• Fri. Dec 9th, 2022

Aぇ! group・末澤のスカートめくりが物議醸す! 美 少年・佐藤はドラマ初キスシーンのお相手にブチギレ【Jr.チャンネル週報】

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、10月27日~11月2日公開の動画をチェックします!

Aぇ! group・末澤のスカートめくりが物議醸す

 11月1日に公開されたAぇ! groupの動画では、国公立大学を卒業している福本大晴が進行役を担当。「Aぇ! group【福本学級】簡単に世の中学んでいこう!」(同)として、仲間由紀恵が「ヤンクミ」と呼ばれる熱血教師を演じたドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)を意識しているのか、福本は“福本たいくみ”として先生役を務めている。ほかの4人は制服姿で、女子生徒ポジションの佐野晶哉(まさ子)のみセーラー服を着用しているが、とあるシーンが一部ファンの間で物議を醸している。

 今回の授業テーマは「SDGs」(持続可能な開発目標)で、2チームに分かれて「自由にろ過対決」を行うとのこと。スタッフが用意した日用品の中から必要そうなものをチョイスし、ろか装置を自分たちで作り出していく。

 組み合わせは、草間リチャード敬太・小島健・末澤誠也によるAチームと、佐野&正門良規のBチーム。Aチームに続いて、Bチームの2人が材料を選んでいたところ、何かを思いついた様子の末澤がひっそりと佐野に近づいた(6分56秒頃~)。

 その瞬間、末澤にスカートをめくられた“まさ子”は「アァァァァン!」と絶叫。「先生、誠也がめくってきました!」と訴えたものの、すぐに2度目の被害に遭ってしまった。スカートの内部は佐野の画像で隠されていたが、目の前で見た草間は「思ってる以上に恐ろしい光景やったで」とツッコんだ。

 また、問題のシーンはもう一つ。Aチームが、ろ過装置用にデニムを確保したため、佐野は「ジーパン欲しいな……。一部分でもええから欲しい。後ろポケットだけちょうだい」と主張。そして、佐野は小島が穿いていたデニムの後ろポケットを勢いよく引っ張り、ごっそりと生地を剥ぎ取っていた。

 思いのほか怪力だった“まさ子”に対し、メンバーは大爆笑。テロップで、スタッフは「ただの男子校」とあきれている様子だったが……。

Aぇ! group・末澤の行為について、スタッフの判断を問うコメントも

 主にスカートめくりのシーンについて、SNS上のファンは「末澤がスカートめくりしてて、本当に嫌だった。それは性犯罪だよ」「スカートめくりを面白がるのはどうかと思う」「女装したメンバーのスカートをめくるのは全然笑えないし、最悪」「男同士だし、学校コント風の企画だから許されると思ってるの? タレントも事務所もよく考えて」と不快感をあらわに。

 さらには「SDGsについて勉強するなら、ジェンダー教育もきちんと受けるべきでは?」と厳しい指摘が上がり、「スカートめくりを面白いと思うスタッフのセンスがキツい。メンバーもそのあたりの考え方をアップデートしてほしい」「スカートめくりの件は、メンバーの関係性があるからOKという問題じゃない。こうした行為にリスクを感じられないスタッフにも問題がある」と編集サイドの判断を問うコメントも見受けられた。

 ただ、動画のコメント欄は当該シーンへのダメ出しよりも、好意的な感想が多く寄せられている。4日時点でスカートめくりの部分はカットされていないため、おそらくこのまま動画を公開し続けるつもりなのだろう。せめて、メンバーとスタッフは視聴者のシビアな意見から目を背けず、心に留めておいてほしいものだ。

 良くも悪くも、再生回数は42万台とかなり伸びていた(4日時点)。

 10月29日の動画は「美 少年【画力が爆発!】お絵描きゲーム」(再生回数は11月4日時点で13万台)。今回は「テーマでお絵描きクイズ」として、メンバーそれぞれがお題に合わせて絵を描くという企画にチャレンジしている。

 なお、オープニングでは視聴者からの質問に回答。7月期の美 少年出演ドラマ『トモダチゲームR4』(テレビ朝日系)に関して、「自分が演じた役で特に印象に残っているセリフはありますか?」とのメッセージを受け、藤井直樹や浮所飛貴らが好きなセリフを振り返っていった。

 そんな中、佐藤龍我は「キスシーンだな。セリフっていうより。俺の初キスシーンがまぁ……キレイな女優さんとかかな? と思ってたら、浮所でした!」と、話題になった“友人同士”の衝撃場面に言及。浮所が「あざぁ~っす!」と笑顔を見せる一方、佐藤は「初キスシーン返せ~! 返せ、俺のキスシーン!」とマジックペンやスケッチブックを机に叩いてブチギレていた。

 そんな中、岩崎大昇が「ファンの方は安心だからね」と言うと、那須雄登は「これからもじゃあ、2人でキスシーン頑張って」と悪ノリ。佐藤が「なんでやねん!」と反発する横で、浮所は「頑張ろうね」と優しく声をかけていた。

