• Tue. Jul 5th, 2022

『ちむどんどん』 ヒロイン・黒島結菜の箸の持ち方が「ひどすぎる」指摘続々! 箸マナーNG芸能人たち

 5月27日放送の連続テレビ小説『ちむどんどん』の世帯視聴率が17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、最高視聴率を更新した。かねてから同作は、登場人物の性格やストーリーが視聴者の間で悪評を呼んでいたが、それがかえって耳目を集める要素になったのかもしれない。 

 これまで同作に対する批判の対象は、母親の優子(仲間由紀恵)や、“ニーニー”こと長男・賢秀(竜星涼)の人間性だったが、近頃は料理人を目指すヒロイン・暢子(黒島結菜)に厳しい視線が向けられている。ネット上で、暢子の箸の持ち方を指摘する声がこの1カ月間、ほぼ連日上がっているのだ。

「暢子は箸を使う時、なぜか親指が立っているんです。いわゆる握り箸のようですが、ただ、黒島も別のドラマでは正しい箸づかいをしていたようなので、なぜ今作に限って、と疑問が募ります。『ちむどんどん』には料理監修や所作指導のスタッフが入っていますが、なぜ箸づかいをそのままにしているのか……」(芸能ライター)

 ネット上では、「暢子、箸の持ち方を事前に練習できなかったの? ひどすぎる」「暢子の箸の持ち方が絶望的」「料理人を目指してるのに、箸の持ち方がなってないの、何とかならんかった?」「暢子の箸の持ち方が握り箸で、『え、嘘?』と思わず二度見した」「黒島結菜の親指、箸、フォーク、ペン、全ての持ち方がおかしい」との指摘が続出。

 さらには、暢子だけでなく作品における箸マナーそのものがなってないとの意見も少なくない。ドラマでは大皿に盛られた料理を複数人で囲むシーンがたびたび見られるが、「みんな同時に大皿へ箸を入れるなんて! 二人箸になっちゃう」「一つの皿の麺を同時に複数人で箸でつまむなんて。NHKはこれでいいと思ってるのか?」「今日は3回も二人箸のシーンがあってドン引きしてる」と問題視されている。その時代に即したリアリティなのかもしれないが、現代人のマナー意識には反するようだ。

 今後、『ちむどんどん』の話数が進むにつれて暢子の箸づかいが改善されるだろうとの推測も聞かれるが、黒島にとってはちょっとした汚点になったと言えるだろう。

 一方、箸のマナー違反で最近大きな波紋を呼んだのが、登録者475万人の人気YouTuber・ヒカル。4月5日、元乃木坂46・松村沙友理との熱愛報道を受け、食事会で仲間に質問攻めにされるという動画を投稿した。

「しかし、視聴者の目についたのは、品のなさすぎる箸づかい。箸で皿を寄せる“寄せ箸”、食べ物を箸で刺す“刺し箸”、また一度箸で持ったものを戻す“空箸”、箸を持ったまま人を指す“指し箸”など、NGマナーのオンパレード。ほかにも、箸で持った食べ物を鼻に近づけてにおいを嗅いだり、テーブルに肘をつけて食べる姿もありました」(芸能ライター)

 世間からマナーを指摘する意見が続出すると、ヒカルは自身のTwitterで「箸の持ち方直そうかな、世の中が口うるさいから」などと投稿。しかし、騒がれたのは箸の持ち方ではなく、食事マナーであり、むしろ箸の指づかいが悪いとかねてよりネット上で指摘されていたのは恋人の松村だ。そう考えると、2人は“お似合い”と言えるかもしれない。

 また、昨今話題の天然芸人も、箸の持ち方で早くもネットユーザーに目を付けられてしまったようだ。

「昨年の『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)ファイナリスト・モグライダーのボケ担当・ともしげです。5月27日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、結婚式を“予行練習”したともしげは、高級料理が出てくると、左手をテーブルに出さずに食べていました。さらに、VTRを見ていた有吉弘行は、笑いながら『箸の持ち方もイラつくな!』とコメント。またともしげは、小皿の中に入った料理を、左右別々で持った箸をナイフのようにしてカットしていました」(同)

 また、MC業も順調な劇団ひとりには、5月30日放送の『午前0時の森』(日本テレビ系)での1シーンに「箸使いを見て幻滅!」「箸の持ち方がヘタすぎて残念。奥様何も言わないのかな……」といった声がネット上に上がった。

「番組では『普通のコロッケと専門家オススメのコロッケ、揚げたて同士なら味に大差ない?』という企画が行われ、ひとりがコロッケの中身を開いて見せていくことに。しかし、きれいにコロッケを開くことができず、グチャグチャに。結局、右手に箸を持ち、左手の指を“コロッケの残骸”に添えて挟み込むようにして口に入れていました」

 一方、同番組でタッグを組む関ジャニ∞・村上信五の箸づかいは以前からファンの間でも高評価されており、この日もキレイに食べていた。箸の持ち方一つでその人の印象が変わってしまうことはよくあること。テレビに映る人間は、気を付けたいところだが……。
(村上春虎)