• Tue. Jul 5th, 2022

新進女優・斎藤莉奈が語る、「オーディションも撮影現場もオープン」な英国映画界

 ホラーコメディ『グレムリン』(1984年)や3Dアニメ『ミニオンズ』(2015年)のような“キモかわいい”キャラクターたちがゾロゾロと登場する、SF映画『クリーチャーズ 宇宙から来た食人族』が6月17日(金)より劇場公開される。

 同作は、英国の大学生たちが野外実習中にUFOに遭遇。UFOから出てきた小型エイリアンたちは人間を次々と捕食し、さらに襲われた人間はゾンビ化してしまうというSFパニックもの。ストーリーは超B級だが、特殊メイク&特殊効果スーパーバイザーに『DUNE/砂の惑星』(21年)のスタッフを迎えるなど、かなり凝ったビジュアルに仕上がっている。

 さらに注目したいのが、食人エイリアンと戦う日本からの留学生・アカネを演じた斎藤莉奈。17年に渡英し、ロンドンを拠点に活動している新進女優だ。『クリーチャーズ』で念願のヒロイン役をつかんだ彼女に、英国映画の内情を語ってもらった。

『クリーチャーズ』は、温かみのあるホラー作品

――斎藤さんは日本ではホラー映画『クロネズミ』(10年)や『冷たい熱帯魚』(11年)などに出演していますが、本作ではヒロインという大役を射止めました。英国に渡って、女優としての夢を掴んだわけですね。

斎藤莉奈さん(以下、斎藤) 私にとって、渡英も英国映画への出演も大きな挑戦でした。憧れていた英国映画でヒロインに抜てきされたことは、もちろん責任感も感じていますが、うれしさが上回っていますね。これからも仕事を続けていく上での、大きな自信にもなると思います。

――SFホラー映画ですが、襲ってくる小型エイリアンはどこか抜けているし、アカネの同級生たちも頭のネジがゆるんでいませんか?

斎藤 エイリアンは襲ってくるし、同級生たちはゾンビになるし、おもちゃ箱をひっくり返したみたいな映画ですよね(笑)。でも、完成した作品を見たら、思いがけず温かみのある作品になっていたので驚きました。クリーチャーたちはぬいぐるみでできていて、撮影現場では1体のクリーチャーを4人がかりで操演していたんです。1カ月あった撮影期間中、その様子をずっと見ていたんですが、手作り感があって温かさを感じるホラー映画に仕上がっていたので意外でした。

――斎藤さんは菜食主義者とのことですが、映画とはいえ、人間を捕食するエイリアンとの共演は抵抗ありませんでしたか?

斎藤 あはは、確かにお肉を食べるという点では、食人エイリアンもミートイーターですね(笑)。私は動物性タンパク質を一切摂らないヴィーガンではなくて、 日本ではその場の雰囲気も加味して卵や魚を食べることもあります。正直、そこまで深くは考えずにオーディションを受けました(笑)。でも、エイリアンのぬいぐるみたちと1カ月間ずっと一緒に過ごしていたので、撮影が終わる頃には彼らのことを愛らしく感じるようになっていました。

 アカネはヤクザの娘で、日本で多くの修羅場を体験し、英国に身を潜めているというキャラクター。生命の大切さを知る女の子なんです。「人肉を食べるなんて許さない」という怒りはなかったのですが、そこは役に徹して演じました。

――英国で初めて出演した映画『クリーチャーズ』のオーディションは、どんなふうに行われたんでしょうか。

斎藤 『クリーチャーズ』のオーディション情報をネットで見つけ、SF映画でホラーとコメディが一緒になっているなんて面白いなと思い、オーディションを受けることにしたんです。私、けっこうグロいシーンには耐性があるので(笑)。オーディション会場では1人ずつ名前を呼ばれ、1時間ほどかけた面談がありました。まず、トニー・ジョピア監督にお会いして台本を読ませてもらい、アカネとして怒っているパターンの演技をいろいろと見せたんです。その後、アクションコーディネーターの方も同席されていたので、その場で殺陣を習って、試してみて、「練習すれば、あとは大丈夫だね」とOKをもらって……という感じでした。

――派手な殺陣を披露していますが、日本で習っていたんでしょうか?

斎藤 殺陣はレッスンで少しかじった程度でしたが、日本でモーションキャプチャーのお仕事をしたとき、『ラストサムライ』(03年)などに出演されたベテランの役者さんたちと一緒になり、その際にアクションについての基礎を学んだ感じでしたね。趣味でボクシングジムに通っていた時期もあったので、アクションは体幹が大事という基本的なことは理解していましたし、日本で経験したことは、無駄にはなりませんでした。アクション映画への出演は今回が初めてでしたが、殺陣がうまく決まったときは、爽快感がありましたね。

――低予算映画ですが、キャストはみんな楽しそう。撮影現場の雰囲気のよさがスクリーンからも感じられます。

斎藤 本当に楽しかったです。アットホームな雰囲気の撮影現場でしたし、ジュピア監督はすごく明るくて、オープンな性格でした。「アイデアがある人は言ってね」と言ってくださり、発言しやすい現場だったんです。

――斎藤さんのアイデアが採用されたシーンもある?

