• Tue. Jul 5th, 2022

嵐・二宮和也、ドラマで共演の玉木宏に「ホスピタリティが素晴らしい」 と称賛されたワケ

 嵐・二宮和也の冠バラエティー『ニノさん』(日本テレビ系)が6月5日に放送され、Sexy Zoneの菊池風磨、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇、ガンバレルーヤが出演したほか、ゲストとして俳優・玉木宏が登場した。

 現在放送中の二宮主演ドラマ『マイファミリー』(TBS系)に出演している玉木。共演回数について二宮が「今回3度目です」と言うと、玉木は「4回目です」とすぐさま修正。

 2人の初共演作は、当時ジャニーズJr.として活動していた二宮と渋谷すばるが主演したドラマ『あぶない放課後』(テレビ朝日系、1999年4月期)。その後、映画『大奥』(2010年)、フジテレビ開局55周年記念ドラマ『オリエント急行殺人事件』(15年1月11、12日放送)でも顔を合わせており、今回の『マイファミリー』で4回目の共演を果たすことに。

 回数を誤って答えたため、菊池から「ひどい、本当にひどい。ちゃんとWikipediaとか見てから(収録に)来たほうがいいっすよ」と指摘された二宮は、「ほぼ4の3です」と意味不明の発言をし、お茶を濁していた。

 また、進行役の吉村から“呼び方”について尋ねられると、二宮は「僕はもうずっとですけど、“タマキン”です」「これで呼んで、1回も怒られたことないんだよ、俺」と告白。すると玉木が、「その呼び方をするのはニノと天海祐希さんだけ」と明かし、二宮は手を叩きながら爆笑。「天海祐希さんのほうが問題だわ」とツッコんだ。

 その後、番組では“ニノさんに聞きたいこと”として、「ニノのホスピタリティが素晴らしい。なんで、どうして、何を考えてる」という玉木の直筆メッセージを紹介。玉木は、「ドラマの現場で主役をしていて、すごく大変なものなのに、いつもやっぱ穏やかで」と、撮影現場での二宮の様子について言及。「撮影現場には行ってるんだけど、ニノに会いに行っている感じがする」と照れながら語った。

 玉木の言葉を受けて、二宮は「聞きました? ニノに会いに来てるんだって! みんな。それドラマにしちゃおうかな?」とおどけながらドヤ顔。なお、玉木は「それくらい楽しく仕事をさせてくれるというか……」とも語り、吉村が「みんなのために(気配りしている)みたいなことはあるんですか?」と尋ねると、二宮は「いや。楽しく仕事はしようと思ってるけど……」とコメント。特に気を使っている様子はなく、本人は至って自然に撮影に取り組んでいるようだ。

 一方で、吉村から「バラエティーではそういう感じありますか?」と話を振られたガンバレルーヤの2人は、「ありません」「ないです」と即答。二宮が「あれよ」とつぶやくと、よしこは「ニノさんに会いにバラエティーに行くってないですよ」とも語り、菊池からも「(二宮は)気づいたら帰っていますからね」「メジャーリーガーのキャッチャー並みに帰るの早いです。球取ったらすぐ帰るみたいな」と言われる始末。

 この日の放送に、ネット上では「玉木さんのニノちゃん評、ありがたいなぁ」「二宮くんのホスピタリティを讃えてくれてありがとう」「玉木くんと二宮くんのほんわかコンビでとても平和で楽しくめちゃくちゃ笑いました!!」「タマキンさん良い人 こんなにニノちゃんと仲良しだとは思ったなかったな」などの声が上がっていた。