• Fri. Dec 2nd, 2022

山田涼介『親愛なる僕へ殺意をこめて』TVer再生数は絶好調も……「死ね!」拷問シーン含むCMに苦情

 Hey!Say!JUMP・山田涼介が主演を務める連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系/水曜午後10時~)の第3話が10月19日に放送され、世帯平均視聴率3.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。第2話の3.5%から微増した。

 同名コミックを原作とした同作は、連続殺人事件の容疑者という父親を持つ二重人格の主人公・浦島エイジが、猟奇的な殺人事件に自身が関わっているのではないかと苦悩するサスペンス。初回から拷問や自殺のシーンがリアルに描かれ、視聴者の間では「ワクワクする。午後10時台にしては攻めてるね」「悪趣味で見てられない」などと賛否を呼んでいる。

「世帯平均視聴率は第1話が4.5%、第2話が3.5%と惨敗しているものの、民放公式テレビ配信サービス『TVer』のドラマ再生数の週間ランキングでは、同局『silent』に続く2位(10~16日集計)と絶好調。今期のフジテレビは、ドラマの見逃し配信でかなり数字を稼いでいるようです」(テレビ誌記者)

 第3話では、エイジが半グレ集団のリーダー・佐井社(尾上松也)によってイスに拘束され、顔に布と液体をかけられ「どうだ、呼吸できないだろ」と苦しめられるシーンが描かれた。

 加えて、エイジを紐で吊るし上げた佐井が「この“吊るし責め”を前にした罪人たちの中には、自殺する人間も多かったらしい」「死んだほうがマシだからだー。はっはっはっはっ」と大笑いする場面や、「死ぬかしゃべるか、好きなほうを選べ」と言いながら、エイジの首を絞めるシーンなどもあった。

「初回放送後、ネット上では『残酷すぎて、早々に脱落した』『10分で見るのやめた』といった“脱落報告”が目立ちましたが、今となっては視聴者がふるいにかけられようで、拷問シーンでの山田の演技を褒める声や、刺激を楽しむ視聴者の割合が増えている印象を受けます」(同)

 そんな中、同ドラマのCMに拷問シーンが含まれていることを疑問視する人は多く、「子どもがCMを見て硬直してた」「『死ね!』ってセリフを出すのやめてほしい」といった声が見られる。

「CMは突然流れるため、残酷さに苦情が相次いでいる模様。特に、子育て中の母親は、短い時間ではあるものの、子どもに残酷描写を見せてしまったことにショックを受けているようです。さらに、『CMを見ると気持ち悪くなるから』という理由で、フジテレビをつけないようにしていると報告する人も……。少なからず、一部視聴者の“フジ離れ”を引き起こしているのは間違いないでしょう」(同)

 同ドラマのCMがいつ流れるかと不安を募らせる一部視聴者たち。残酷シーンに関しては、放送倫理・番組向上機構(BPO)の青少年委員会が「視聴者に『見る』『見ない』を選択するための情報を(事前に)示すことが公共性の点から必要」と配慮を促しているだけに、フジに対応を求めたいところだ。