• Sat. Aug 13th, 2022

Lil かんさい・當間が和田アキ子に憧れている理由は? HiHi Jets、仙台コスプレロケで“炎上”を危惧!【ジャニーズJr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所のYouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、それら内容をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が紹介! 今回は、6月23日~29日公開の動画を注目度順にチェックします!

Lil かんさい・當間、和田アキ子にあこがれている理由は……

 関西Jr.の動画は、6月28日に「Lil かんさい【今日であなたも琉巧王】ところでなんでモノボケさせられたん?」と、「Aぇ! group【チキンは誰!?】ちょうど叫べ!跳べ!!飲め!!!…新キャラ誕生!?」の2本が配信された。

 Lil かんさいはグループ最年少であり、現役高校生・當間琉巧のことをどれだけ知っているのかを競う「1番の理解者は誰だ? 琉巧クイズ王」を開催。第1問は誕生日、血液型、足のサイズを答えるという初歩的なところから始まり、「大阪で一番好きな場所は?」「今してみたい髪型は?」と個人に踏み込んだ問題も。

 そんな中、筆者が気になったお題は「今回 東京に来る時に(新幹線で)聞いていた曲は?」。當間は「ジャニーズじゃないです」「3つあるんですよ、僕の中で答えが。だからどれか1個でも当たってたら1ポイント差し上げます」とヒントを与え、大西風雅は彼が好きなHIPHOPアーティスト・AK-69を挙げた。

 続いて、嶋崎斗亜は『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)でお馴染みの「ぼよよん行進曲」をチョイス。実際、當間は今年出演した『THE BEGINNING ~笑劇~』の期間中によく聞いていたといい、「一番HIPHOPを感じる曲がこれやった」と独自の目線でコメントした。

 しかし、正解は和田アキ子、KREVA、『名探偵コナン』(日本テレビ系)の映画のサウンドトラックとのこと。和田については「『REACH OUT』って曲が僕は一番好きなんですけど。1回さ、歌番組で(共演した)。歌うまっ! と思って。やのに、お昼の番組のさ、MCというか、してらっしゃったりするやんか。そのマルチな才能にちょっと憧れて、聞いてますね」と語った。

 和田は歌唱力が高いだけに、アーティストとして尊敬の気持ちを抱くことは確かに理解ができる。が、まさか『アッコにおまかせ!』(TBS系)のMCぶりも評価している現役高校生ジャニーズがいるとは……。周りに流されず、どうか今後もその渋いセンスを磨いていってほしいものだ(稀有な存在)。

 6月26日の動画は「HiHi Jets【初の仙台5人旅】アーケードでコスプレは恥ずかし編~第3夜~」で、同12日よりスタートした宮城県・仙台ロケの第3弾。「コスプレ自腹ショッピング」と題し、商品にちなんだコスプレをしながら自腹で仙台名物を購入するという企画に挑戦している。

 “コスプレ姿で買い物をする”企画とあって、高橋優斗は「店員さんから見たら迷惑客だよね」と不安視。猪狩蒼弥は「それはご心配なく。お店には許可をちゃんととっています。いつ誰が来るかはわかってないので」と情報を補足した。

 最初の衣装は“全身タイツの枝豆”で、実物を確認した高橋は「最悪だ。通報されない? これ」と心配。バスの中から人混みを目にすると、「ガチで無理!」(井上瑞稀)「バカじゃないの?」(高橋)「炎上しない? 大丈夫?」(橋本涼)と動揺していた。

 結局、じゃんけんで負けた1人が“枝豆くん”に変身し、「ケツやばい」「ほぼこれ捕まるぐらい」と言われながらも出発。当初は「仙台で広めてくるわ、俺らのこと!」と強気な姿勢を示すも、すぐさま「ちょっと待って、無理!」と戻ってきてしまうほど、恥ずかしがっていた。

 その後も伊達政宗、キュートな牛さんのコスプレが用意されており、なんと奇跡的な展開で3連続同じメンバーに。決まっていたわけではなく、「ヤラセなしのガチです!!」とのテロップが出ていた。

