• Sat. Aug 13th, 2022

Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、4年間共演しても「打ち解けなかった」女性を告白!

 Hey!Say!JUMPの冠バラエティ番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)。7月23日放送回には、プロフィギュアスケーターの村上佳菜子がゲスト登場した。

 冒頭では、伊野尾慧と村上が昨年3月に最終回を迎えたトークバラエティ番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、約4年間共演していたことが話題に。当時を振り返り、村上は「伊野尾さんは最後まで不思議でした。みんなで盛り上がって笑っている時に、一点を見つめてぼーっとしていたりとかしていて……」と告白。

 さらに「よく久本(雅美)さんとかに“目を開けたまま寝てるんじゃないか”って言われていました」と続けると、伊野尾は村上との関係について、「4年間一緒にいたらね、やっぱり打ち解けるかなって思っていたけど、意外とそこまで打ち解けなかった」とぶっちゃけ、笑いを誘っていた。

 そんな中、今回もゲストをテーマにしたオリジナルバトルで対決する恒例企画「gスポーツ」を実施。伊野尾チーム(伊野尾、薮宏太)と知念チーム(知念侑李、高木雄也、中島裕翔)に分かれて対決した。

 第1試合は、かき氷を食べながら単語を記憶する「キーン憶力対決」。薮と高木が対決し、薮が勝利したため、伊野尾チームが1ポイントを獲得。続く第2試合の「アースティックフィギュアスナップ対決」は、伊野尾、薮、知念、中島がフィギュアスケートの衣装に着替え、“回転ジャンプ”をすることに。その姿を写真で撮影し、村上が“一番いい写真”を選ぶという内容だ。

 写真をチェックする中、知念の写真は漫画『おそ松くん』(小学館)の登場人物・イヤミがする“シェーのポーズ”をしながら、しっかりカメラ目線をしているというもの。この写真は、進行役の有岡大貴のツボに入ったようで、「長く見てれば見てるほど面白い」と涙を流しながら大笑い。「ちょっと1回写真消してください」とスタッフにお願いするほどで、「俺マジ、今年イチ笑ったよ。この収録で」と漏らしていた。

 なお、村上が選んだのも知念の写真で、知念チームに1ポイントが入った。同点となったところで、最終試合に突入。

 第3試合は、村上が小さい頃から自分で試合用メイクをしているということで、メイクの速さと正確さを競う「いただき3分メイキング対決」を実施。中島が「俺らもデビューして間もない頃は、自分たちでメイクしてた」と切り出すと、「伊野尾ちゃんからファンデーションもらった」(薮)「僕はヘアアイロン係だったので、ヘアアイロンを……」(有岡)と、メンバーが口々に当時の思い出を語った。

 そんな中、薮は「裕翔のドライヤーを俺たちが勝手に使ったら怒る」と、中島はメンバーにドライヤーを貸さなかったと暴露。中島は「そう、怒るから」と、笑顔で認めていたのだった。なお、この試合は薮が勝利し、今回は伊野尾チームの勝利となった。

 この放送にネット上では、「知念くんの“シェー”にツボる有岡くん最高。私も泣き笑いした」「有岡くんが涙出るほど笑ってるところ、初めて見たかも(笑)」「今年で結成15周年のHey!Say!JUMP、本当にみんなが楽しそうすぎて大好き!」などのコメントが寄せられていた。