• Fri. Dec 2nd, 2022

辻希美の“二刀流ママタレ戦略”――豪華ホームパーティー開催、でも「風呂水は2日変えない」発言

 元モーニング娘。の辻希美が10月26日、自身のブログを更新。「お風呂にお湯を溜めたら2日間はそのまま使う」と明かし、ネット上で賛否を呼んでいる。

 辻はこの日、「我が家は寒くなると湯船を溜めるのですが 湯船はこのフロ水ワンダーを入れて2日間はそのまま使います!!」と、風呂水清浄剤を利用して2日間はお風呂のお湯を入れ替えないとしつつ、「賛否両論あると思いますが… 私はその湯船のお湯で洗濯をします」とも説明。

 その上で、「変な所ケチ??なのかもしれませんが… 我が家は洗濯の回数も多いし、こうゆう所で少しずつ節約しないと光熱費がヤバイんですよ」と倹約家な一面を見せた。

「4人の子どもを育てる辻の節約術について、ネット上では『最近、光熱費上がってるもんね』『私も洗濯に再利用してるよ』と共感する声が上がる一方、『2日も同じお湯使ってるの?』『え、大丈夫ですか……?』と驚く声も。加えて、普段のブログで豪華な暮らしぶりを明かしている辻だけに、『今さらそんな節約アピールされても……』と違和感を覚える人も多いようです」(芸能ライター)

 辻といえば、今年3月に新築の新居へ引っ越したことをSNSやYouTubeで報告。以降、自宅のテラスでホームパーティーを開催する様子などを公開していた。

 パーティーの参加メンバーでジュエリーブランド「AHKAH」取締役の福王寺彩野は、10月10日のインスタグラム投稿で「30人近くいても余裕でプールや滑り台も出せる」「お庭や屋上もあるし、もちろんお家の中も広くて快適すぎる空間」と明かしており、かなりの豪邸であることがうかがえる。

「辻は同18日のブログで『完全なる公園化計画』とつづり、巨大なネットを1階と2階の吹き抜け部分に張る様子を公開。ネットの上に子どもたちが寝転びながら、プロジェクターで投影した映像を楽しむ写真もアップしており、もはやちょっとしたアミューズメント施設のよう。一方で、YouTubeでは『イオン』や『業務スーパー』といった庶民派スーパーでの買い物動画を公開しており、値引きシールが貼られた商品も購入するなど、多くのママ世代から『親近感がわく』という声も上がっています」(同)

 昨年1月7日配信の情報サイト「with online」の連載では、中学生の長女はおこづかい制で、お金がなくなっても追加で渡すことはないとしつつ、「そうやって使えるお金の範囲でやりくりすることを、身をもって覚えてほしいなあと思っています」と、きちんとお金の教育をしていると明かしていた辻。豪勢な自宅を披露する一方で、倹約家であることをアピールし、ママから羨望を集めつつ、親近感も抱かせる――これぞ辻の二刀流ママタレ戦略といえるのかもしれない。