• Sun. May 29th, 2022

一時は公開が危ぶまれるも…ロシアの“一般市民”から見た原発事故映画『チェルノブイリ1986』

ByAdmin

May 7, 2022 ,

 ロシアによるウクライナ軍事侵攻によって、再び危険が及ぶ可能性があったチェルノブイリ(※チョルノービリ。本稿では、作品名に準じてチェルノブイリと表記する)。ロシア軍によって占拠されてしまった。

 一時はIAEA(国際原子力機関)の監視データや全ての通信が途絶え、電力の供給も止められていたことで、再び原発事故の悲劇が繰り返されるのではないかという不安が世界中の人々の脳裏をよぎった…

続きを読む