• Wed. Aug 10th, 2022

なにわ男子・藤原丈一郎、オリックスファン代表で登場も中居正広からアドバイス「難しい絡みだったな」

 7月23日に放送された、中居正広が司会を務める『中居正広のプロ野球魂2022 ~快挙だらけ! オールスターも激アツだSP~』(テレビ朝日系)。なにわ男子・藤原丈一郎が、前回に引き続きオリックス・バファローズファン代表として、さらにジャニーズJr.内ユニット美 少年の那須雄登が読売ジャイアンツファンとして初出演した。

 この番組は、応援する球団の成績が下位になるほど、司会の中居から席が遠くなるシステム。前回放送時には、2021年シーズンにオリックスが25年ぶりのパ・リーグ優勝を決めたため、中居の近くに座っていた藤原だが、今シーズン収録時点でのオリックスは5位。

 中居から早々に「オリックス早かったですねえ」と下位転落をいじられると、「中居さん、聞こえないです!」「僕は1位の耳してたんで!」と席が遠くて聞こえないと返答。前回は1位だったものの、その前の収録でも下位だったため、中居から「またそっち? 引越しが大変だなあ」とさらにイジられ、「なんだかんだ、こっち(下位の席)が落ち着きますわ」と応戦。ほかの出演者から「ダメだろ!」とツッコまれていた。

 史上最年少で完全試合という快挙を達成した弱冠20歳の千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手の話題の際、中居からコメントを求められた藤原は、佐々木について絶賛した後、「佐々木朗希さんと松川(虎生)さんなんか、最近まで高校生やったわけじゃないですか! 松川くんの何がいいかって、ハーフスイング(の判定確認)する時にこうするんです」と、佐々木とバッテリーを組むキャッチャー松川について言及。

 そして、松川が手を塁審のほうへ紳士的に向けるという特徴をマネすると、実際のVTRを実際に見た中居は「ちょっと好感持てる感じするよね」とコメント。藤原も「オリックスファンとしても松川くんがこうやった時に、よかった! かわいらしいなって!」と喜んでいた。

 また、藤原がオリックスファンになったきっかけといえば、オリックス独自のイベント「じゃがいもデー」が知られている。じゃがいもデーとは、じゃがいもを持参すればチケットが割引になるというもので、今年これが復活すると知った藤原は歓喜。中居から「じゃがいもデーはやっぱ、オリックスファンの人たちはみんなの共通の思い出なの?」と聞かれ、「僕の思い出です!」ときっぱり言い切り、笑わせていた。

 なお、前回出演した横浜DeNAベイスターズファンのHiHi Jets・高橋優斗は、今回スケジュールの都合でVTR出演となった。その内容は、藤原の仕事現場に突然、高橋が現れてテンション高く絡むというもの。前回出演時に話題になった、高橋が選ぶベイスターズの先発ローテーションを披露し、藤原も盛り上げていたものの、なんとも微妙な仕上がりに。VTR明け、中居は藤原へ「難しい絡みだったな」と一言。さらに「こういうのが積み重ねだ」と、アドバイスを受けていたのだった。

 この日の放送にネットでは、野球ファンからも「なにわ男子の藤原くん、ガチガチのオリックスファンってことでなんとなく知ってたけどめちゃくちゃおもしろい」「藤原丈一郎は野球トークしてるときがいい」といった声が寄せられ、今後もますます野球関連の仕事が増えそうな藤原だ。