• Sat. May 21st, 2022

バカリズムのSNSが大荒れ! ヒカルの告発騒動めぐり、シバターの“意味深サムネイル”に視聴者混乱

 人気YouTuberのヒカルが、お笑い芸人から“こき下ろされた”と告発した騒動。2月10日にヒカルが謝罪動画を自身のYouTubeチャンネルに謝罪動画を投稿したことで騒ぎは収束したかのように見えたが、今度はバカリズムが一部ネットユーザーから疑念を抱かれる新展開を見せているようだ。

「ヒカルは今月4日に公開した動画内で、会食で同席した芸人から『結局、YouTuberなんて、芸能人の真似事の落ちこぼれ』『芸能界で売れへんかった人が、YouTubeやってるんでしょ?』などと『えげつないマウント』を取られたと告白。芸人の名前は明かさなかったものの、『40(歳)くらい』『中途半端に売れとるヤツ』『中堅芸人の真ん中のちょっと下くらい』『テレビのレギュラーもちょっとしかない』『(面白くないが)うまいことは言う』などと多くのヒントを残していました」(芸能ライター)

 そのためネット上では犯人探しが盛んに行われ、候補芸人として名前が挙がったパンサー・向井慧はラジオ番組で「(ヒカルに)お会いしたこともない」と否定。また、アルコ&ピースの平子祐希もやはりラジオ番組で「こうなったらもう、俺ってことにして(ヒカルとコラボしたい)」「今から悪口言うんで」とコメントしながら遠回しに否定しするなど、芸人側からのリアクションも目立った。

「結局、10日にヒカルが当該芸人との和解を報告し、『(この件について)何も言わないということに決まりました』と宣言したため、騒動はすっかり鎮火しつつありました。そんな中、YouTuberのシバターが意味深な動画を公開し、一部で騒ぎが再燃しています」(同)

 シバターは16日、「ヒカル激怒の件、全てお話します。」と題した動画を公開。ヒカル本人に加え、会食に同席したヒカルの実兄・まえすの2人に芸人の名前を聞いたが「僕も教えてもらえませんでした」と報告している。しかし、なぜかサムネイル画像には「バカリズム ヒカルを激怒させた件」と動画内で触れていないバカリズムの名前が書かれており、視聴者を混乱させているようだ。

「シバターは動画の中で、『(ヒカルは)作り話をネタにするようなことはしない』と、一部でささやかれているヒカルの“虚言説”を否定し、『僕はたまに(作り話を)する』と断言。そのため、多くの視聴者が『いつものシバターの釣り動画』としてこの不可解なサムネイルを気に留めていないようですが、中には少数ながら『実は、騒動の真相を知っているのでは?』『トラブルになった相手がバカリズムであることを暗にほのめかしているように見える』と受け取る人もいるようです」(同)

 この動画が公開されて以降、バカリズムのTwitterには「ヒカルの件、バカリズムですか? 違うなら否定したほうがいい」「YouTuber嫌いですか?」という質問が多数寄せられており、中には「謝罪しろ」などと攻撃的な書き込みも。同時に、それらのコメントに対し「バカリズムがやったって誰も言ってない」「何の根拠があって言ってるんだよ」と擁護する人も見られ、大荒れ状態となっている。

「バカリズムがシバターのせいでとばっちりを受けたとしたら、あまりにもお気の毒。また、ヒカルにマウントを取った芸人が名乗りを上げない限り、今後もバカリズムのように疑いをかけられる芸人が頻発してしまう可能性があります」(同)

 シバターといえば、昨年11月、タレント・中川翔子との“誕生日デート”が報じられた格闘家の朝倉海について、「朝倉海、(ほかに)彼女います」と暴露。この直後、海の兄・朝倉未来から「(シバターが)あることないこと適当に作り上げてまた再生回数稼ぎをしていました」「アカウントをBAN(削除)したほうがいいですよ」と厳しく非難されていたが、もしバカリズムの名前を入れたサムネイルが“再生数稼ぎ”のためだとしたら、決して許される行為ではないだろう。