 なお、「仙台藤崎百貨店【公式】」のTwitterアカウントは「Jr.チャンネル」の更新ツイートを引用する形で、「ご来店ありがとうございました 仙台・宮城の名物をたくさん召し上がっていただき、とてもうれしいです」「電話室より『ジャニーズ事務所さんからお電話です』と言われた時には何の冗談かと思いましたが、HiHi Jetsさんがせっかく仙台・宮城にお越しいただいたのだからと、関係各所に掛け合って承認を得まして、心を込めてお迎えしました」と裏話を投稿。

 さらに「【阿部かま】株式会社阿部蒲鉾店」のアカウントも動画配信後に「あ、あのひょうたん揚げを買いにいらした牛 さんは…」と反応。いずれも、ファンからは「撮影許可をいただきありがとうございました」などと感謝のコメントが寄せられている。再生回数は7月1日時点で15万台。

 一方で、Aぇ! groupは「【チキンは誰!?】ちょうど叫べ!跳べ!!飲め!!!…新キャラ誕生!?」を公開。指定された数字ぴったり(ジャストナンバー)を目指すゲーム企画になっている。

 正門良規が「クリアすると気持ちいいゲーム企画を用意してくれてる」と告げた瞬間、末澤誠也は「ウソつけよ」と噛みつき、「ガラ悪いぞ」(正門)「なんでそんな口悪い?」(小島健)とたしなめられるも、過去のドッキリを経て不信感MAXの末澤は「あったか? じゃあ今まで気持ちいいゲーム企画。裏切られてしかないよ」と不満げにボソリ。以降も末澤は罰ゲームやお題に対しても逐一物言いするなど、“舌好調”だった。

 ちなみに、アロエジュース(原液)を飲む場面ではメンバーが独特な味に悶絶。草間リチャード敬太のみが「大丈夫かもしれへん」と楽観視し、正門が「いろいろ飲んでるから」とつぶやくと、草間は「しま(島)で」と返答。

 草間といえば、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)のロケで「DASH島」に通っているため、「え、リーダー(TOKIO・城島茂)が作るお茶と同じ匂い。だからや!」「アロエで作るお茶やねん。リーダーが作るお茶。グイグイいけちゃう。どうしたらいい?」と逆に困惑。末澤は「あいつ、どこ鍛えられてんの!?」とツッコミを飛ばしていた。

 再生回数はLil かんさいが13万台、Aぇ! groupは28万台(7月1日時点)。

 6月23日の動画は「Travis Japan【自由気ままにユルっと】LAの公園でピクニックデビュー」。アメリカ・ロサンゼルスに留学中のTravis Japanが、現地の公園でピクニックする様子を収めた1本。冒頭のテロップでも「ただただピクニックを楽しんでいる様子をお届けします!」とアナウンスしている通り、プライベート感たっぷりの映像となっている。

 特に企画やゲームを用意しているでもなく、ジュース片手におやつを食べている人、無邪気に走る人、フリスビーで遊び始める人など思い思いに過ごす一同。川島如恵留は「食ったし飲んだし寝るか、そろそろ」と宣言し、「マジで超気持ちいいよ。マジでいい! 最高!」と芝生の上でゴロ寝。カメラを持つ吉澤閑也は「あんま見れないですよ、如恵留さんの昼寝姿なんて」と貴重な場面を捉えていた。

 この公園は辺り一面が緑色の世界で、視聴者ものどかな風景に癒やされること間違いなしだろう。頭の下に汚れ防止のタオルを置くほど几帳面な川島が、ついつい開放的な気分になるのもうなずけるロケーション。当然ながら、日本にいるほかのグループの動画とは一線を画している。

