• Sun. May 22nd, 2022

田中聖、関係女性が週刊誌に続々登場! 元交際相手に“ベッド写真”売り込まれた過去も

 2月24日、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元KAT-TUN・田中聖について、過去に交流を持っていたという女性が、各メディアで次々と証言を行っている。住まいや年齢など、プロフィールがわずかに異なることから、少なくとも2人以上の女性が、田中の逮捕を機に取材を受けたことが見て取れる。これら女性の出現について、週刊誌記者は「ジャニーズ事務所所属当時はさまざまな芸能人と浮名を流してきた田中も、近頃では一般人、あるいは“プロ彼女”的な女性にしか相手にされなくなっていた」(週刊誌記者)と話す。

 元交際相手やカラダの関係を持っていたとみられる女性など、各誌で田中に関連する“暴露”が続出。特に衝撃的なのは、「自慰動画」を送信されたという女性の証言だろう。

「3月1日発売の『フラッシュ』(光文社)と3日発売の『週刊文春』(文藝春秋)に、それぞれモザイク入りで田中から送られてきたという動画の一部を切り取った写真が掲載されており、『去年の秋くらいからは、毎日のようにオナニー動画を送ってきました』『その中身はどんどんエスカレートしていき、歯止めが効かなくなっているように感じました』などと、女性の証言も紹介。性癖なのか、あるいは別の目的があったのかは本人のみぞ知るところですが、何らかのきっかけでこうして世に出されてしまうことを、少しでも想像できなかったのでしょうか」(同)

 ほかにも借金に関する情報や、薬物使用を打ち明けられていた女性など、複数の人物が、田中のネタを週刊誌にリークするという展開に。

「過去には女優からグラビアアイドル、セクシー女優などとも交際が伝えられていた田中ですが、近年はファンもめっきり減っていて、関係を持つ女性も少々怪しげな背景を持つ者ばかりになっていたよう。記事化はされていないものの、田中の恋人を名乗る女性が出版社にベッド写真を売り込んでくるといったこともありました」(前出・記者)

 異性交際だけでなく、ジャニーズ事務所所属タレントたちもまた、次第に田中とは距離を置くようになっていたようだ。

「若手のジャニーズアイドルから見ると、田中はアニメや漫画の話で一緒に盛り上がってくれる気のいい先輩で、退所後にも『交流禁止』という事務所のお達しを無視して、田中との関係を保つ者もいたとか。しかし、1度目の薬物逮捕による影響が大きかったのか、近年では彼らも、田中とはほとんど交流を持たなくなっていたそうです」(芸能プロ関係者)

 「週刊文春」では、田中の闇を物語るエピソードとして「俺は笑って人の頭をバットでフルスイングできる」と、自ら恋人に自慢げに話していたというエピソードが書かれているが……。

「これは恐らく、人気コミック『闇金ウシジマくん』(小学館、真鍋昌平作)のエピソードから引用したもの。相変わらず漫画は好きなようですが、果たしてこの発言で、何を誇示したかったのか……」(同)

 身近だったはずの女性たちが次々と各メディアに情報提供している現状は、田中が悔いあらためるきっかけになるだろうか。