• Thu. May 26th, 2022

SixTONES・松村北斗、映画『xxxHOLiC』に「公開中止」求める声も……共演の人気YouTuberに“違法賭博疑惑”が浮上

 SixTONES・松村北斗が百目鬼静(ドウメキ・シズカ)役に抜てきされ、4月29日に公開を控えている映画『ホリック xxxHOLiC』。このほど、出演者の1人であるYouTuber・てんちむに“違法賭博疑惑”が浮上し、ネット上で大きな騒ぎになっている。そのため、ジャニーズファンは「てんちむが炎上してるけど、『ホリック』の公開は大丈夫?」「お蔵入りにならないよね?」などと戦々恐々としている状況だ。

 今作は、4人組のマンガ創作集団・CLAMPによるコミック『xxxHOLiC』(講談社)の実写版。神木隆之介&柴咲コウがダブル主演を務め、写真家・蜷川実花がメガホンをとった“新体感ビジュアルファンタジー”だという。

 昨年12月に松村の起用が発表されると、ジャニーズファンからは期待の声が続出。さらに、今年2月上旬には、かつて「橋本甜歌」名義で子役として活動していたYouTuber・てんちむが「女性客B役」で参加することも明らかになった。

 現在、そのてんちむに関して、金銭を賭けて麻雀をしていた疑いがネット上で持ち上がっている。これまで、さまざまなタレントと交流があったという東谷義和氏が2月19日、YouTubeチャンネル「ガーシーch【芸能界の裏側】」に動画「【暴露】てんちむとライバー飯田の賭け麻雀全て晒す」をアップ。東谷氏は「昨日『Yahoo!ニュース』見てたら、てんちむが映画に出るっていうのが流れてて……」と切り出し、てんちむや、株式会社ライバー取締役会長・飯田祐基氏らと“賭け麻雀”をしていた過去について告白したのだ。

 一方、ライバーに所属する暴露系配信者・コレコレも、19日にYouTubeで行った生配信でこの一件を取り上げた。飯田氏本人に電話して録音した音声も公開し、その中で飯田氏は「東谷の動画が上がったんだけど。てんちむと結構なんか、芸能人とかで、『麻雀しよう』みたいなのたまに行ってたのね。それは間違いなく違法賭博だったわ。いわゆる“賭け麻雀”みたいな」と認めており、東谷氏らと賭け麻雀をしたのは1年半ほど前だったとも話していた。

「さらに、飯田氏は一緒に違法賭博に興じた人物について、てんちむや、音楽プロデューサーでYouTuberでも活動しているチバニャンのほか、『てんちむ周りのではあるね。あとね、ジャニーズだね。ジャニーズともやったね』とも発言。その後、配信中に飯田氏からストップがかかったようで、コレコレは『たぶんジャニーズの名前出したのが悪かったのかもしれんな』『てんちむ周りのジャニーズって「誰なの?」ってなった時になんとなくさ、わかる人はわかるじゃん』と述べていました」(ジャニーズに詳しい記者)

 こうした流れから、ネット上では“てんちむと関わりのあるジャニーズ探し”が始まることに。なお、候補として名前が挙がっていた元KAT-TUN・田中聖は、20日未明にインスタグラムのストーリーを更新。「ギャンブルやらないって散々公言してんだから調べろ」など、自身は今回の違法賭博とは無関係だと主張している。

 そして、20日には東谷氏がTwitterで「映画『XXXHOLiC』 こんなこと発覚しても普通に公開すんの? このまま放置なら赤線部分も公開せざるおえへんやん....」(原文ママ)と、てんちむとみられる相手とのLINEのスクリーンショットを投稿。てんちむ側から送られた「東さん○○繋がってるっけ?」というメッセージの「○○」部分などに赤線が引かれており、東谷氏はこれを「公開する」と言いたいのだろう。

 また、今回の騒ぎを受けて、映画の公式Twitterアカウントにも、ネットユーザーから「賭け麻雀してるてんちむを映画に出して大丈夫?」「賭け麻雀してる人が出てる映画なんて見たくない。公開中止にするか、カットでお願いします」「作品を汚されることが嫌。犯罪者の起用だけは絶対に許せない」などと、抗議の声が寄せられている。

 そんな中、松村のファンも心中穏やかではいられないようだ。飯田氏の言葉が事実ならば、違法賭博をしたメンバーに“てんちむ周りのジャニーズ”が存在し、松村は同じ映画に出演しているという接点があるため、一部ネット上で、松村の名前が取り沙汰されてしまったのだ。

「一体誰のことを指しているのか不明ながら、ファンの間では、『北斗は絶対に賭け麻雀をするような人じゃない』『北斗がてんちむと賭け麻雀やるわけない。マジでふざけるな!』といった怒りや困惑の声が出ています。また、てんちむのスキャンダルにより、『まさかお蔵入りにならないよね? 嫌な予感がする』『せっかく映画楽しみにしてたのに、公開中止になったらどうするの?』など、映画公開を不安視するファンも少なくないです」(同)

 果たして、『ホリック xxxHOLiC』は無事に公開初日を迎えられるのだろうか? 引き続き注目が集まる。