• Wed. Aug 10th, 2022

King&Prince・平野紫耀の詩が「めちゃくちゃいい文章」と詩人絶賛! 「心を閉じれば」に続く言葉は?

 King&Princeの冠番組『King & Princeる。』(日本テレビ系)。4月9日放送では平野紫耀の天然っぷりがあらためて話題になった。

 この日は新企画「クイズぶらり平野くん」が始動。平野の街ブラロケのVTRを見ながら、その言動をメンバーらが予想して回答するという内容だ。

 今回は浅草をぶらり旅した平野。634メートルあるスカイツリーを見つけると、「170メートルぐらいかな。もうちょい小さいかな」とコメント。さらに隅田川についても「奥多摩川」などと言い出し、「僕、東京に来て7年ぐらいたちますけど、育ちが渋谷のほうでしたので」と言い訳していた。

 浅草といえば、「昔、ここ(浅草)で十手を買ったので、そのイメージしかない」と言いつつ、「浅草はあと、『らいもん』」と、雷門を「らいもん」と言い間違える有り様。この言い間違いはクイズとして出題されたが、もちろん誰も正解することはできなかった。

 そんな平野が最初に訪れたのは、ラテアート職人の店長がいるカフェ。店長が早速、平野を描いたラテアートを作ってくれたが、描く様子を見ていた平野は「誰? 呂布?」と予想していた。

 作ってもらったラテアートを一口飲んだ平野は「100%おいしい、缶コーヒーより」とまったく悪びれていない表情でコメント。複雑そうな表情を浮かべる店長の横で、「いろんな缶コーヒー飲みました。一番おいしい」と絶賛し、「なんだろう、この飲みやすさ。水みたい。いい意味で。味のついてる」と褒め言葉にならない褒め言葉を連発していた。

 その後、平野もラテアートに挑戦することになり、描いたものがクイズとして出題されたが、正解は「麒麟(キリン)」で当然ながら全員不正解。ほかにも、「前方後円墳」の写真を見せられた平野の回答を予想するクイズでも、全員が不正解という結果に。平野は「前方後方池だ墳」と回答していた。

 また、詩人が経営する店も訪れた平野。「詩人ってよくわかってなくて。落語とは違うんですか」などと言っていたが、自身でも詩を作ってみることに。完成したのは、「目を閉じれば 何も見えない。口を閉じれば 何も言えない。心を閉じれば 自分が見えた」というもので、詩人は「めちゃくちゃいい文章」と絶賛。よほどうれしかったのか、平野は「マブダチになれそう」と大喜びだった。

 不正解が連発したこの企画。視聴者からは、「難問過ぎて笑った」「さすが紫耀くん」「この街ブラロケ面白すぎる」という声が集まっていた。