• Tue. Jan 31st, 2023

“パンプス難民”必見! 「靴擦れしない」「足の指が痛くならない」雑誌編集者が絶賛した一足とは?

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 最近、ステディがダーツにハマっておりまして。休日は、ダーツができる漫画喫茶・自遊空間に遊びに行ってるんですよ。ダーツをやらない私は雑誌を読んでいるんですが、ぺらぺら~っと誌面をめくっていると、ビビッとくるページが!

 それは、靴の特集! ブーツやパンプスが特集されていたんですが、その靴が皆、白で統一されていたのです!! くあ~~~~~、いいところ突いてくるわねえ!! そう、今までもたびたび「白い靴」というワードは、私のファッションアンテナに引っかかっていたのです。

 その雑誌いわく、「白い靴は抜け感そのものである」そう。白い靴を履けば、足元が軽やかになってコーデがあか抜けるみたいです。ああ、欲しい……。ここに載っている白い靴……一足くらい買っちゃおうかしら。暇つぶしで読んでいただけだったのに、私はいつの間にか食い入るように雑誌を読んでいました。

 えーっと、私は足が大きくて横幅があるから、先がとんがった靴はNG。丸みのある靴でなんかいいものないかねえ。

 まず最初に目についたのは、「NUOVO(ヌオーヴォ)」というブランドの白いブーツ。お値段7,150円。お値段は手ごろだし、足先も丸みを帯びているので、なんとなくぴったり入るような気もします。ただね……この靴の販売元を見た瞬間、私は「うっ」と眉をひそめました。

 どうやらそのブーツは、シューズチェーンのABCマートが展開するオリジナルブランドのアイテムらしいのです。でも私、過去にABCマートの靴を買ってうまくいった試しがなく、自分の足に合うサイズがないのよ……トホホ。ブーツのサイズはXL(24.5~25cm)となっていますが、私は25.5に近い25cm。これは入らない可能性が高いと思い、ヌオーヴォのブーツは諦めることに。

 次に気になったのは、「CORSO ROMA9(コルソローマ ノーヴェ)」というブランドのショートブーツ。とってもかっこよく、2万円くらいなら即買いだったのですが、なななななんと、お値段4万5,100円。7,000円台のアイテムと4万5,000円のアイテムを同じ特集内で紹介するんじゃないわよ! デパートでよく値段を見ずにフルーツをカゴに入れたら、桁が1万円だったみたいな衝撃よ!!

 そんなわけで、一度冷静になろうと、私はほかのページを見ることに。すると今度は、ライターさんや編集部員のお気に入りアイテムを紹介するページに目が留まり、そこに掲載されていたパンプスに「おおおおお!?!?!?!?!?」と思わず反応してしまいました。

 それは、「enchanted(エンチャンテッド)」というブランドの「本革ソフトレザーVカットバブーシュ(アイボリー)」というアイテムで、お値段は1万2,980円。「靴擦れすることもなく、足の指が痛くなることもなくて、最高です。この商品がずっと販売されていることを願います」などと、絶賛コメントも書かれています。

 実は私、パンプス難民なんですよ。パンプスを履きたいのに足に合うものがなくて、今まで一度も買ったことがないんです。でも憧れはあって、雑誌でパンプスをかっこよく履いているモデルさん見るたびに「いいなあ……」と思っていたの。万年、スニーカーしか履けない女だと思っていた私でも、本当に靴擦れしないのかしら!? 

 そうして私はすぐさまネットでパンプスを購入しました。ふう……漫画喫茶に来て、うっかり靴を買うことになるとは。でも、私の足に合うパンプスって本当にないんだよなぁ……靴を試し履きしたら、またレポします!

■今回の出費
エンチャンテッド「本革ソフトレザーVカットバブーシュ(アイボリー)」1万2,980円

電子書籍『“買い物狂い”の散財日記~千葉N子のリアルな家計簿大公開~』発売中!

 2020年3月から連載中の人気コラム『“買い物狂い”の散財日記』が、ここでしか読めない書き下ろしエピソードを大量に収録して初の書籍化! 

 “買い物狂い”の千葉N子氏が、日々の散財ぶりはもちろん、フリマアプリの活用法や通販サイト利用時の注意点など、知っておけば必ず得をする買い物術から失敗話までを赤裸々に綴ります。さらに、“買い物狂い”のひと月の散財リストや1年の散財額も大公開! 物欲が刺激されること間違いなしの一冊です。

発売元:サイゾー
発売日:2022年9月1日
価格:950円(税込み)

<ご購入はこちらから!>
Amazon Kindleストア https://www.amazon.co.jp/dp/B0BCVH3VSZ