• Tue. Jul 5th, 2022

1位はベテラン&ジャニーズ共演作! “海外ドラマの日本リメーク”で面白かった作品トップ3【サイゾーウーマン世論調査】

 昨今増えている、海外ドラマの日本リメーク作品。今年7月からは、大ヒット韓国ドラマ『梨泰院クラス』(Netflix)のリメーク作で、竹内涼真が主演を務める『六本木クラス』(テレビ朝日系)の放送が始まりますが、ネット上では期待と不安の声が寄せられている状況です。

 このように、リメークドラマには賛否両論がつきものですが、これまで放送された作品の中には、純粋に「面白かった」と感じるものもあったはず。そこで今回は、「海外作品の日本リメークドラマ、一番面白かったのは?」をアンケート調査してみました。

 回答の選択肢は下記の8作。これらから1作を選び、回答してもらいました。(実施期間:2022年6月1日~6月12日、回答数:35)
※2020~2022年に地上波で放送されたリメークドラマが対象。

・『13(サーティーン)』(2020年8月放送、フジテレビ系) 原作:『Thirteen』(イギリス)
・『未満警察 ミッドナイトランナー』(2020年6~9月放送、日本テレビ系) 原作:『ミッドナイト・ランナー』(韓国)
・『SUITS/スーツ2』(2020年4~10月放送、フジテレビ系) 原作:『SUITS』(アメリカ)
・『24 JAPAN』(2020年10月~2021年3月放送、テレビ朝日系) 原作:『24 -TWENTY FOUR-』(アメリカ)
・『シンデレラはオンライン中!』(2021年1~3月放送、フジテレビ系) 原作:『微々一笑很傾城』(中国)
・『知ってるワイフ』(2021年1~3月放送、フジテレビ系) 原作:『知ってるワイフ』(韓国)
・『彼女はキレイだった』(2021年7~9月放送、フジテレビ系) 原作:『彼女はキレイだった』(韓国)
・『ボイスII 110緊急指令室』(2021年7~9月放送、日本テレビ系) 原作:『Voice』(韓国)

1位:『SUITS/スーツ2』(2020年4~10月放送、フジテレビ系) 原作:『SUITS』(アメリカ) 26%

 トップに選ばれたのは、織田裕二&Hey!Say!JUMP・中島裕翔の共演で話題を呼んだ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)。シーズン2が制作されたことこそ、作品が「面白い」という何よりの証拠なのかもしれません。

【投票コメント】

◎出演者がみんなそれぞれ役に合っていたし、日本版に話を改変しているところも良かった。コメディ要素も面白くて笑えた。アメリカ版のキツさを日本的にソフトにしており、アメリカ版も日本版も好き。

◎他のドラマは観ていない為

◎単純に面白かった。

2位:『知ってるワイフ』(2021年1~3月放送、フジテレビ系) 原作:『知ってるワイフ』(韓国) 23%

 関ジャニ∞・大倉忠義主演の『知ってるワイフ』(フジテレビ系)が第2位にランクイン。同作には松下洸平が出演しており、イケメン2人の競演も視聴者を惹きつける要因になったようです。

3位:『彼女はキレイだった』(2021年7~9月放送、フジテレビ系) 原作:『彼女はキレイだった』(韓国) 23%

 同率2位で滑りこんだのは『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)。Sexy Zone・中島健人演じる“最恐毒舌エリート”に魅了された人も多いのでは?

3位以下のランキングと、コメント全文はこちら!