 なお、その浮所は途中で「金指(一世)くん、マイクが真下に向いてる」と気づき、隣に座る金指のマイクを調整。浮所といえば、父親がテレビの音声の仕事をしていることを公表済みだが、テロップにて「音声サラブレッド浮所がいつもこのようにマイクを直してくれます」とプチ情報を伝えていた。

 11月2日の動画は「少年忍者【初出しマル秘 トーク連発】僕らが考えたジャニーズランキングベスト3」(再生回数は4日時点で13万台)。出演メンバーは安嶋秀生、ヴァサイェガ渉、織山尚大、鈴木悠仁、豊田陸人、深田竜生の6人。

 冒頭で織山は「お前、遅刻したよな!」と深田に指摘。深田が「ごめんなさい! 本当にすいません!」と頭を下げ、「本当起きれなかったです、今日……」と“ガチ寝坊”したことを明かしたが、ペナルティとして、私服の白いタンクトップに落書きされるという罰ゲームを受けていた。

 一方、この日の企画はテーマに沿った「ジャニーズランキングベスト3」を発表するというもの。最初のお題は「ジャニーズコンサート」で、6人がNo.1~3までさまざまなコンサートのタイトルを記入した。

 なお、『King & Prince First Concert Tour 2018』を1位に選んだ深田は、「僕が(ジャニーズ事務所に)入って初めてアリーナとかに立たせてもらった時の。エグかったんですよ、歓声の。地響きみたいな。スゴいなってなって、そこでめちゃくちゃ鳥肌立っちゃって」「あれはもう本当に忘れられない。ずっとたぶん、ずっと1位かもしれない、今後も」と話していた。

 こうして、バックダンサーを務めたコンサートの思い出を語ったほか、残る面々はJr.内ユニット・HiHi Jets、美 少年、Lil かんさいの公演に刺激を受けたと明かす場面も。

 そんな中、『V6 live tour 2011 Sexy.Honey.Bunny!』を2位に置いたのが安嶋。この時、ジャニー喜多川前社長がJr.に「V6のコンサートあるから行っちゃいなよ!」と声をかけ、会場に連れて行ってくれたとか。すると、MCタイムでV6メンバーが「見学来てる子で一番ちっちゃいの誰?」と尋ねてきたという。

 安嶋は「当時、俺が一番最年少だったのよ。で、その時に『ちょっとお願いごとがあるんだけど』ってV6さんに言われて、『リーダー(坂本昌行)のことパパって言ってくれない?』って。え!? ってなるじゃん。急に。マイクとかもちゃんと持ったことなくて。震えながら『パ、パパ……』って言って」と回顧。「(当時の自分は)9歳とかなんだけど、リーダーに『パパ』って言ったのが本当に鮮明に残っている」と振り返っていた。

 続いてヴァサイェガも、大先輩・SMAPのコンサートについてトーク。入所1年目で『GIFT of SMAP CONCERT'2012』に参加した彼は「全部、ドームクラスなわけよ。まずそれに出れる時点でもうエグいことじゃん。本当にマジで貴重な経験したなって」としみじみ。非売品のツアーTシャツも持っているそうで、現物を目にした織山は「あれヤバい。俺、マジで羨ましい。あれ欲しいもん。めっちゃカッコいい」と、かねてよりあこがれを抱いていたようだ。

 さらに、ヴァサイェガは「あのコンサートがあったから、自分がどういうコンサートをやりたいとかの軸になってんの、それがもう。だから本当に、そういう今の俺のやりたい構想とかは結構、SMAPさんが作ってくれたなっていう……。だからやっぱり1位かな」とキッパリ宣言。鈴木も「異次元にカッコいい」と共感している様子だった。

 第2問は「あこがれのジャニーズダンサー」で、ここでは織山がKing&Prince・高橋海人との交流エピソードを告白。「1回僕、海人くんの家でダンスを教えてもらったことがある。めちゃくちゃ教え方、うまいんですよ」「海人くんのスゴさをそこで知ったというか。本当にスゴい努力があってのあのダンスなんですよ」などと崇めていたのだった。

 10月28日に更新されたのは「7 MEN 侍【地味ハロウィーン】皆さんなら何の仮装か…わかるはず!」(再生回数は11月4日時点で14万台)。今回は、メンバーそれぞれが自前で衣装を用意して“地味な仮装”を披露する「地味ハロウィーン2022」を行っている。昨年10月29日配信の「【地味ハロウィン】何の仮装かわかりますか?」での優勝者は菅田琳寧だったが、今年は一体どんなコスプレを見せてくれるのか……?