斎藤 アカネが階段でゾンビと戦うシーンが後半にあるんですが、最初は階段の上の広い踊り場で戦う予定だったんです。私のアクション経験が少ないことから、アクションコーディネーターの方が気を使って、危険のないように踊り場での殺陣を考えてくれていたんですが、私から階段での殺陣を申し入れました。現場ではけががないことが第一に考えられるので、「私、やれます!」とアピールしないと迫力ある場面が撮れないように感じたんです。監督や作品にもよると思いますが、自分からアピールすることの大切さを、英国に渡ってからは強く感じるようになりましたね。

――斎藤さんが芸能界デビューしたきっかけは、広瀬アリス・すず姉妹、橋本愛、中条あやみらを輩出したモデルオーディション『ミスセブンティーン』だそうですね。

斎藤 はい、同い年の武井咲さんが「Seventeen」(集英社)の専属モデルをしているのに憧れて、13歳のときに応募したんです。07年の『ミスセブンティーン』でファイナリストに選ばれたことから、芸能事務所にスカウトされました。そのとき、「君は声が低いから、女優に向いているかもね」と言われ、演技に興味を持つようになったんです。

――17年から活動の拠点をロンドンに移されましたが、なぜハリウッドのある米国ではなかったんでしょうか?

斎藤 私、動物が大好きで。女優として有名になれば、動物保護活動に役立つんじゃないかと考え、「逆輸入女優」を目指して渡英したんです。LAにもちょっと滞在したんですが、欧州の方が動物保護活動が盛んなので、それもあってロンドンで頑張ってみることにしました。英国にも、ハリウッドのオーディション情報は入ってきますし。ロンドンはLAに比べて日本人は少ないものの、その割には日本人向けの仕事のニーズが意外とあるんです。

――斎藤さんは英国ではテレビドラマに出演し、CMや企業ビデオなどにも出演しているんですね。海外にコネクションがあったわけでもなく、単身でよく渡英したなぁと感服します。

斎藤 英語は日本で少し勉強してから渡ったんですが、最初は全然ダメでした(苦笑)。ロンドンには“知り合いの知り合い”はいたんですが、あまり頼りすぎちゃいけないと思い、事務所などは自分で見つけました。運がよかったんだと思います。

――イギリス映画の撮影現場は、日本とは違いますか? 『クリーチャーズ』は撮影期間が1カ月あったそうですが、日本の低予算映画は1週間程度で撮られることがほとんどです。

斎藤 日本だと撮影期間は短いですよね。深作健太監督が撮られた『クロネズミ』は撮影前のリハーサルはしっかりやりましたが、撮影は5日間でした。『クリーチャーズ』の場合は、現場でその日撮るシーンのリハーサルをしながら、じっくり撮り進めていく感じでしたね。

――食事や宿泊施設はどうでしたか?

斎藤 食事は3食付きでした。スタジオの一角にキッチンがあり、スタッフが交代で温かい料理を用意してくれたんです。日本だとお弁当がほとんどだったので、そこは違いましたね。みんなで同じ鍋を囲んで食事することで、よりアットホーム感が高まったと思います。

 また、キャストは撮影場所から少し離れたところにあるコテージに泊まりました。私たち女性キャストは3人一緒に1つのコテージに泊まり、寝室はそれぞれ別々でした。撮影は深夜まで続いてハードでしたが、週末の土日はしっかり休めるのでリフレッシュすることができましたね。それに撮影中、誰かがNGを出してしまうと「ナイス!」や「グレート!」なんて声がジョークっぽく飛ぶんです。失敗しても現場の雰囲気が明るいので、「ごめんなさい。もう一度やらせてください」と気兼ねせずに口にすることができました。日本人である私も受け入れられ、とても居心地がよい現場でした。

――英国ではオーディションの進め方も、プロデューサーや監督たちの間でいつの間にかキャスティングが決まっている日本映画とは、かなり違うようですね。

斎藤 日本では所属事務所を通してオーディション情報が入ってくることがほとんどですが、英国では俳優みんなが登録しているサイトがあり、あらゆるオーディション情報がオープンになっているんです。人気ドラマのメインキャラクターのオーディション情報も載っていたりします。オーディションは、事務所に入っていなくても誰でも受けることが可能。事務所から連絡が入ることもありますが、今回の『クリーチャーズ』のように、自分で見つけるものも多く、私の場合は五分五分です。事務所のマネジャーは、よく言えば「あなたはあなたのままでいいのよ」というスタンスなので、ただ待っているだけだと何も始まらないこともありえます。自分でセルフプロデュースして、働き掛けていくことは大事だなと痛感しています。

――日本では最近になって、プロデューサーや監督のパワハラやセクハラ的言動が問題視されるようになってきました。英国のオーディションや撮影現場でそのような状況に遭うことはない?