 再生回数は7月1日時点で21万台。日本にいた頃に比べて、やや伸び悩んでいる印象はあるものの、ファンからは「癒やされたし、たくさん笑った! こういう動画は日本にいたらなかなか見れないから、うれしい」「楽しくピクニックをする様子に癒やされた。みんなが元気に笑って過ごしてる姿を見れるだけでも幸せ」「人目をあまり気にしなくていい海外だからこそできること。朗らかな気持ちになったし、人生を楽しんでるトラジャが輝いて見える」「日本だとこんなふうに自由に過ごせないだろうし、こういう時間もいっぱい楽しんで帰ってきてほしい」と好意的な反応が上がっている。

 6月25日の動画は「美 少年【大食い…って何皿?】数字で価値観当てろ!?」(再生回数は7月1日時点で13万台)。今回は「数字で価値観 探りましょう!」と題し、それぞれの価値観をほかのメンバーが予想するゲームを行っている。

 最初の“親”は那須雄登で、問題は「ここは牛タンが超有名なお店。『めっちゃ並んでる』。 何分までなら待てる?」というもの。5人は那須の好物が牛タンであることを考慮し、30分、40分、3時間……などと想像した。

 30分と書いた岩崎大昇は「よく、それこそご飯行ったりするんだけど。その時に『ちょっと待つか』とかもいけるから。ゼロはないなと思って。最初、20分かなと思ったんだけど。那須の頭の思考のパターンを考えると、30分までは待てるのよ。なんでかっていうと、『あ、アニメ1話見れる』みたいな。そういう何かに置き換えて、何かする時間にしそうだから、30分」と理由を説明。普段、一緒にいる時間が長いメンバーの分析は、ファンにとっても興味深い内容だろう。

 一方で浮所飛貴が20分、佐藤龍我は3時間と推測。佐藤によれば、「自分ではたぶん3時間ぐらい待てると(那須は)思ってる。でもホントはたぶん、こんぐらい(20分)しか待てないないんだと思う。書くのはたぶん、こんぐらいオーバーに書きそうだなみたいな。ホントは絶対無理なのに」とのこと。本人は「恥ずかしい暴き方されてます」と困惑気味の表情を浮かべていた。

 こうした身近な設定から、「明日 急きょ先輩のバックにつくことに。『もうこれ以上振りは入らない』。何曲が限界?」「明日はドラマの撮影 『結構早い時間に起きなきゃ』何時起き?」と業界ならではのテーマも。早朝からのドラマ撮影を経験している彼らは「5時でもやっぱ普通に早いよね」(那須)「でも、ドラマって5時って普通じゃない?」(浮所)「まあ普通ではある」(那須)と話していた。

 さらに、4月期のなにわ男子・道枝駿佑主演ドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)に出演する岩崎に向けて、浮所が「大昇、今まさにじゃない? 『金田一』まさに今、撮ってるけど」と聞いてみると、「4時台の集合は早いよ」とのこと。

 ちなみにエンディングトークによれば、昨年の夏に美 少年が主演を務めたドラマ『ザ・ハイスクール ヒーローズ』(テレビ朝日系)の終盤は「5時45分集合」が多かったそうで、「恐怖の545」と懐かしんでいた。

 なお、同率ビリだった2人は罰ゲームでショートコント「もし藤井(直樹)がラーメン屋さんで客として玉置浩二さんが来たら…」を披露(もうタイトルだけで笑える)。ネタにされた藤井は「悪意がスゴい!」とツッコんでいた。

 6月24日に更新されたのは「7 MEN 侍【マル秘 初主演!稽古場に潜入…】見たことないジャニーズがいた!!」(再生回数は7月1日時点で12万台)。今回は、佐々木大光主演の舞台『学校の七不思議』(東京・CBGKシブゲキ!!、6月22日~7月5日)の稽古場に、メンバーが潜入している1本だ。

 冒頭は佐々木を除く5人でスタートし、矢花黎が「彼も初主演舞台で気合入ってますんで。僕たちもお邪魔させていただいて。差し入れをね、皆さんね、今日……」と説明すると、本高克樹は「本当に行っていいの?」と不安げ。中にはピリピリしている現場もあるようで、今野大輝も「失礼じゃない?」と懸念していた。

