• Sun. May 22nd, 2022

【付録レビュー】「MonoMax」6月号、トラディショナルウェザーウェア長財布はバツグンの収納力! バッグの代わりにも◎

 いまや付録で雑誌を選ぶのは当たり前。毎月魅力的な付録が登場し、どれにしようか迷いますよね。そこで、付録を実際に手にして、見た目や使い勝手を徹底レビューします!

今月の付録:「MonoMax」2022年6月号「トラディショナルウェザーウェア長財布」

デザイン:★★★☆☆(無難なデザイン◎)
クオリティ:★★★☆☆(合皮だけど安っぽくない!)
使い勝手:★★★★☆(収納は抜群♪)

 「MonoMax」(宝島社)6月号の付録は、カードとコインがたっぷり入る!「トラディショナルウェザーウェア長財布」です。人気のイギリス発のブランド「トラディショナルウェザーウェア」とコラボした特別付録。

 カードやコインがたっぷり入る長財布でとにかく大容量ということなので、一体どれだけの量が収納できるのかとっても気になります!

 それでは早速、チェックしていきます。

【素材】:PVC合皮、ポリエステル
【サイズ】:W20.5×H10×D2.5cm

 財布本体は黒。中央には白色で「トラディショナルウェザーウェア」のロゴがプリントされています。

 素材はPVC合皮とのことですが、艶や凸凹加工のないマットな質感で安っぽさは思っていたよりありません。ですが、決して高級感があるわけでもないです。

 内側はブラウンです。

 本体の黒とのコントラストがとてもカッコ良いです。

 ファスナーは黒で引き手がシルバーです。

 財布本体の色とよく合っていると思います。

 今回の付録の注目ポイントは3つあるので順番に紹介していきます。

トラディショナルウェザーウェア長財布の注目点1:約30枚のカードが収納できる

 じゃばら式のカードポケットにはなんと30枚ものカードが収納できるみたいです。

 15ポケットあるので各2枚ずつカードを入れると30枚収納が可能です。

 私は30枚もカードを持っていないので確認できませんでしたが、ポケット自体はゆったりしたサイズ感なので問題なく入ると思います。

 ただし、分厚いカード同士を同じポケットに数カ所入れてしまうとほかのポケットが圧迫されてしまうため、30枚収納は難しいのかなと感じました。

 出し入れもしやすく、どこにどのカードを入れたのかひと目で確認できるのも良いと思いました。

トラディショナルウェザーウェア長財布の注目点2:とにかく大きく開くコイン入れ

 マチがあるのでたっぷりコインが収納できます。

 約100枚は収納できる大容量のようです。

トラディショナルウェザーウェア長財布の注目点3:とても便利なマルチポケット

 大型のスマホや通帳も入るマルチポケットです。

 ほかにもパスポートや小さな貴重品などの収納にも活用できます。

 今回は、お金の収納とカード収納、さらにはバッグの代わりにもなるような財布がほしい! という方にはおすすめの付録です。

 正直30枚のカード収納には驚きました。最近ではミニ財布が流行していますが、大容量という点ではやはり長財布が便利ですよね。

 私はミニ財布愛用者なので長財布は10年ほど使っていないのですが、銀行に用事がある時などは一度この長財布を持って出かけてみようと思います。

 ※サイズはライターが測っているため、実際とは異なる場合があります。