• Sun. Nov 27th, 2022

YouTube「プリ姫」泥沼訴訟騒動に新展開! 「ひめちゃんおうくんが望めば」ママの復帰提案に疑問の声

 チャンネル登録者数176万人を誇るキッズ向けYouTubeチャンネル「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV」(以下、「プリ姫」)に出演する“パパ”と離婚していたことが発覚した“ママ”。7月には、新たな3人の子どもと新チャンネルを立ち上げ再始動したが、ネット上では「『プリ姫』に戻りたいのでは?」とささやかれているようだ。

 「プリ姫」は現在16歳の娘・ひめちゃん、10歳の息子・おうくん、パパ、ママによる家族チャンネルとして2013年に開設。しかし、今年6月18日付のニュースサイト「smartFLASH」は、18年にパパとママが実は離婚していたことや、パパが「プリ姫」の元出演者である“もとちゃん”こと大河内基樹氏とママを相手取り、550万円の損害賠償を求めて提訴中であることを報じていた。

「ママ側は、パパがひめちゃんの出産費用を使い込んでしまったことから“夫婦関係が完全に破綻していた”と主張したほか、自身のチャンネル『プリマ2』で、パパから受けたというDVの内容を詳細に明かし、涙を流していました。これに対し、パパは出産費用の使い込みなどを真っ向から否定。元夫婦は泥仕合を繰り広げることになりました」(芸能記者)

 さらに、ママはパートナーである大河内氏との間に男女の双子のシンくんとアンちゃん、末っ子のゼンくんを出産していたことを報告。7月23日には、「プリマ2」にこの子どもたちを登場させ、家族チャンネルとして運営していくと発表した。

 新たな子どもたちと再始動し、現在まで連日のように動画をアップしているママだが、今月3日、Twitterに突如「ひめちゃんおうくんが望めば 楽しくありのままを見せられるなら ひめちゃん・おうくん・パパ・ママの動画をまた始めても私は良いと思っています!」と投稿。続けて「そういう声も結構ありましたので、私の考えを書きました。パパとは2人の親として接していければと。皆さんはどう思います?」とつづっている。

 そんなママの提案に対し、ネット上では「4人での動画をまた見たいです」「いいと思いますよ!」と肯定的な声が寄せられる一方、「あんなに暴露したのに、また4人でとか。ひめちゃんやおうくんのOKが出たとしても、パパが相当やりづらいだろうと思います」「プリ姫ママさん、パパとまた動画撮りたいって言ってるけど本気なの? 3人の子どもと、もとちゃんは?」と疑問視する声も多い。

「あれだけパパに攻撃的だったママが、なぜ突然このようなツイートをしたかは不明ですが、『プリマ2』のチャンネル登録者数は4万人弱と、『プリ姫』には到底及ばない。最近は再生数も減少傾向にあり、ネット上では『なんだかんだいって、有名な「プリ姫」に戻りたいのかな』『新チャンネルだけでは物足りなくなった?』と臆測する声も上がっています」(同)

 ここにきて、パパへの歩み寄りを見せているママ。「プリ姫」にママが復帰する日は来るのだろうか。