• Tue. Jul 5th, 2022

嵐・相葉雅紀、ギター購入で「嵐の曲もやってます」! 声優・下野紘とバンド活動に意欲

 嵐・相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ番組『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)。5月27日深夜の放送回では、相葉がSexy Zone・佐藤勝利のすすめで購入したものを明かした。

 嵐の二宮和也が6月17日にファンクラブ会員限定でカバーアルバム『○○と二宮と』をリリースすることを受け、この日はリスナーから「相葉ちゃんのお好きなアーティストさんのカバーも、ぜひ聞いてみたいと思いました。相葉ちゃんは、最近どんなアーティストさんの曲を聞いていますか?」との質問が届いた。

 これに相葉は、海外アーティストのMVが見られる「MTV Japan」や日本最大の音楽番組専門チャンネル「スペースシャワーTV」などのケーブルテレビを「家で結構かける」と回答。また、「サウンドバーを買ってテレビの音がものすごいよくなったから、結構、歌系(の番組)をBGM代わりにつけてたりする」「あらためてだけど、エド・シーランってかっこいいね。めちゃくちゃいいよね、歌!」と話した。

 さらに、「超趣味だよ。超趣味だけど……」と念押ししたうえで、「ギターやってます。家で」と告白。バラエティ番組『VS魂』(フジテレビ系)の収録があった際、「ギターやりたいんだけど、どこで買ったらいいかな?」と話したところ、Sexy Zone・佐藤勝利やKing&Prince・岸優太、ジャニーズWEST・藤井流星と、レギュラーメンバーの中にギターを弾く後輩がいたそう。佐藤には、「○○のギター屋さんがいいと思いますよ。すごい丁寧に教えてくれるし」と、おすすめショップを紹介してもらったという。

 早速教えてもらったギター屋さんに足を運び、アコースティックギターを購入した相葉は、「家帰ってお酒飲みながらとか、夜な夜な練習してる感じですね」とも明かし、すっかりギターにハマっているようだ。

 現在は「カポタスト」(略して「カポ」)と呼ばれるギターのネックに装着し、まとめて弦を押さえることができる道具を使って練習しているとのことだが、「もう腕がちぎれるくらい痛いのよ」と、なにやら苦戦している様子。「今、カッチカチになっちゃって指先が」とも報告したが、それでもギターを弾くのは「楽しい」そうで、一番最初は「Stand by Me」を練習したとか。

 また、相葉は「普通のスタンダードなコードは押さえられるんですよ。なんでかっていうと、『黄色い涙』のときに2曲ぐらい叩き込まれたんで」と、2007年に嵐5人で主演した映画『黄色い涙』で、歌手の井上章一役を演じた経験から、多少はギターが弾けるとか。

 なお当時は、「指が痛くなって、もうギター嫌だって思ってた」そうだが、現在は自身のソロ曲「Hello Goodbye」(08年)など、さまざまな曲を練習しているといい、「(嵐の)『君のうた』(18年)とかもそうだし。そうっすね、結構いろいろ嵐の曲もやってます」と発言。

 さらには、「いずれ、フィナンシェで、ここでね」「時をみてフィナンシェしようよ」と、以前、番組スタッフと結成した即席バンド・フィナンシェで披露することへの意欲をのぞかせ、さらに「紘くん、下野紘くん呼んでさ、『ちょっと歌ってよ、悪いけどさあ』って言って」「練習しましょうよ」と、ボーカルには仲良しの声優・下野紘を推薦し、スタッフと盛り上がっていた。

 この日の放送に、リスナーからは「『VS魂』始まってからほんとに勝利くんと距離縮まったね」「相葉くん、レギュラー収録や舞台のお稽古で忙しいだろうに、いつも趣味も充実してて感心するなぁ」「フィナンシェfeat.下野紘は想像するだけでうれしすぎ」「いつかお披露目待ってます」などの反響が多数寄せられていた。