• Fri. Dec 2nd, 2022

なにわ男子・道枝駿佑、「給料いくら?」の質問に対する回答が「さすがアイドル」と反響

 なにわ男子が出演する、価値観アップデートバラエティ『まだアプデしてないの?』(テレビ朝日系)。10月29日放送回は、「うまく対応しないと消えちゃうぞ! 芸能界あるあるクエスト」後半戦の模様がオンエアされた。

 芸能活動を行う上でよく遭遇するシチュエーションをうまく切り抜けられるかどうか、対応力が試されるこの企画。なにわ男子は、番組MCのニューヨーク率いる、ネルソンズ・和田まんじゅう、井上咲楽による芸人チームと、さまざまな状況に置かれた際の立ち居振る舞いを実演して対決。うまく対応できているかを、芸歴33年の島崎和歌子が100点満点で厳しくジャッジした。

 なにわ男子チーム440点、芸人チームが310点で迎えた後半戦。まずは、「打ち合わせ中、ディレクターが自分の名前を微妙に間違えている。どう対応する?」というお題に、各チームから2名ずつ挑戦。長尾謙杜、大橋和也、和田、ニューヨーク・屋敷裕政の4人が別スタジオに移動し、それぞれ回答を披露することに。間違いを訂正しつつ相手にしっかり名前を覚えてもらうことがジャッジのポイントとなる。

 なお、なにわ男子は実際に名前を間違えられることが多々ある様子。大西流星は大橋と同じく「大」からはじまる名字のため、初対面のスタッフから「大橋さん」と呼び間違えられた経験があるそうだ。しかし、そこで「違います!」と訂正すると場の空気を乱してしまうことから、どう返せばいいのかわからず、いまだに困っているとか。

 対して、「よく大西と間違えられる」「ほんまに僕がいつもやっているやつをしたい」と意気込んだ大橋は、打ち合わせ中は名前を訂正せず、最後に「僕、自己紹介ギャグあるんで、ちょっとやってみていいですか?」と提案。

 そして、「どうも、プリン食べ過ぎてお尻プリンプリン。なにわ男子リーダーの大橋和也です!」という自己紹介ギャグをして自然に名前を伝え、謝罪するディレクターには「全然大丈夫ですよ、よく間違えられるんで」とフォローの言葉をかけた。続けて、「僕、この番組めちゃくちゃ出たかったんで、すごいうれしいです。本番よろしくお願いします!」と元気よくあいさつし、見事「100点」をゲット。

 ちなみに過去、大橋と番組で共演したことがある井上は、マイクチェックの際に自己紹介ギャグをしている大橋の姿を目撃したことがあると暴露。しかし、現場スタッフは戸惑い気味だったといい、大橋は「そんな感じだったんですか!?」とややダメージを受けていた。

 もう一人の挑戦者である長尾は、ディレクターとの会話の途中で「ケントナガオは~」と業界人が使う“逆さ言葉”のように名字と名前の順番を入れ替えつつフルネームを口に。島崎は「なるほど~」と感心し、大橋同様「100点」の高評価をつけた。

 一方、芸人チームは屋敷が100点満点となったものの、和田が40点と足を引っ張り、なにわ男子が200点の大幅リード。

 そんな中、スタジオではニューヨーク・嶋佐和也が、テレビ出演が増えると「MCから給料いくらもらってるの?」と聞かれて返答に困るという“芸人あるある”を告白。島崎いわく、本当のことを言うと場が冷めるため「車に例える」といいと語ったが、「みっちーが聞かれたらどうする?」と屋敷から話を振られた道枝駿佑は、とっさに「僕がファンの皆さんを想う気持ちくらいですね」と回答。うまく答えたかのように思えたが、嶋佐や島崎からは「めちゃくちゃもらってるやん!」「億だよ、億!」とツッコまれていた。

 また、高橋恭平は「俺が俺でいられるくらい」と回答。「ちょっと意味不明なことを混ぜておけば、(その場から)逃げられる」という思惑があることを明かしたものの、島崎は「あなたは本当に天然だから、(うまい例えが)わからないんだろうね」とバッサリ切り捨てられていたのだった。

 その後は、「あまり得意ではない相手にご飯に誘われたらどう対応する?」とのお題に大西、高橋、井上、和田の4人が挑戦。

 大西は「もうすぐMV撮影があって……」と、大事な仕事のために体を絞っていることを理由に誘いを断り、90点を獲得。続く高橋は、「めちゃめちゃ人見知りなんです」と食事を断るも、なぜか「ご飯行く前に、一旦サウナ挟みません?」と自らサウナに誘い出す始末。スタジオで様子を見守っていた西畑大吾は、「サウナのほうがレベル高くない?」と疑問を投げかけた。

 どれだけ苦手な人でも、サウナならではの近い距離感で「熱いな~」などと裸で語り合えば仲良くなれると熱弁する高橋だったが、島崎は「彼は何を言ってるの?」と困惑。西畑が「(食事をするより)サウナ(に入るくらい)の距離のほうが心地良いと言ってます」と通訳するも、結果は20点という低評価に終わった。

 とはいえ、芸人チームは井上が80点、和田は20点となり、最終得点はなにわ男子チーム750点対芸人チーム465点で、なにわ男子チームが圧勝。

 ネット上では、「大橋くん、マイクチェック中も自己紹介してるんだ(笑)」「みっちーの年収ハンパないね」「さすがアイドル」「回答が完璧」「サウナ行ったら仲良くなれるかもっていう恭平のポジティブ志向好き!」「ご飯だと会話続かないと気まずいもんね」などの反響が集まっていた。