 変身前、トップバッターの中村嶺亜は「去年はコンビニ前にたむろしてるギャルというかヤンキーをやったんですけど。今年はちょっと僕たちの仕事に近しいと言いますか。メンバーはもちろん、舞台とかステージの仕事をしている方だったら共感できるんじゃないかな」とコメント。

 黒を基調とした服に黒キャップ&黒マスクとシックな装いで登場すると、矢花黎は「ライブのTシャツじゃないですか?」と反応。本高克樹も「これドリボ(舞台『DREAM BOYS』)じゃないですか?」と“ジャニーズ関係者しか持っていない洋服”ではないかと指摘した。中村は「ステージから見る帝国劇場舞台袖」を表現したそうで、今野大輝は「うわぁ、いいね。いいとこいったな」と感心していた。

 この時、矢花は顔を手で覆いながら「うわ~」とリアクション。なんと実は、中村とテーマがほぼ被ってしまったといい、着替え中に「トラブルっていうか、本当ビックリした」「ドキュメンタリーですよ、ここからは。人は収録中の20分間で別の地味ハロウィーン、何が思いつくか」と自身を煽っていた。

 矢花の苦肉の策や、「勝てねぇよ」とまで言われたあるメンバーの仮装は、ぜひ今動画でチェックしてほしい。

 10月27日の動画は「Travis Japan【大事なお知らせ】明日デビューなので…」(再生回数は11月4日時点で29万台)。タイトルにもある通り、Travis Japanは翌28日に「JUST DANCE!」の全世界配信リリースをもって、デビュー組の仲間入りを果たした。

 冒頭は別撮りの映像からスタートし、宮近海斗が「(YouTubeの)単独チャンネルというものを作らせていただいた」と報告。「SixTONES、Snow Man、なにわ男子と『Jr.チャンネル』から卒業して単独チャンネルって形なんですが、今回特殊で。単独チャンネルがある状態で『Jr.チャンネル』にもいるという。卒業が絶対来るはずなんですけど、その卒業というのがですね、約1カ月伸ばして。11月いっぱいまで『Jr.チャンネル』をやらせていただいて」と説明した。

 最後の配信は11月24日になるそうで、「スペシャルな動画をお送りしたい」とのこと。メンバーは「それまでお世話になります」(宮近)「お邪魔します!」(松田元太)「いさせてください」(七五三掛龍也)と恐縮気味にあいさつした。

 さらに、宮近は「僕らなりに話し合って。で、提案させていただいて。特大のをみんなで考えて、これから準備するので。ちょっと、楽しみに待っててください!」と予告。過去には卒業旅行に出かけたグループもいただけに、Travis Japanの場合はどのような内容になるのか、今後の展開が楽しみだ。

 一方、動画の本編は、ハロウィーン企画。1人50ドルの予算をもとに、スーパーで仮装グッズ・コスチュームを購入。その名もホットドッくん、ロブスター大魔神、ピグ太郎(夢に出てきそうなくらい目が怖い)、森の精……など個性豊かな姿で登場していたのだった。

 なお、冒頭の発表シーンを受けて、Jr.ファンの間では早くも後任に関する予想が飛び交っている。中でも有力視されているのは、2020年結成の7人組ユニット・IMPACTorsだ。一部で「トラジャは11月まで『Jr.チャンネル』にいるのね! 12月からはIMPACTorsかな?」「トラジャは11月いっぱいか~。空いた枠にインパクちゃんがきたらいいな~」「トラジャが卒業したら、次はインパクちゃんだよね! 気が早いけど12月から楽しみ~」と期待の声が上がっていた。

 HiHi Jetsの動画は、通常回の「【徳島グルメ】究極の2択推理戦!!」(10月30日)と、カネボウ化粧品 コフレドールのプロモーション「【スイカって浮く浮かない…】水に浮く食材ってわかる?」(31日)の2本が配信されている。

 1本目は、9月末の配信回から始まった「5人旅in徳島編」の続編で、今回はグルメ企画「少数派ゲーム」。2品の料理のうち、どちらかを選択し、“少数派”になれば味わえるという「Jr.チャンネル」ではおなじみの対決だ。

 初っ端から「A.鳴門鯛カツバーガー」「B.阿波牛バーガー」と地元の食材を使ったご当地グルメが登場。周囲の反応をうかがいながら決断する心理戦でもあるため、猪狩蒼弥は井上瑞稀がタルタルソースを食べられるかどうか確かめ、高橋優斗は「橋本(涼)さん、魚好きだもんな」と発言。橋本が「俺(好き嫌いなく)全部食うよ」と返すと、猪狩は「このスタンスが一番わかんない」とボヤいていた。

 個人戦とあって各々が集中する中、なんと全勝したメンバーも。勝負の行方は、今動画で確かめてほしい。

 2本目は、粉浮きしないというコフレドールのファンデーション「パウダレスウェット」とのコラボ動画。同商品のコンセプトから着想を得て、用意された食材が水に沈むのか、浮くのかを予想する「浮いたらだめよゲーム」を行っていた。再生回数はともに15万台を記録している(11月4日時点)。

Lil かんさいはものまね連発

 11月1日は、関西Jr.の動画は「Lil かんさい【ジャニーズものまね】先輩…申し訳ありません!」が公開された。

 Lil かんさいは「夏の最後に思い出作ろうツアー」の第4弾で、ロケバスの車内にて「ものまねなりきりジャニーズクイズ」を実施。お題として出てくるジャニーズは関西出身のタレントが多いため、関ジャニ∞、ジャニーズWESTメンバーらになじみがあるファンならば、より一層楽しめる内容だった(再生回数は4日時点で18万台)。