 いざ稽古場のドアを開けると、やはり空気が多少ざわつき、妙な雰囲気になるキャスト陣。「お邪魔しまーす」とあいさつし、「稽古続けていただいて大丈夫です。すみません」(本高)と伝えたのだが、佐々木は「続けられないのよ、それじゃ。結構ガチで、ガチでやってるから。ホントに邪魔しないで! マジで、今の登場の仕方はダメ!」と本気のトーンで注意していた。

 以降、しばらく佐々木たちの演技を見守る一同。これまで、「Jr.チャンネル」は基本的にジャニーズ以外のタレントは参加してこなかったが、今動画は共演者のガレッジセール・川田広樹、樋口拓海、天野旭陽らも、バッチリと映っている。いつもの佐々木とは違う姿を目にし、メンバーも「むちゃくちゃ真剣です。1回もこっち向いてくれない」(本高)「邪魔できない」(中村嶺亜)「僕らのライブではなかなか見ない真剣な大光が見えてます」(矢花)とすっかり縮こまっていた。

 一方で、作・演出の湯口智行氏(ポンポンペイン)が「ギャラリーっていうか、7 MENの子たちがいるからかわからないけど、客がいるとテンション上がるみたいのダメだよ。見てる人がいるとちょっとみんな上がりがちになるから。だったら稽古からやって」などとダメ出しする一幕も。

 稽古終了後、矢花が「こういった姿のメンバーを見れるのは初めてで、スゴく見ている側としてもドキドキしながら見てたんですけど。普段、どんな感じですかね? うちの佐々木は」と聞くと、川田は「ボケたがりですよ、スゴく。笑いがあるところ、ずっと練習してますよ。たぶんお笑いが好きなんだろうなっていうのがスゴい伝わってきた」と明かしていた。

 終盤は6人が集合し、それぞれが買ってきた千円分の差し入れをお披露目。ホットアイマスク、入浴剤といった実用的なアイテムを佐々木にプレゼントしていたのだった。

 少年忍者の動画はプロモーションの「【おしゃれデートコーデ選手権】深田!今回こそ…ガチだよな!?」(6月27日)と、通常回「【サイズアップチャレンジ!】Snow Manさんに勝てるかな?」(29日)の2本が配信されている。

 1本目は、織山尚大、ヴァサイェガ渉、黒田光輝、深田竜生、檜山光成が出演しており、「ファッションセンターしまむら」とコラボレーション。これまで、深田がMCを務め、ファッションに関連する回は“水濡れ系”のドッキリが行われていたものの、今回は本当のコーディネート企画。

 オープン前の店舗を貸切にし、「おしゃれデート選手権」を開催している。洋服選びのテーマは「女の子に着てほしい理想のファッション」で、予算5千円以内でセレクト。Jr.がレディースの洋服を吟味する様子はなかなか見られないため、ファンにとってはうれしい1本だろう。

 こちらは個人戦だったが、通常回の「少年忍者 サイズアップチャレンジ」は全員で協力してクリアを目指すゲーム。ヴァサイェガ、深田、黒田、檜山に加えて、小田将聖、瀧陽次朗、田村海琉も参加している。

 概要欄に「今回は7人で力を合わせて左隣の人よりサイズアップをしていく『サイズアップゲーム』に挑戦しました。(以前Snow Manさんもやってました!)最初の文字だけ決まったワードを順番にサイズアップ!お互いの気持ちを読みながらのはずが…意外と難しかったです」と記載があるが、おそらくこれはSnow Manの動画「『サイズアップせよ!?』佐久間と勝利、どっちが大きい?」(同1日公開)を指しているのだろう。

 念のために付け加えておくと、少年忍者の動画にはSnow Manメンバーは登場していない。“釣りタイトル”の効果もむなしく、再生回数は8万台と1ケタで留まっている。なお、1本目のしまむらロケは11万台を記録していた(7月1日時点)。