• Tue. Sep 27th, 2022

『六本木クラス』香川照之が降板だと、「韓国サイドに莫大な違約金」? テレ朝が放送継続のワケ

 過去の“性加害”が発覚し、その影響で次々と仕事を失っている香川照之。現状、テレビ朝日系の連続ドラマ『六本木クラス』だけは出演中だが、同ドラマに関しては、業界内で「たとえ香川が逮捕されたとしても、途中降板とはならなかったかも」と言われているという。

 香川をめぐっては、8月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、2019年7月に東京・銀座の高級クラブでホステスに性加害を行っていたとスクープ。同誌は9月1日発売号でも、香川が笑いながら同店のママの髪を鷲掴みにしている写真を公開するという“追撃”を行い、同日発売の「週刊文春」(文藝春秋)も、香川が18年1月期の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』(TBS系)の懇親会で、女性スタッフを殴っていたことなどを報じた。

「これまで人気俳優としてドラマや映画、CMに多数出演していた香川。しかし今回、過去の問題行動が明るみに出たことで、出演CMが続々打ち切られ、金曜MCを務めていた情報番組『THE TIME,』(TBS系)も出演取り止めに。なお、香川はTBSが10月期の『日曜劇場』枠で放送する山崎賢人主演ドラマ『アトムの童』にもキャスティングされていたそうですが、情報解禁前だったこともあり、水面下で降板の運びとなったようです」(芸能プロ関係者)

 一方、現在『六本木クラス』を放送中のテレビ朝日は、今月1日に「香川さんの被害者女性に対する行為はあってはならないこと」としながらも、「総合的に判断して番組の収録・放送を継続することにしています」と表明した。

「竹内涼真が主演を務める『六本木クラス』は、韓国ドラマ『梨泰院クラス』(Netflix)の日本リメーク版。香川が演じている長屋ホールディングス会長・長屋茂は、竹内扮する主人公・宮部新の“宿敵”で、同作の重要な役どころといえるでしょう。テレビ朝日が『番組の収録・放送を継続する』と発表した1日の夜、『六本木クラス』は第9話をオンエア。全13話の放送予定のうち残り4話とあって、香川の役どころ的にも今さら代役を使うのが難しいのはわかります。ただ、同ドラマには“香川を降板させたくてもさせられない事情”もあり、それが今回の決断に影響しているようです」(スポーツ紙デスク)

 それは、『六本木クラス』が日本の一般的なドラマとは勝手が異なる、韓国ドラマのリメーク作だからだという。

「韓国の作品をリメークする際は、現地の制作サイドと複雑な契約を交わすのですが、『六本木クラス』も脚本の内容や放送回数に関して、実に多くの条件があり、その中には“キャスト変更NG”という項目も。違反すれば、テレビ朝日は韓国サイドに莫大な違約金を支払わなければならないため、香川の途中降板だけはどうしても避けたいようです」(同)

 また、最近のドラマは、視聴率低迷で話数短縮を行った際、マスコミに「打ち切り」と騒がれないよう、あらかじめ放送回数をオープンにしないケースが増えているという。しかし、「『六本木クラス』は放送前から1クールドラマでは異例のボリュームとなる全13話と公表していた。これも契約上、視聴率が多少悪くても、“完走”が必須だったからとみられます。こうした厳しい条件下では、たとえ香川が逮捕されても、放送を継続したかもしれません」(同)とのこと。

「テレビ朝日も、香川の降板やドラマの打ち切りに関し、“判断を迷っている”といった報道もありましたが、韓国サイドとの契約上、“判断できなかった”というのが実情のようです」(同)

 自業自得ながら、香川にとっては『六本木クラス』が地上波“最後の花道”となりそう。皮肉な結果ではあるものの、その姿を見届けようと、最終回にかけて視聴率はうなぎのぼりとなるかもしれない。