• Tue. Jul 5th, 2022

TOKIO・城島茂、爆笑経験ほぼナシ!? 松岡昌宏が「30年以上一緒にいるけど、5回くらいしかない」と証言

 TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が5月18日に放送された。この日の“友達ゲスト”は、女優・広瀬すず。また、普段は女性代表ゲスト枠として登場する「エンジェルちゃん」として俳優・松坂桃李も登場し、TOKIOとさまざまなトークを繰り広げた中、ジャニーズファンからは、城島茂の“爆笑経験のなさ”に関心が集まっているようだ。

 TOKIO3人がゲスト2人にさまざまな質問をぶつけていく中、トークテーマの一つとなったのが、「人生No.1爆笑エピソード」。難しい質問に、松岡昌宏が「大変な質問ですよ? これ」と困惑していると、城島はおずおずと「僕の質問なんやけど」と名乗り出て、「(自分で披露)してみろよ!」とツッコまれていた。

 一方の城島は、「“爆笑エピソード”ってなっかなかないから」と質問意図を説明。国分太一から「そんな中でなにが?」と振られると、「何もないよ、そんなもん!」と断言し、あまりの開き直りように、スタジオは大爆笑。

 すると松岡は、「ただ、この人(城島)が腹抱えて笑ってる姿ってさ、俺もう30年以上一緒にいるけどさ、5回くらいしかないんですよね」と証言。あまりのハードルの高さに、国分は「これどうする? 拒否することもOKですよ?」とゲスト2人を気遣ったが、「1個思い浮かんだのは……」と、広瀬はやる気満々。そんな彼女に松岡は、「挑戦するねー!」と親指を立ててグッドサインを送った。

 広瀬が披露したのは、昔、母親ときょうだい3人で食事をした帰り道に、手足を同時に出しながら走ったら「どうだろうね?」ということで試してみたところ、あまりのおかしさに道端で笑い転げながら帰路についたため、普段は30分で家につくところを1時間半もかかってしまったというエピソード。

 なお、母親だけはその走り方を拒否したため、きょうだいで体を押さえつけながら、無理やり手足を動かしたのだそう。広瀬は「過去一番笑った」と懐かしんだ。

 “爆笑エピソード”という難題を臆することなくクリアし、スタジオを盛り上げた広瀬だが、この話を聞いた城島は目元を押さえ、「笑いっていうか、ちょっとこう、泣けてくるっていうか……」とコメント。これに松岡も「わかる、わかる。いい話ね。(心が)あったかいね」と共感していた。

 その後、松坂も、役者仲間でありきれい好きだという俳優・岡田将生に関するトークを展開。当時、作品で共演していた安藤サクラや柳楽優弥と共に岡田の自宅を訪れることとなり、道中にコンビニへ寄り、“エロ本”を買ったのだとか。そして、岡田に内緒でソファの下に隠して帰ったといい、翌日の撮影で岡田に「エロ本隠したでしょ!」と怒られたそう。

 松坂によると、岡田は掃除中に発見したそうで、「あまりにも自分が手にしたことのないようなものだったので、ひっくり返って尻もちをついたらしいんですけど」「『最終的にどうしたの?』と聞いたら、『せっかくだから見た』って」と暴露し、スタジオでは笑いが起こっていた。

 この日の放送に、視聴者からは「確かに! リーダーが腹抱えるほど大爆笑してる姿はなかなか見ないかも」「結局笑わず泣くのか!」「家族エピソードは笑うより泣けちゃうのわかるな」「城島リーダーを腹を抱えて大笑いさせるの大変なんや」「次は誰が大笑いさせるんだろう」との声が上がっていた。