• Tue. Jan 31st, 2023

篠田麻里子、不倫疑惑を完全否定も「無理がある」「心健やかに」とコメント欄“混沌”! 音声データ流出で告訴の可能性も?

 元AKB48・篠田麻里子が、先ごろから話題となっている不倫疑惑を、自身のインスタグラムで完全否定。しかし、ネット上では疑念の声が飛び交う事態となっている。

 今年8月、「女性セブン」(小学館)に、夫・A氏が娘を連れて家を出たと報じられた篠田。その背景には、彼女の浮気疑惑があったというが、所属事務所はそれを「事実無根」と完全否定。一方、本人は無言を貫いていた。

 しかし、今月23日と26日配信のニュースサイト「文春オンライン」および27日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、篠田の夫がつかんだという“不倫の証拠”を詳報。両記事は、篠田が月経周期管理アプリ「ルナルナ」で、不倫相手と“密会”した日の記録をつけていたと伝えており、また「文春」は、篠田と離婚調停を行っている夫が、不倫相手の有名実業家・X氏を提訴し、“2人のLINEのやりとり”などを地方裁判所に提出したことも報じていた。

「さらに、Twitter上では24日頃から、“篠田のLINEのスクリーンショット”とみられる画像や、夫が篠田に不倫疑惑を追及していると思われる音声データが流出。近年の篠田はママタレとしての活動がメインで、2021年5月には日本マザーズ協会が主催する『第13回ベストマザー賞2021』芸能部門を受賞、翌月からは同協会の『子育て応援・ママ応援大使』に就任していたこともあり、一連の報道や流出でタレントとしてのイメージが大暴落。現在、ネット上で猛バッシングを浴びています」(芸能ライター)

 その後、篠田は28日にインスタグラムを更新。これまで不倫疑惑に触れなかった理由を「まだ幼い娘の将来や、夫との今後の関係などを踏まえると、不用意に発言をするべきではないと考えていました」と説明した上で、「ひとつだけはっきりとお伝えします。私が不倫したという事実はありません。今後、私が法廷に立つことになっても、そう主張していきます」と不貞を完全否定。身の潔白を表現しているのか、同時に“真っ白な画像”も投稿した。

「コメント欄には、『音声まで出回っているし、完全否定は無理がある』との指摘が相次ぐ一方、『どうか心が健やかでありますように』と篠田のメンタル面を心配するコメントや、『みんなで袋叩きにする必要はない』と篠田を擁護する書き込みも寄せられていて、混沌としています」(同)

 また、現在、Twitterから流出した篠田と夫のやりとりと思われる音声データが、YouTubeやTikTokなどでも拡散されている状況だが、夫婦のプライベートな会話を公にする行為に疑問の声もある。

「28日付のニュースサイト『弁護士ドットコムニュース』も、今回の音声データは『目的の公益性』がまったくないとし、『夫婦喧嘩の音声を公にする行為は「プライバシー権侵害や名誉毀損行為に該当し得る」』と伝えています。今後、篠田が流出元などに対し、名誉棄損で告訴する可能性も十分ありそうです」(同)

 不倫疑惑を否定するだけでなく、「私が法廷に立つことになっても、そう主張していきます」とまで断言するなど、並々ならぬ決意を示す篠田。すでに泥沼化している離婚訴訟だが、どのような決着を迎えるのか、見守りたい。