• Tue. Sep 27th, 2022

古川雄輝「もっと考えなければ」 猫や犬の飼育放棄問題に言及

ByAdmin

Sep 1, 2022

犬や猫のペット情報メディア いぬねこ+より】

 俳優の古川雄輝が、主演映画『劇場版 ねこ物件』の公開に際して「Yahoo!ニュース」のインタビュー記事に登場。猫や犬といったペットの飼育放棄問題について言及しています。

 『劇場版 ねこ物件』は、古川演じる猫付きシェアハウスのオーナーと、同居人たちの交流を描いた物語。古川自身も猫好きで、アメリカンショートヘアの「ルーク」と、元野良猫の「ステラ」の2匹と暮らしています。

 本作品には複数の猫ちゃんが出演していますが、古川雄輝は猫たちの気持ちを考えストレスを与えないように気を遣っていたといいます。

 そんな古川にインタビュアーが「猫の気持ちを第一に優先するということですね」と返すと、古川は「この映画の舞台挨拶でも、猫に登場してもらうじゃないですか。毎回『ごめんね』と話しかけています。猫はカメラのフラッシュや音にも敏感です。猫側の気持ちに立つと、きっとその場にはいたくないはず」と回答。

 仕事上しょうがない面はありつつも、なるべく動物に負担をかけず、自由にしてあげたいという思いが強いよう……

続きをいぬねこ+で読む