斎藤 オーディションの面接担当者たちは、ジェンダー差別や宗教差別、人種問題につながりそうな発言はしないよう、すごく気をつけている印象です。多様性を尊重することを意識しているみたいですね。「怒る」という感情をまず見せませんし、撮影現場でも大きな声を出す人がいると、みんな驚いて「えっ、何かあったの?」と集まって、現場の雰囲気を修復するよう努めていますね。もちろん日本には日本のよさがありますが、英国では気持ちよく仕事ができています。

――ハリウッドでは、セクシャルなシーンのある作品にはインティマシー・コーディネーター(俳優と監督の間に入り、コミュニケーションを取りながらハラスメントを防止する調整役)が付くことが主流化しつつあるようですが、英国ではどうでしょうか?

斎藤 『クリーチャーズ』にはそういうシーンはなかったので、インティマシー・コーディネーターはいませんでした。でも、メジャーな作品に出演した人に聞くと、性的にセンシティブなシーンがある場合は、インティマシー・コーディネーターも入って、撮影前にしっかりとディスカッションするみたいですね

――英国のインディペンデント映画の面白さは、どんなところにあると感じていますか?

斎藤 ハリウッド映画にも出ているような人気キャストも、英国のインディペンデント映画にはけっこう出演しています。事務所の意向よりも、俳優本人が「この作品に出たい」と思えば、本人の意思が尊重されるんです。『クリーチャーズ』に大学生役で出演しているクリスト・フェルナンデスは、アップルTVの配信ドラマに主演している売り出し中のメキシコ系の若手男優。そんな国際的に活躍するキャストやスタッフと一緒に仕事できるのも、英国映画の面白さでしょうね。

――英国の水が、斎藤さんには合っているみたいですね。斎藤さんが海外で仕事をしていく上で、気をつけていることがあれば教えてください。

斎藤 英国で暮らし始めたことで、「自分が無知であることで、誰かを傷つけてしまうようなことは避けよう」と考えるようになりましたね。文化の違いもありますから、普段から社会問題なども意識して学んでおく必要があるように感じています。

――斎藤さんがモチベーションにしているものはなんでしょうか?

斎藤 私の場合は、女優としての夢に向かっている途上にありますが、動物保護も大切なモチベーションになっています。好奇心がありすぎて、私はすぐに飽きてしまいがちなんですが、動物保護というもう一つの目的があるので、ここまでやってこれたように思います。子どもの頃からの動物好きが高じて、地球環境やサステナブルなことも考えるようなりました。仕事がないときは、ベルリンにある民間の動物保護施設「ティアハイム」でボランティア活動などもしています。

――自分のやりたいことができず、モヤモヤしている人は多いと思います。サイゾーウーマンの読者にメッセージをお願いします。

斎藤 今の時代は、自分が思ったようには行動しづらい状況かもしれませんね。コロナ禍などで活動が制約され、やりたいことを諦めるのは本当につらいことだと思います。もし制約がなければ、自分は何をやっているんだろうと一度想像してみるのもいいんじゃないでしょうか。目標が見つかれば、そこに至るまでの道のりを逆算して考えることができますし、目標への意外な抜け道が見つかることもあると思うんです。私自身まだまだ学ぶことは多いけれど、英国での生活は基本的に楽しいです。

(取材・文=長野辰次)

斎藤莉奈(さいとう・りな)
神奈川県出身。『ミスセブンティーン2007』ファイナリスト入りをきっかけに、13歳で芸能活動デビュー。映画『クロネズミ』(10年)『冷たい熱帯魚』(11年)、『東京喰種 トーキョーグール』(17年)などに出演。17年より活動の拠点を東京からロンドンに移し、テレビドラマ『Jack Stall Dead』season1や CMなどに出演。動物好きが高じて、ボランティア活動などの動物福祉にも参加している。

『クリーチャーズ 宇宙から来た食人族』
製作・監督・脚本/トニー・ジョピア
出演/ロマン・バルベイ、斎藤莉奈、クリス・キリアコウ、アンドリュー・グリーヴス、クリスト・フェルナンデス
配給/エクストリーム PG12 6月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテほか全国公開
(C)2020 CREATURES MEDIA
https://creatures-movie.jp