエワ騒動に「未成年が大人と競っていいんだろうか?」発言で「岩崎恭子は?」と反発の声

 『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)にレギュラーコメンテーターとして出演している同局の局員・玉川徹氏が、2月15日放送でオリンピックの出場年齢について言及。これに視聴者から異論が続出した。

 この日、紹介されたのは、北京五輪・女子フィギュアスケートで、「個人種目」の出場が危ぶまれていたカミラ・ワリエワ。ロシア五輪委員会(ROC)から出場している15歳の選手だが、昨年12月のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことから、出場可否が取り沙汰されていた。しかし昨日14日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が、五輪出場の継続を認める裁定を下した。

 この判断について玉川氏は、「今回の例外というのはワリエワ選手が15歳だったからですよね」と切り出すと、出場選手の年齢にフォーカスを当て始めた。「ロシアは特にそうだけど、こういう若い選手がどんどん出てきているのが、なんとなく違和感を持って見ていたんですよね」とコメント。

 続けて、「オリンピックって大人のスポーツの祭典だったんじゃなかったのかなと。例えば体がまだ出来上がっていないときに、大人と同じようなスポーツを競わせることに対する問題点もあるんじゃないか」「未成年といわれる人たちが、大人と競ってやっていいんだろうか?」と疑問を呈した。

 この日特別に出演していた長嶋一茂が、「プロなら出場年齢に制限がかけられるが、アマチュアでは難しい」と解説すると、玉川氏は「そうなのかなぁ」「一茂さん、それでいいんですか?」と納得がいかない様子で、この後も、若年齢による体の負担について指摘していた。

「ところが、玉川氏はいきなり『今回問われたのは体の問題ということよりも、オリンピック選手として責任が取れるのか取れないのかという話ですよね』と自ら話題を戻し、『個人として本人が法的な責任を取れるのか取れないのかをCASは突きつけてきたわけでしょ』と議論を急転換。ネットでは玉川氏のトーク展開について、『お前が体の話したんだろが』『薬物の話から脱線しすぎ』『低年齢化は問題だけど、今回のドーピングとは別問題』と、ツッコミが飛び交いました」(芸能ライター)

 また、未成年者の出場を疑問視した発言には「じゃあスケボーの子が13歳でメダル獲ったとき、玉川は褒めなかったんだな」「『真夏の大冒険』の女の子の前で言ってみろ」「14歳で金メダルの岩崎恭子は?」と反発が寄せられた。

 昨年の「東京五輪」では13歳の西矢椛がスケートボード・女子ストリートで金メダルを獲得。実況していたフジテレビ・倉田大誠アナウンサーによる「13歳、真夏の大冒険!」は話題となった。また1992年の「バルセロナ五輪」では、14歳だった岩崎恭子が女子200m平泳ぎで金メダルを獲得。レース直後のインタビューで「今まで生きてきた中で、一番幸せです」と語り、一躍時の人になっている。

 だが、玉川氏は前日14日放送でも“らしからぬ”発言があった。コロナの第6波がピークアウトを迎える中、社会をどう回すかという議論の中で、同じくコメンテーターで弁護士の山口真由氏に「山口さん、世界のスタンダードの話をしてますけど」と嘲笑して指摘。

 さらに「山口さんは知性が非常に高い方だと思うので、びっくりなんですけど」と呆れたような表情を見せていた。

 玉川氏に対して、ネット上では「昨日からどんどん言葉悪くなってる」「昨日からギスギスしてるな」「昨日もそうだったけど、かなりイラついてるよな」と異変を指摘する声も上がっている。

 ワリエラ騒動を受けての「オリンピックは大人のスポーツの祭典」という発言も、虫の居所が悪かっただけだろうか?
(村上春虎)