• Tue. Nov 29th, 2022

日テレ『スッキリ』来年3月終了で新番組は? TBS『ラヴィット!』路線との見方も

 日本テレビは11月11日、平日朝の情報バラエティ『スッキリ』と『バゲット』を来年3月末で終了させることを正式発表した。ネット上には、2006年4月の番組開始から、すでに放送17年目を迎えていた『スッキリ』の終了を惜しむ声が散見されるほか、「日テレが“裏番組”を意識して『スッキリ』を終わらせるのではないか」と心配する声も多いようだ。

 最新のニュース、時事ネタを扱うだけでなく、トレンドの食べ物やファッション、さまざまなアーティストを紹介するなど、バラエティ色も強い『スッキリ』。国内外のアーティストがスタジオで生パフォーマンスを行ったり、近年はオーディション企画「Nizi Project」や「THE FIRST」などと連動した特集を放送。SNS上で話題になることも多かった。

「18年10月にスタートし、放送地域も限られている『バゲット』はともかく、ほぼ全国ネットで長年放送されてきた『スッキリ』に関しては、『毎朝ずっと見てきたから、終わるのは寂しい』『我が家では毎日「スッキリ」を見るのが習慣になってたのに』などと、放送終了を残念がるネットユーザーが少なくありません」(同)

 これまで『スッキリ』の出演者は何度も入れ替ってきたが、総合司会の極楽とんぼ・加藤浩次は、初回から現在に至るまで出演。加藤といえば、19年に当時所属していた吉本興業で“闇営業”騒動が勃発した際、事務所の経営陣を厳しく批判し、“加藤の乱”として業界内外の注目を集めた。その後、加藤は吉本との話し合いを経てエージェント契約に切り替えたものの、21年3月にはそれも終了し、個人事務所・82styleを立ち上げるに至った。

「『スッキリ』視聴者の多くは、加藤に好意的な印象を抱いていた印象。番組終了のニュースに対しても、『忖度ナシで、ハッキリ意見を言う加藤さんが好きだった』『正義感があって、見ているほうはハラハラすることもあったけど、やっぱり人柄の良さが感じられたよね』『加藤さんのMCには好感が持てたから、これからも見ていたかった』と惜しむ声が多数寄せられ、視聴者に愛される存在であったことがうかがい知れます」(同)

 そのほか、番組自体にも「ワイドショー的な要素とバラエティ要素のバランスが良かった」「コメンテーターも印象が良い人ばかりで楽しかった」というコメントが相次いでいる。

「ただ、日テレが『テレビを取り巻く環境やニーズの変化に対応するため』に番組を終了させると発表したことに対しては、『視聴率低迷が原因でしょ?』という指摘も。今月9日時点で、ニュースサイト『週刊女性PRIME』が『スッキリ』の“打ち切り”をスクープしていましたが、記事には、同時間帯にテレビ朝日系で放送中の『羽鳥慎一モーニングショー』に視聴率で大差をつけられているとの記載がありました」(同)

 一方でネットユーザーからは、やはり同時間帯にTBS系で放送されている『ラヴィット!』を引き合いに出し、「日テレは『スッキリ』を終わらせて、『ラヴィット!』路線の番組を始めようとしてる?」といった疑問も上がっている。

 昨年3月にスタートしたばかりの『ラヴィット!』はMCの麒麟・川島明のほか、芸人やアイドルなどが多数出演し、「内容はバラエティに“全振り”している」(同)とのこと。当初、ネット上では「うるさくて、朝にふさわしくない」などと不評だったが、次第に「ほかの番組で暗いニュースばかりやってる時、『ラヴィット!』を見るとホッとする」「朝から元気もらえる」と人気が広がり、番組の関連ワードが、Twitterの日本トレンドに入ることも珍しくなくなった。

「そのため一部ネットユーザーは、日テレが『ラヴィット!』を意識した新番組で対抗しようとしているのでは……という見方をしているんです。あくまで臆測にすぎないものの、『日テレがTBSと同じようなことをしても、ウケるとは限らない』『安易に「ラヴィット!」を真似て、視聴率稼げるのかな?』などと、早くも心配されています」(同)

 なお、『スッキリ』終了が正式に発表された11日の放送で、加藤は「17年続けさせていただいたのは感謝しかないです」とコメント。来年3月の最終回を迎えるまで、番組を温かく見守っていきたい。