• Wed. Jul 6th, 2022

大原櫻子、YouTubeでの暴露にTwitterで反論も「削除したほうがいい」の声! 業界内でも波紋

 自身のYouTubeチャンネルで、さまざまな有名芸能人のプライベートを暴露しているアパレル会社社長・東谷義和氏。2月28日には、俳優・城田優と綾野剛に関する暴露を予告し、業界内外に「さらなる波紋が広がっている」(芸能プロ関係者)ようだ。

 東谷氏は2月17日にYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」を開設。過去に交流のあった男性俳優やタレント、アーティストら複数の有名人の名前を挙げながら、「本人が一番嫌がるタイミングで嫌なことを言っていこうと思います」と、何らかのスキャンダルを暴露すると宣言している。

 同28日には、「【緊急配信】城田優と綾野剛のヤバい話」と題してライブ配信を実施。「スーパーチャット(スパチャ)」と呼ばれる投げ銭システムを利用して視聴者に投票を募り、集まった金額が大きいほうの暴露動画を3月1日に公開すると予告した。

「その際、城田の暴露に関する“前フリ”的に明かされたのが、アーティストで女優の大原櫻子に関係する“三角関係”です。東谷氏は、城田が過去、新田真剣佑と交際していた大原を『寝取った』と発言。ネット上は大盛り上がりとなりました」(芸能ライター)

 生配信が終了した数時間後には、スタッフが運営する大原の公式Twitter上に「ある配信者がYouTubeにおいて、大原櫻子が交際中に別の男性と性交渉をしたかのような発言をしておりますが、全くの事実無根です」と声明文を発表。東谷氏の発言を完全否定し、「訴訟提起および刑事告訴を行う予定」と明かしながら、「情報の拡散などをされませんよう、ご注意ください」と、呼びかけた。

「言わば、城田の巻き添えを食らう形となってしまった大原ですが、過去に真剣佑と交際していたことは、一部週刊誌でも報じられています。一方、城田と大原も舞台で共演歴があり、SNSで仲睦まじげなツーショットを公開したことも。しかし、男女の関係だったことは、今回始めて世に出る話です」(同)

 東谷氏の動画に対して何らかのリアクションを見せると、さらなる暴露を引き出す危険性もあるだけに、「これまで公にアクションを起こすタレントや事務所は皆無だった。しかし今回、大原サイドが初めて正面から反論を行ったため、業界内でも事態のなりゆきに注目が集まっている」(前出・関係者)ようだ。

「東谷氏に反論した大原サイドには、フォロワーから『逆に情報が拡散してしまっている』『ツイートを削除したほうがいいのでは』と、心配の声も寄せられていますが、大原の公式サイトでも『このような発言は、発言を聞いた者に貞操観念の低い女性であるかのような印象を与え、大原櫻子の名誉を著しく毀損するもの』と東谷氏を断罪。『無視すればよいとのご意見も頂戴しております。しかし、大原櫻子は、女優・歌手であるとともに、一人の女性・人間でもあり、その名誉を守るために、はっきりとお伝えしていかなければならないことであると考えております』と、法的手段を取る姿勢であることを強調しています」(同)

 そんな大原は過去、所属事務所とのトラブルが盛んに報じられており、14年にはデビュー当初から所属していたバーニングプロダクション系列の藤賀事務所と決別し、その後はフジパシフィックミュージック(~16年)、CHERRY.co(~18年)に所属後、現在は個人事務所の所属となっている。

「昨年2月には『フライデー』(講談社)で近況とともに、過去、大原の父親がギャラ交渉に介入したことなどが問題となり、事務所移籍や独立に至ったことが伝えられました。今回の一件を見ていると、大手事務所に所属していれば、ファンに心配させることなく、もう少しスマートに立ち回れたのでは、と思ってしまいます」(同)

 東谷氏の告発により、早くも“場外乱闘”が起きてしまった様子。果たして大原サイドの言い分に、東谷氏は今後“再反論”を行うのだろうか。